悩める営業マンへ

営業から人事総務職に転職できるのか!?【夢物語で終わらせるな】

総務って仕事が楽そうだ
営業より人事職の方がキャリアにつぶしが効くのでは
とにかく営業以外の職種に転職したい

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

ノルマのプレッシャーや残業続きの日々…

営業以外の仕事に転職したい!と考えた時に、

人事や総務の職種を候補に挙げる人は多いでしょう!

僕もそのうちの一人でした。

しかし、

人事総務職求人は応募条件が実務経験者ばかり…

だからこそ

未経験で人事総務の仕事に就くのは至難の業

と諦めてしまう人も多いはず

そんな諦めてしまいそうな人たちのために、

現役のキャリアコンサルタントの僕が

・営業から人事総務職に転職できるのか

・人事総務職の転職に有利になる資格、適正

について語る!

この記事を読むメリット

・人事総務職への転職が簡単になる

・無駄に資格を取らずに済む

・今までやってきた営業経験は無駄ではなくなる

人事総務職はどう考えても営業より簡単

営業以外の仕事に転職したい!と考えた時に、

人事や総務の職種を候補に挙げる人は多いでしょう!

しかし、

今まで営業しかしてこなかったから…

実務経験がないから…

と引け目に感じてしまう人も少なくないハズ

しかし!

批判覚悟で言いますが、

人事総務職はどう考えても営業より簡単

人事総務ってどんな仕事すんの?

人事総務で働きたいっていう人は多いでしょうが、

具体的にどういう仕事をするのかスラスラ言える人は少ないので、

人事総務の主な仕事をご紹介します。

・採用

・給与計算

・労務管理

・社内イベントの企画

・オフィスや備品の管理

・株主総会の運営

…etc

 

こんな感じで、挙げていくとキリがないくらい多岐にわたります。

東証一部上場企業とか大きい企業になればなるほど、

仕事が細分化され、分業制になっていますが、

基本的に、

会社経営に関わることや雑用までこなす何でも屋

と考えて良いでしょう。

人事総務に特別なスキルは要らない

会社経営に関わることや雑用まで、仕事内容は多岐にわたり、

人事総務の仕事は経験者じゃないと務まらない

と一瞬、思ってしまいそうですが…

僕は人事総務職ではないですが大学の事務職員として

・社内イベントの企画

・オフィスや備品の管理

・来客対応

など似たような仕事をしていますが、転職した当初感じたことは、

営業の仕事に比べたらマジで簡単…

というか

誰がやっても大して変わらない

あまりにもカルチャーショックを受けたので

営業から未経験で人事総務の仕事をしている友人に聞いてみた所

実務経験とか別に要らない

と僕の考えと同じ答えが返ってきました。

よく

人事総務の仕事は、

社内の色んな部署とかかわり、社外の人ともやり取りをして、

色々な立場の人間を繋ぐ仕事です。

そんな部署で働くからには、

調整能力とコミュニケーション能力が必要です。

 

と言われますが、

そんなの特別な能力じゃないし、

営業していたらそんな能力は身に付いています。

そもそも、

調整能力とコミュニケーション能力が必要じゃない仕事って逆に何?

って感じです。

対人折衝ならまだしも、

事務処理なんて、会社ごとに決まりがあったり、マニュアル化されてるので、

ちゃんとやれば

バックオフィスの仕事は3ヶ月もあれば誰でも出来るようになりますよ。

だから、

実務経験者に引け目を感じる必要など、どこにもない

営業職から人事総務職への転職で有利?な資格

とはいえ

未経験で、どれだけやる気がありますと言っても説得力に欠けるし、

実務経験者か知識ZEROの未経験者かと言われれば経験者でしょう。

僕が面接官でもそうします。(笑)

教える手間が省けるので、

経験者との差を補う必要があるのですが、代表的なのが資格ですね。

ここでは

一般的に人事総務職に転職する際に有利(?)な資格

について解説していきます。

①社会保険労務士 おすすめ度:★☆☆☆

社会保険労務士は、

人事総務の資格の中でも王道中の王道

しかし、

ぶっちゃけ、オススメはしません。

社会保険労務士とは。簡単に説明すると

企業における「労務・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲で行います。

業務独占資格でもあるので、独立したい人やキャリアアップしたい人に人気ですが、

正直お勧めしません。

なぜならば、

勉強時間:1000時間~

合格率 :6~7%

難易度が高く1年に一回しか試験が無いので、取得までに平気で3年以上かかります。

ぶっちゃけ人事総務に転職する方が簡単です。

独立開業したいならともかく、

転職をしたいって場合、社労士はコスパが悪いです。

②中小企業診断士 おすすめ度:★☆☆☆

 社会保険労務士程ではないですが、中小企業診断士も有名です。

簡単に言うなら、

中小企業診断士とは経営コンサルタントの国家資格です。

社会保険労務士と違うのは、独占業務が存在しない名称独占資格という点です。

主に、経営コンサルタントとして独立開業のした人が使う資格で、

勉強時間:1200時間~

合格率 :3~6%

と、社労士以上難易度が高くコスパが悪いです。

合格するより、人事総務に転職する方が簡単です。

③TOEIC750点以上 おすすめ度:★★☆☆

 TOEICは説明不要ですね。

転職サイトで求人を見ると

人事総務職で、

応募条件TOEIC750点以上とかよく見かけます。

TOEIC750点以上ってどれくらいのレベルかというと

勉強時間:1000時間~

なかなか難しい…

しかし、

TOEICの場合、他の資格みたいに合格不合格ではなく点数での表記になる為、

750点に届かなくても、700点とかだったらアピールが出来ます。

つまり、

勉強した分が無駄にならない点が良い所なので、

おすすめ度:★★☆☆です。

※ちなみに、TOEICの有効期限は2年しかないと言われていますが、

これは誤解で、公式認定証の再発行が2年以内なら可能ってだけで、スコアの有効期限ではありません。

④国家資格 キャリアコンサルタント おすすめ度:★★★☆

現役のキャリアコンサルタントの僕ですが、

改めて説明すると

キャリアコンサルタントとは、

2016年より国家資格となった資格で、キャリア悩んでいる人に対し、1人1人の悩み・課題にそったアドバイスを行う資格です。

ハローワークの就職相談員だけではなく、

現役の人事・採用担当者の受験も非常に多いです。

 

国家資格と銘打っているものの

勉強時間:150~200時間

合格率:50~60%

と社会保険労務士とかと比べてぬる過ぎる…

(どんどん難易度は上がっていってるらしいですが…)

ちなみに、

僕自身がキャリアコンサルタントを取得し、試験官の仕事をしたことがきっかけとなり、

人事総務職ではありませんが、大学の就職支援の仕事に転職出来て、

営業職からの脱出を実現しました。

未経験の転職は20代まで?営業経験しかない30代が大学職員になれた話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

しかし、

・まだ世間的にマイナーな資格なので評価されにくい

・受験資格を得るための講座に30万円要る(補助を使えば50%~70%OFF)

・業務独占資格ではなく名称独占資格

といった理由で、

おすすめ度:★★★☆

としています。

※名称独占資格ですが、

最近では、大学の就職支援の求人での応募条件に

「キャリアコンサルタント保有者」

となるなど、徐々にニーズは高まってきています。

⑤簿記2級 おすすめ度:★★★★

簿記と聞くと財務や経理のイメージがありますが、

人事総務の仕事でも

労働者派遣や職業紹介事業の手続きなどで、

貸借対照表を見たりするので、簿記の知識が役に立ちます。

ちなみに僕は、大学生の時に暇だったので、簿記2級を取得しました。

 

ある人事総務職の求人に転職エージェント経由で応募していた時、

取得したのは10年近く前なのにもかかわらず、

簿記2級を持っていることが評価されて書類選考を通過したことがあります。

(転職エージェントがそう教えてくれました。)

 

簿記2級の難易度でいうと

勉強時間:200時間

合格率:20%

で、合格率が低いと感じるかもしれませんが、

これは大学生とか高校生とか取り敢えず受けてみようという人が多いからで、

ちゃんと勉強すれば3ヶ月で受かります。

それなのに

簿記2級を持っているとある程度評価してもらえる

簿記2級のコスパの良さはヤバい

もちろん、

総務と経理業務を兼ねている会社もありますので、取得しておいて損は無いですね。

一定の評価文句なしで、

おすすめ度:★★★★

です。

ちなみに僕は↓の参考書1冊しか使っていませんでした。

資格より年齢の方が大事

資格はあるに越したことは無いですが、

転職するために膨大な時間を掛けて資格を取るのは愚の骨頂です。

というより、

資格を取ったら転職できるなんて考えない方が良い

僕は30代でつらい営業の仕事から大学の事務職に転職しましたが、

転職活動をしていた当初は、採用を行う人事や総務職を中心に応募していました。

そもそも求人数が少ないってのもあったのですが…

書類通過率は21.4% (書類提出企業 28社中)

そのうち内定は…ゼロ!

まぁ、それでも第一志望の会社最終面接には、何とか進めたのですが…

第一志望の会社から耳を疑うようなことを言われました。

資格あるなし関係なく、20代だったら採用していた…

つまり、

年齢がネックで不採用になった

お金と時間を掛けてキャリアコンサルタントを取得した努力は一体何だったのか?

今までやってきた努力は貴重な20代という切符を失うだけで、

取り返しがつかないことをしてしまったような気分になって、気絶しそうになりました。

資格より年齢(若さ)の方が価値がある

という現実を突き付けられたのです。

転職に年齢は関係ない?30代で転職した俺が現実を教えてやる! ・もう30超えちゃったけど、この年齢でも転職できるかな… ・人生自分次第!年齢なんて気にしなくて大丈夫!…だよね? ...

未経験から人事総務を目指すなら正社員にこだわるな

ちなみに、営業から未経験の人事総務職を目指すのであれば、

現在よりも条件が悪くなることは覚悟しておこう。

人事総務自体が特殊なスキルが求められる職種でなく、

給料を高くしなくても人が集まるので、それほど高条件での求人はない。

特に未経験可となるとなおさら。

特に、

いきなり未経験からの人事総務職の正社員は無理ゲー

です。

なぜなら、

ライバルは間違いなく実務経験者です。

給料や待遇が良い正社員の場合、応募が殺到します。

未経験者は、書類ではねられます。

実際、僕は未経験で上場企業の人事に応募したら2時間で不採用の連絡が来ました。(早すぎww

この早さは間違いなくシステムで弾かれるようになっているからでしょう!

ですので、

・年収

・勤務地

・業界

・企業規模

・雇用形態(正社員かどうか

 

など

応募する求人のハードルを下げる必要があります。

もしかしたら、

「妥協するなんて嫌だ!」

「上場企業の正社員になれるかもしれないだろ!」

っていう意見もあるかもしれませんが、

「良い求人無いかな~」

と、延々と探し続けるのは、

正直に言うと時間の無駄です。

それよりも、

条件のハードルを下げて、さっさと実務経験を積んで転職する方が

結果的に近道です。

しかも、

正社員にこだわらなければ、人気の人事総務職であっても、

地方にも求人があります。

実家から通勤すれば、家賃は掛かりませんので、

正社員よりも金が貯まるというメリットがあります。

ちなみに僕は年収200万ダウンで契約社員になりました↓

【計画通り】転職で年収200万円ダウンさせたけど全く後悔してない ・転職して年収を下げるのは嫌だ ・給料が安い会社を辞めたい! ・転職失敗して、前の会社より酷い所に行きたくない ...

人事総務は求人が少なすぎる!転職エージェントを使え

転職エージェントは賛否両論があるサービスです。

上から目線でうざい…アンチな俺がそれでも転職エージェントを使う理由最近では、転職活動をする時には、必ず転職サイトを使うと思います。 リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職などいろいろありますよね...

ただ、

営業から未経験で人気の人事総務職に転職したいなら

迷わず転職エージェントを使うべきだ

というのが僕の持論です。

その理由について解説いたします。

①書類選考が通りやすくなる

人事総務職はそもそも求人数が少ないですし、応募しても中々面接までたどり着きません。

しかし、

転職エージェントがプッシュしてくれると、書類選考が通過しやすくなります。

そもそも、人気の人事総務職がなぜ転職エージェントで募集しているかというと

応募者が殺到しても困るので、企業は転職エージェントを使って応募者を絞りたいから

ちなみに

書類通過率は21.4% (書類提出企業 28社中)

でしたが、

書類選考を通過した求人の8割以上は、

転職エージェント経由で応募した求人です。

②男性お断りな求人が多い

実は人事総務は女性が採用されることが多く、特に総務の求人は男性の採用が少ないのです。

時間かけて志望動機を考えて履歴書を書いたのに、男性だからという理由で不採用なんてこともあり得ます。

だったら最初から「男性お断り」って言ってくれたら時間を無駄にせずに済んだのにと

言いたいですが、

法律で、

求人に「女性のみ募集とか」「男性お断り」とか書いてはいけないんです。

しかし、

転職エージェント経由の応募の場合、

求人票に書いていない情報(男性でもOKか)もエージェントが把握しているので、無駄な応募をしなくて済みます。

③不採用理由を教えてくれる

不採用になる前提っていうのが釈然としないかもしれませんが、

未経験の人事総務職に応募する場合、

まぁ落ちることの方が多いです。

しかも、

不合格の時のお祈りメールって

この度は、ご応募頂きましてありがとうございました。

社内で厳正に選考させて頂きました結果、

今回は、誠に残念ながら貴殿のご希望に添いかねる形となりました。

尚、選考結果に関するお問合せにはお答え致しかねますので 、

何卒ご了承くださいますようお願い致します。

 

こんなテンプレ感満載のメールで

「質問にはお答えできかねます」…って

これでどう次に活かせと?

不採用と言われてしまうと、どうしても

「俺の面接の仕方を根本から見直さないといけないのか…」

と思いつつ、どこをどう改善して良いのか分からないので、

転職ノウハウ本とかのテンプレに頼ってしまい、

自分の本来のアピールポイントを見失ったり、

「私には価値がないのか…」

とふさぎ込んでしまい、

転職活動を続ける気力が無くなってしまいそうになる。

しかし、

転職エージェントを使って応募した場合、

態度、考え方、発言、内容、今までの経験など

不採用の理由は何なのか?

企業から転職エージェント経由で面接のフィードバックが得られる

ので、今後の転職活動に活かすことが出来ます。

実際に理由を詳しく聞いてみると

・退職理由の所が曖昧だった

・同じ業界の経験者がいた

・社長の鶴の一声で、人事が採用活動を渋々止めなければいけなくなった

・コミュニケーション能力、業務達成能力は高く評価したが、社畜感が足りない

 

当然、改善すべきところは今後の転職活動に活かしていきますが、

自分ではどうしようもない場合も多いし、

中には笑っちゃうような理由も結構あります。

それで今後に活かせるのか?と思われるかもしれんが、

自分ではどうしようもない不可抗力ということが分かっただけでも、

俺のやり方は間違っていなかった

自信を失うことなく、今後の転職活動に臨める

という計り知れないメリットがあります。

実際の面接を重ねって磨いていった

自分で転職サイトの求人でも選考が進みやすくなります。

④僕が唯一使っていた転職エージェント

僕がその時、使っていた転職エージェントでお勧めなのが

転職サイトはdoda

人事総務の求人はとにかく少ないので、

業界大手の転職エージェントである

DODAを利用することによって

求人数を担保する、選択肢の幅を広げる

という理由もあります。

※もちろん、業界最大手のリクルートを勧めないのはちゃんとした理由があります↓

リクルートエージェントはうざい!冷たい!使わなくても転職できる! 「どの転職エージョンが良いのかな?」 と考えた時、 「業界最大手だからリクルートエージェントが安心かも」 ...

僕は、

・30歳

・営業経験しかないのに人事総務への転職を希望

・ブランク4ヶ月

という状況で、転職エージェントに登録しました。

しかし、なかなか決まらず

気がつけば、ブランク期間が1年…

になったのにもかかわらず、

DODAは変わらずにサポートし続けてくれた転職エージェントでした。

⑤dodaが転職者を見捨てない理由

結果的には、

転職サイトから応募した大学で就職支援の仕事をすることになったのですが、

僕はdodaの転職エージェントに、

商品価値が低いはずなのに、転職支援サービスを打ち切らなかった理由は何?

と質問しました。

dodaの転職エージェントが言うには、

定期的に応募したり、連絡をくれたりする人

つまり、

転職する意思がある人に対しては、サポートを続ける

という会社としての方針があります。

だから、特にサポートの期限を設けていませんし、

1年以上サポートすることなんて結構あるんですよ!

逆に、3ヶ月で決まる人の方が少ないですね!

 

未経験で人事総務に転職するってのは難易度も高いので、時間が掛かります。

なのでこうした長期的な支援があると、自分のペースで安心して転職活動に望めます。

転職サイトはdoda

dodaへの登録はこちら>>>

 

営業から人事総務職への転職は難しい…けど挑戦する価値は大いにあり

新卒で営業の仕事に配属されてしまった人は、実務経験がないから、

総務や人事に転職は出来ないのか?

だとしたら、

新卒の配属で、一生のキャリアが決められるなんて不公平じゃないか!

と悔やんだこともありました。

最終的に、僕は転職サイトから応募した大学で就職支援という形で、

営業からの脱出を実現したわけですが、

それも、営業から人事総務職への転職に挑戦したからだと自負しています。

だから、

営業から人事総務職への転職は難しい…

けど挑戦する価値は大いにあり

俺は、こんな人にDODAを勧めるッ!

・自分のペースで転職活動をしたい人

・営業の仕事のせいで自由時間が無さすぎる人

・ノルマの無い仕事に挑戦したい人

 

転職サイトはdoda

dodaへの登録はこちら>>>

 

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です