ALLOUTの日常

全ブロガーに捧ぐ…ブログのPV数を鬼滅の刃キャラで置き換えたら

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

最近のブームになっている鬼滅の刃

僕もAmazonPrimeで試しに鬼滅の刃を見て、気付いたらコミックを全巻買っていたのですが…

僕はこういう戦う漫画を読んだ後、寝る時に、

「この世界に行ったら、どうやって生き残ろう?」

「頑張ってどのくらいまでいけるのか?」

ってよく妄想をするのですが、プランを具体的に考えすぎて眠れなくなることがあるくらいですw

とはいえファンタジーの世界に行くことは出来ないので、

いっそのこと現実を置き換えてみたらどうだ?と思いました。

僕はブログを運営している、いわゆる「ブロガー」ですが、

ブロガーにとってはブログのPV数(閲覧ページ数)は、YouTubeの再生回数くらい大事な指標であり、

月間のPV数を鬼滅の刃に出てくるキャラに置き換えて番付のようなものを作ってみました。

もちろんガチ考察ではないので、あくまでネタでとして楽しんでほしい!

ブログを運営している人は「自分のブログは鬼滅の刃で言うとこれくらいか!」

ブロガーでない人は、「ブロガーのランクってこんな感じなんだ!」

と思ってもらえれば楽しめるはずです。

目指せ十二鬼月!ブログのPV数を鬼滅の刃キャラで格付けしてみた

はじめに断っておきますが、

You Tubeでも再生回数ランキング=収入のランキングではないように、

ブログもPV数だけで上下が決まるものではありません。

しかし、

稼いでいるブログで、PV数がショボいなんてことはありません。

0〜1万PV/月→鬼殺隊、最終選別受験レベル

鬼殺隊に入隊するためには、育手のもとで修行をして、

最終選別に合格しないといけません。

しかし、この最終選別は中々過酷で

鬼が棲む山の中で7日間生き残るだけでいいという条件ですが、

相手は鬼なので普通に死ねます。

炭治郎の代では、

20人以上の受験者がいて合格者はたったの5人だけでしたが、

それでも「今年は豊作だ」というレベルなので、最終選別の過酷さを物語っています。

実際ブログでも、始めのうちは中々結果が出ず、1万PVまでいかないうちに脱落してしまう人が9割以上です。

しかし、この厳しい期間を耐えきれるかどうかで次のステージにいけるわけです。

1万〜3万PV/月→血鬼術を使える鬼レベル

最終選別を突破し鬼殺隊員になれば、普通の鬼くらいは難なく倒せます。

しかし、

鬼の中には血鬼術という魔法みたいな能力を使う強い鬼もいます。

具体例を挙げれば、

・三人に分裂する沼の鬼(ぬまのおに)

・まりをぶん投げてくる朱紗丸(すさまる)

・潔癖症の矢琶羽(やはば)

・那田蜘蛛山のファミリー

など、並の鬼殺隊員であればやられてしまいます。

しかしながら、

血鬼術を使えたとしてもドヤ顔できるわけでは有りません。

同じ鬼である珠代さんから「弱すぎます」と称されるくらいですから、上には上がたくさんいます。

むしろ、

このステージに来てからがようやく鬼…じゃなくてブロガーとしてスタートラインに立ったと言えるでしょう。

3万〜5万PV/月→サイコロステーキ先輩レベル

彼は、名もなき鬼殺隊員

那田蜘蛛山での戦いにて十二鬼月の下弦の陸(6)累(るい)を見て、

と、さんざんイキり倒した挙げ句、

十二鬼月下弦の伍(5) 累(るい)の血鬼術により、まるでサイコロステーキのようにバラバラになってしまったことから、

サイコロステーキ先輩との愛称で親しまれています。

一見すると雑魚じゃんと思いますが、

那田蜘蛛山での戦いでは、下弦の伍 累(るい)が率いる鬼たちの血鬼術によって、

鬼殺隊が壊滅状態になり、村田さんを始めザコ隊員一同は炭治郎や柱達がこなければ間違いなく殺されていました。

そんな中でも、サイコロステーキ先輩は炭治郎たちに助けられるわけもなく自力で危機的状況を生き延びていたので、そこそこの鬼なら倒せるくらいの実力はあります。

ブログでも3万〜5万PV/月レベルぐらいだと、数万円は稼げるようになります。

しかし、

お金を稼ぎ出して調子に乗りがちなのもこの時期で、

会社の同僚に「俺副業して稼いでるから」と自慢したりすれば、またたく間に副業がバレてしまい、会社に居づらくなり、副業を辞めるか会社を辞めるかというドツボにハマります。

まさに、「勝って兜の緒を締めよ」です。

5万〜10万PV/月→元下弦の陸(6)響凱(きょうがい)レベル

鬼滅の刃】響凱(きょうがい)の過去とは?声優や名セリフを紹介! | コミックキャラバン

元十二鬼月 下弦の陸(6)響凱(きょうがい)

体にある無数の鼓を使って空間を操ったり、斬撃を飛ばしたりと相手を寄せ付けない血鬼術を使い、炭治郎を苦しめます。

元々十二鬼月の無惨様から伸びしろがないと判断され、十二鬼月から戦力外通告されて過去があり、

結局、全集中・常中すら会得していない炭治郎にやられてしまいます。

とは言っても、

元十二鬼月ですから、響凱(きょうがい)以上の強さを持つ鬼は鬼界全体を見ると非常にで少ないです。

ブロガーも同様で、5万〜10万PVあるブロガーも限られてきます。

しかし、

とんでもないルーキーが現れてあっさり先を越されたり、伸び悩んでオワコン化して消えてしまう人も少なくありません。

たとえ伸び悩んでも腐らずに頑張っていきたいものです。

10万〜15万PV/月→十二鬼月 下弦の鬼レベル

10万PVを超えたら晴れて一人前なブロガーと名乗れることでしょう。

感覚値で言えば、YouTubeチャンネル登録数10万人突破くらいの感じでしょうか、

少なくとも、

十二鬼月 下弦の鬼レベルはあるでしょう。

念願の十二鬼月の仲間入りです!

下弦の鬼とは言え、並の鬼殺隊員であれば触れることすら出来ないでしょう。

那田蜘蛛山での戦いでは、下弦の伍(5)累(るい)は、炭治郎の渾身の一撃すら退け、絶望感を与えていました。

とはいっても

応援に来た柱にワンパンで倒されます。

この結果を受け、鬼舞辻無惨は急遽下弦の鬼を全員呼び出します。

そして、あの有名なパワハラ会議が行われます。

柱と戦う実力はなくても、普通の鬼殺隊員なら完封できるから…

と当の十二鬼月たちは思うわけでありますが、

無惨は彼らの言い分など聞くはずもなく、下弦の鬼たちを皆殺しにします。

たしかに、10万PVを超えたら立派なブロガーです。

会社を辞めても贅沢しなけれな生きていけるくらいの稼ぎはあるでしょう。

しかしながら、そんな現状に甘んじてしまえば次第にやる気も失せていくし、飽きられてしまう…

逆に専業でブロガーで生活できるのであれば会社員以上に時間を使えるわけで、

さらなる高みを目指せることができると言えます。

まさに、

10万PVを超えたからと言って終わりではなく、そこからが始まりです。

15万PV〜20万PV/月→下弦の壱 魘夢(えんむ)レベル(無限列車編)

パワハラ会議で下弦の鬼たちが粛清されていく中、

下弦の壱 魘夢(えんむ)は、無惨に殺されるなら本望だと伝えた所、

無惨に気に入られ死を免れるだけでなく、無惨の血を分けられパワーアップしました。

そして。

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編のボスという大役を任されました。

とはいえ所詮は下弦の鬼で、

炭治郎、禰豆子(ねづこ)、善逸(ぜんいつ)、伊之助そして炎柱・煉獄杏寿郎 (れんごくきょうじゅろう)

の5人を相手にして勝てる実力はありません。

血でドーピングしただけでは、上弦の鬼には及ばないと魘夢(えんむ)本人も認めています。

下弦の壱 魘夢(えんむ)は、そんなに強い印象はありませんでしたが(だって猗窩座…

劇場版は映画史に残る大ヒットとなり、正直映画化で一番得したキャラだと思います。

さすがにこれほどとは言わなくても、

15万PV〜20万PV/月のブログを運営していると良い案件が来たりと、良い思いをすることもあるので、コツコツ努力です。

20万〜50万PV/月→炭治郎、善逸、伊之助、カナヲ、玄弥レベル

炭治郎ら同期5人は鬼殺隊に入隊したばかりのルーキーでしたが、

五感に優れているという特殊能力のおかげで、

村田さんとか他の隊員と比べて、実力が桁違いで柱の右腕をこなせるほどです。

まさにキセキの世代です。

月間PV20~30万の領域に行くブログには

・転職

・ブログのノウハウ

・釣り

・PCなどガジェット

・プログラミング

 

などに各分野で特化しており、必ずと言っていいほど専門性があります。

また、ブログを続けているのに伸び悩むという人は、

この専門性やテーマがいまいち定まっていないという場合が多いです。

50万PV〜70万PV/月→柱レベル(痣なし)

50万PV〜70万PVのブログになるとSNSで記事がシェアされたり、

ブログ名や著者名で検索されるなど、ブログのファンもたくさんついてます。

まさに鬼殺隊のリーダー、柱の称号にふさわしいです。

しかしながら、

クソリプを送ってくきたり、

有名になったブロガーを叩くことによってフォロワーを増やそうとするアンチなども湧き出します。

中には誹謗中傷に耐えかねてブログを辞めてしまうなんて人もいるでしょう。

ちなみに水柱、冨岡義勇は柱たちの中でも浮いた存在ですが、

それでも、

「俺は嫌われていない!」と言い切るメンタルがあります。

柱たるもの、このくらいのメンタルは持ち合わせていないといけません。

70万〜90万PV/月→上弦 肆・伍・陸(4・5・6)レベル

上弦の鬼は6体いますが、上弦の鬼はその強さから100年もの間、顔ぶれが変わっていないし、

上弦の肆(4)半天狗(はんてんぐ)

上弦の伍(5)玉壺(ぎょっこ)

上弦の陸(6)堕姫(だき)&妓夫太郎(ぎゅうたろう)

 

この下位クラスであっても、

鬼殺隊の最強戦力の柱ですら一人では倒すことはできません。

一番下の上弦の陸(6)だけで、先代の柱を累計10人以上も殺しているので、それだけ上弦の鬼は別格なんですね。

70万〜90万PV/月のブログも同様で、

確実に有名ブログですし、他のブロガーから羨望の眼差しを向けられることは間違いないでしょう。

ここまでくればブロガーとしては成功してると言っていいレベルです。

90万〜100万PV/月→痣あり柱レベル

鬼殺隊の隊員で痣が出たものは覚醒し能力が飛躍的に向上します。

ドラゴンボールで言えばスーパーサイヤ人、BLEACHで言えば卍解みたいなものです。

霞柱 時透無一郎は痣を発動し、上弦の伍(5)玉壺(ぎょっこ)をタイマンで倒しています。

正直、90万〜100万PV/月レベルのブロガーであれば、

アフィリエイトだけで普通の会社員の年収は大きく超えるし、

電子書籍や自社商品を作っても売れるので、

もはや普段の買い物で値段を気にすることはなくなるという夢のような状態ですが、

このくらいのレベルになると最早お金というより、

100万PVのハードルを何とか越えたいというモチベーションの方が強いでしょう。

100万〜150万PV/月→上弦の弐:童磨、参:猗窩座レベル

上弦の鬼でもトップクラスの弐:童磨、参:猗窩座は痣で覚醒した柱でも一人では倒せません。

というか味方を犠牲にしないと勝てないレベルです。

あまりに強すぎるので、鬼舞辻無惨からも特別扱いされるほどです。

100万PVを超えるブログも彼らと同様に本当に一握りだけです。

このレベルになればメディアから取材が来たりするなど、

ハッキリ言って、トップブロガーを名乗って差し支えないでしょう。

正直この領域に行くためには、

努力だけでなく、才能や時代など運要素も必要になってくるのではないかと感じます。

150万PV〜300万PV/月→上弦の壱 黒死牟レベル

上弦の壱 黒死牟(こくしぼう)は

・鬼殺隊最強 岩柱 悲鳴嶼行冥 (ひめじまぎょうめい)

・霞柱  時透無一郎 (ときとうむいちろう)

・風柱  不死川実弥 (しなずがわさねみ)

・風柱の実弟 不死川玄弥 (しなずがわげんや)

 

の痣を発動した3人の柱を含む4人相手に、時透無一郎と不死川玄弥を殺し、

最期は、強さを追い求めるあまり暴走し怪物と変貌した自分の姿を見て絶望し自害しました。

ジョジョ5部のパープル・ヘイズのように強すぎて作者が強制的に退場させたとしか思えないレベルです。

なので、他の上弦の鬼とは比べ物になりません。

150万PV〜300万PV/月のレベルだと、個人ブログであっても、企業サイトを差し置いて検索上位を取れるし、

出版社の方から、書籍化の話がいくつも来るでしょう。

まさに黒死牟級ですが、

このクラスのブロガーは数えるほどしかいないので、

ファンの期待に答え続けないといけないという苦しさなどを共感してくれる相手がいないという負の面もあり、

強さを追い求めるあまり、 孤独になってしまった黒死牟と通じる苦しみがあると言えるのかもしれません。

300万PV〜500万PV/月→鬼舞辻無惨レベル

主人公・炭治郎および鬼殺隊の宿敵である

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)は鬼の頂点に君臨し、

自身の血を分けて鬼を増産します。

下弦の鬼たちへの理不尽な仕打ちが「パワハラ会議」と言われたり、

すぐ感情的になったりテンパって小物感がありネタにされる無惨様ですが、

それでも、

上弦の鬼を含め他の鬼たちを寄せ付けない圧倒的な強さを持っています。

主人公の竈門炭治郎や柱たちが束になって戦っても無惨に致命傷を与えることが出来ず、

唯一の弱点である日光を浴びせるために、日の出まで時間稼ぎをすることしかできないくらいです。

一人ひとりがラスボス級の強さである上弦の鬼たちが、

無惨を倒して自分がトップに立ってやろうとか馬鹿なことは考えず、

素直に無惨の命令を聞く理由がわかります。

300万PV〜500万PV/月のブロガーはブログ界で確固たる地位を気づき、

ブログ界のインフルエンサーとして君臨していることでしょう。

トレンドを追いかけるブロガーが多い中、自身がトレンドを作るという無惨レベルのモンスターです。

正直、300万PV以上を稼ぐってのはSEOに強い企業メディアですら難易度が高いでしょう。

個人でこのレベルまで来るのであれば、テレビに出ている芸能人やアスリートなど著名人などブログ運営以外の活動で注目される必要があると感じます。

もちろん、一般人でここまでの領域に達する人も中にはいますが、ここまで知名度があるブロガーはもはや著名人と言って良いのではないだろうか。

500万PV以上~/月→継国縁壱(つぎくに よりいち)レベル

子供の頃から痣を発現させ、ほんの数分剣術教えてもらえれば剣術で大人を圧倒、

全ての呼吸法の源流である「日の呼吸」の使い手であり様々な呼吸法を編み出し仲間に伝授。

鬼舞辻無惨をたった一人で追い詰め、

老衰寸前の状態でも上弦の壱 黒死牟をたった一人で圧倒…

と、あまりに馬鹿げた強さから

 

 

 

 

 

と無惨様に言わせるレベルです。

500万PV以上~/月レベルになるには、

・ブログ歴

・サイト設計

・SEO

・ブランディング

・マーケティング

・コンテンツ

・SNS運用

・フォロワー数

・トレンドを先読みする力

 

など全ステータスがカンストしており、

正真正銘ブログを極めたと言っていいレベルではないでしょうか。

というか、

もはや一つの事業として法人で複数名で運営していてもおかしくないです。

ブログに限らず情報発信をする人の中には、

・お金を稼ぎたい

・影響力を持ってチヤホヤされたい

・他人と比べて優越感に浸りたい

という欲望が少なからずありますが、

月間500万PV以上という大業を成し遂げるためには、

そういうありふれた欲望など捨てて没頭できる人間だけが辿り着ける領域であり、

まさに透き通る世界、至高の領域に到達した人間にのみ、なせる業でしょう。

そんな500万PV以上のブロガーに継国縁壱(つぎくに よりいち)はふさわしい称号です。

作ってて自分が情けなくなったぞ!

鬼滅キャラの番付表と言いつつ、ほぼほぼ鬼ばかりという結果になりましたが、

2020年10月現在の僕は、

サイコロステーキ先輩と元下弦の陸 響凱(きょうがい)を行ったりり来たりのクソ雑魚です。

この記事を作ってる最中、自分が情けなくなりましたw

僕自身も稼げるようになったとはいえ、上には上がいると改めて思い知らされ、

「なんでこんなドMな世界に入り込んでしまったのか…」

と自分でも思ってしまいますが、

それでも、記事を書くのが面白くなって気がつけば、7000文字近くの記事書きあげてしまうくらいの魅力がブログ運営にはあります。

もちろんPV数とブログの魅力が比例するわけでは有りませんが、

このネタ記事でブロガーのモチベーションになってくれたらとても嬉しいし、

逆にブロガーに興味を持った鬼滅ファンが増えてくれたら嬉しいです。

※いつか十二鬼月入りしたら、この記事に追記して報告します。

 

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※メールアドレスは必須ですが、公開されません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です