仕事の悩み

出社したくない!コロナのテレワーク終了で震える社畜を救いたい

テレワークのおかげで月曜の憂鬱さが和らいだのに…
もう昔みたいな働き方できねーよ
今後もテレワーク体制が取れる会社が羨ましい

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

コロナウイルスにより緊急事態宣言が解除される模様で、

外出規制も解除され、飲食店など徐々に再開されていき、

これで元の生活に近づけそうですが…

みんなが本当に元の生活に戻りたいと思っているでしょうか?

以前は当たり前だった満員電車での通勤や職場の会議…

周りが残業しているので帰りたくても帰れない雰囲気…

テレワーク期間中はこれらから解放されてストレスフリーだったという人も大勢いたでしょう。

僕の友人は

「日曜日の夕方にサザエさんみてもそんな嫌な気持ちにならないなんて初めてだ!」

「テレワーク最高!一生続けば良いのに!」

と言っていました。

しかし、永遠に続くものなど有りません。

緊急事態宣言中はテレワークに移行していた会社も、

少しずつ通常の出社体制に戻っていくでしょう。

そう、元のストレスだらけの仕事に戻るのです。

まるで夏休み終わる直前のような喪失感を抱いている会社員は多いでしょう。

僕の友人に至っては、

「また満員電車に乗るのかと思うと気が狂いそうになる」

と言っていました。

今回は、

テレワーク・時短勤務に慣れ過ぎて、

元の会社生活を送りたくないと切に願う社畜を救う方法

を語る!

この記事を読むメリット

・クソみたいな飲み会に参加しなくて良い

・なんかダルいなというレベルで仕事を休める

・普通に「明日有給使いまーす」と言える

出社したくない!コロナのテレワーク終了で震える社畜を救いたい

経済が死にそうだから緊急事態宣言の解除を行い、

飲食店やレジャー施設などを再開させるってのはわかる。

スゲーよくわかる。

しかし、テレワーク・時短勤務も解除?テメーはダメだ!

もうサラリーマン人生でこんなに在宅勤務できる時期は二度と来ない

と気が狂いそうな会社員の方も多いでしょう。

しかし!絶望するにはまだ早い

ここでは

元の会社生活に逆戻りしない方法を語る!

① 飲み会は断れるキャラになるのは今しかないぞ!

緊急事態宣言が解除され飲食店も徐々に再開しつつあります。

これはこれで喜ばしいことなのですが、

コロナウイルスによる外出自粛で、

以前のような嫌な飲み会が無くなって良かったと思う人もいるでしょう。

しかし、

元の会社生活に戻るという事は飲み会も再開されるという事です。

むしろ、管理職なんて自粛明けの飲み会のことしか考えていないでしょう。

ただでさえ嫌な飲み会で不満が一杯なのに

さらに、感染するリスクを抱えてまで行く意味が全くない

今までは渋々飲み会に参加していた人でも

今なら断るハードルがめちゃ低い

以前の場合、断ろうとすると協調性のないやつだって裏で言われそうだから

上司からしてもコロナが完全に収束したわけではないので、強制力は弱い。

この自粛明けのどさくさに紛れて嫌な飲み会を断るという実績を作り、

これを繰り返していくと飲み会を断れるキャラになれます。

そうなると、

コロナが完全に収束した後でも普通に断れるようになる。

むしろ、誘われもしないというスーパーマリオのスター状態になれます。

断る言い訳が思いつかない人はこちら↓

【まだ間に合う】出席すると言ってしまった会社の嫌な飲み会の断り方突然ですが皆さん!飲み会 好きですか!? 私は好きです。友達と下らないこと話したり、サッカーの試合をスポーツバーで一緒に見に行った...

② 体調悪いと言って有給使いまくれ

これまでは、

風邪で休むとかだらしないって風潮が強く

有給もまともに使えない

体調が悪くてもインフルエンザでもない限り休むことは難しかったですが、

今は、「体調悪いんで~」「熱っぽいんで~」と言えば高確率で休めます。

むしろ来るなって言われます。

しかも、

行政の方針で、医療機関がパンクするからなるべく病院には行かず自宅療養をして下さいってんだから、

わざわざ病院に行く必要もない

なので、有給をまともに使えない職場であるなら、

このコロナ騒動を機に

体調悪いと言って有給使いまくれ

そうするとやがて体調不良とか言わずに

普通に「明日有給使いまーす」と言えるでしょう

仕事を休む言い訳が欲しい人へ↓

仕事に疲れた人必見!仕事を休みたい時に休む秘訣とは?お疲れ様です。 もういつの間にか11月ですね。 毎年11月にインフルエンザの予防接種を受けているALLOUTですが、 ...

会社にとってコロナが最後の変わるチャンスだった…

ここまでで、

毎朝上司の顔を見て憂鬱な気分にならなくて済む。

こんな状況、サラリーマン人生でもう2度と味わえないなんて嫌だ!

という人へ向けて負担を減らす方法をご紹介してきましたが、

とはいえ出来ることは限られています。

というのも、

今回のコロナで、変われなかった会社に未来は無いからです。

そもそも、テレワークや時短勤務で会社にもメリットがあります。

生産性も上がるし、交通費も支給しなくて良い、

照明やPCの電気代、空調代も浮くし、

そもそもオフィスも都心に構えなくて良い、最低限のスペースで良いといった理由から

今後もテレワーク体制が取る会社もあります。

そもそも、

今後またこういう事態が起きることを想定して、

テレワーク・時短勤務の体制で生産性上げるのを模索するってのが経営者に課された課題なんですよ。

それなのに、

緊急事態宣言が解除された途端、

せっかくお金を掛けてリモートワークをする環境整えたのに、

そのお金をドブに捨てて、

今まで通りに満員電車で通勤させて、オフィス内を三蜜にさせるなんて

まともな経営判断ではありません。

それに、コロナウイルスの第二波が来た場合、

またお金を掛けてテレワーク体制に戻す羽目になるのですから、

学習能力がないとしか言いようがありません。

じゃあなんでこんなことをするのかというと

会社の決裁権限持っているおっさん世代が出社大好きだからです。

自粛期間中で在宅勤務になっている最中でも

おっさん連中は家庭で邪魔者扱いされて居心地が悪いのか、

「ハンコを押さないといけないから」とか何かと理由つけて出社してます。

「やっぱ会社に来るといいねぇ」と出社している自分が頑張っている気になれるからです。

そんなおっさん連中が、

まるで遠足の前日に眠れなくなる子供のように、出社する日々を楽しみにしているからこそ

在宅勤務が秒で解除されるのです。

僕はリーマンショックも経験しましたが、全世界でこれだけの危機は未だかつてありません。

もしこれ以上の危機が訪れるとすれば、核戦争くらいです。

それくらいヤバイのに、

コロナでも変われない会社は未来永劫変わることは出来ません。

変わることが出来ない会社は滅んでいくだけです。

リモートワークが無くなる社畜にとって緊急事態宣言の解除は死の宣告のように聞こえますが、

悪いことばかりではありません。

僕はこのブログで転職とかキャリアについて発信しているのですが、

緊急事態宣言が解除されると発表があった辺りから

転職サービス会社から、

総合転職強化に力を入れていきたいので、このサイト内での掲載強化の依頼が結構来ています。

4~5月中頃までは、こういう依頼なんてもちろんなく、

この転職サービスは新規受け入れを一旦停止します。廃止します。

って連絡がかなり来ていていました。

つまり、

コロナで冷え込んでいた転職市場が回復してきつつある

ってことです。

求人が無いのに登録者を増やしても意味ないですからね。

もう以前のような社畜生活に戻りたくない

テレワークで伸び伸び働きたいという人は

今後もテレワーク体制が取れるまともな会社に転職しましょう!

むしろコロナの今だからこそ会社を辞めるべき合理的な理由↓

コロナの影響で転職できるか不安…むしろ今こそ嫌な仕事は辞める時だ! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...
コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です