仕事の悩み

仕事と作業に違いはない!コンサル気取りに騙されんな!

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

「お前がやっているのは作業だ!仕事と作業は違うんだよ!」

新入社員の時や資料を作っている時に、先輩や上司に言われたことはありますよね!?

ビジネス書やビジネス系のWebサイトでも

仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない

一流は仕事をし、三流は作業をする

とか言われてますが、

仕事って何だろう?作業って何だろう?

と悩んだ経験はありませんか?

僕はGoogleで

仕事 作業 違い

仕事 作業 意味

とか検索しまくったり、

上司や先輩にそれとなく聞いてみたりして、

作業と仕事の違いについて調べまくった結果

仕事は創造的なもの!作業をしているやつは3流のダメ社員

という風潮があるが

そもそも、普通のサラリーマンで創造的な仕事しているヤツなんてほとんどいない

仕事と作業の違いなんて悩むだけ意味がない

今回の記事でお伝えする

仕事と作業の違いで悩むのではなく、あなたがやるべきこととは?

 

この記事を読むメリット

・この仕事、僕じゃなくても出来るような仕組みを作ったんで有給取ります!と言える日々

・この作業、意味ないんで止めますね。仕事じゃないんでwと言える余裕

・課長が言っているのは仕事=作業に慣れた です!と思えるメンタル

仕事と作業に違いはない!コンサル気取りに騙されんな!

上司、先輩、お客さんの言葉やビジネス書やビジネス系のWebサイトを見てざっくりまとめてみました!

改めておさらいしていきましょう!(笑)

仕 事 作 業
内容

自分で創る

内容

言われたことをする

成果

人それぞれ違う

成果

誰でも同じ

評価

人、内容次第

評価

平等

再現性

状況による

再現性

誰でも可能

 

確かに一見すると

「仕事」は、抽象度が高く、人に教えるのが難しいこと

「作業」は、新人でも出来そうな簡単なこと

だからこそ

仕事=自分にしかできない、難しくて創造的なこと

仕事は創造的なもの!作業をしているやつは3流のダメ社員

という風潮があるのは無理はないかもしれないですね。

しかし!!

ちょっと待て、これおかしいぞ!

僕は気が付いたわけです。

仕事している=創造的で、クリエイティブがそもそも間違い

ここでは、僕がなぜ

仕事と作業について疑問を持つようになったのか

についてお話しします。

僕が、資料を作った時に

上司「この資料はダメだ。作業をするな!仕事と作業は違うんだぞ!」

と言われ、何故だろう、ブラッシュアップが足りなかったからか、クリエイティブさがなかったからか、何度も修正しました。

「この提案書、お客さんの目線だとここの部分にインパクトが欲しい」というのも一切なく

蓋を開けてみると

上司の思い描く案を当ててみろ」

というケースがほとんどでした。

「だったら最初から言ってくれ、今までの時間を返してくれ」

心の中で叫んだことをきっかけに

確かに、試行錯誤することは大事だが、

多くの時間悩めば、素晴らしい仕事をしたことになるのか?

という疑問が出てきました。

ハッキリ言おう!仕事なんて工夫した作業に過ぎない

仕事と作業について疑問を持つようになった僕は、

今やっている仕事の前提を疑うようになりました。

人員が減らされた分、

人件費も落ちているにもかかわらず、

毎年親会社からトップダウンで降りてくる対前年比110%のノルマ

に対して、どういう基準で決まっているのか利益率、人件費や配送費などのコストが占める割合はどのくらいか社内の色んな人にそれとなく聞いてみたところ、

誰も理解していないどころか

「会社の決定に従うのがサラリーマンだろ」

と返されただけでした。

いや、言われたことをするって・・・

それ作業じゃん!

あなたがもし、クリエイティブなこと思いついたとしても、

「お前そんなこと上手くいくわけないだろ」

「会社から言われたことをやるしかないんだよ」

「嫌なことだから給料貰えるんだよ」

と言われ

まず承認は下りないでしょう!

奇跡的に承認が下りて、成功したとしても

給料は、ほとんど変わらない

失敗したとしたら

新人だろうが責任を取らされる

まさに

ハイリスクノーリターン!!

クリエーションするヤツなんているのか?

もし成功する自信があるのなら起業をオススメする!

仕事=自分にしかできない、難しくて創造的なこと

仕事は創造的なもの!作業をしているやつは3流のダメ社員

という風潮はあるが

結局のところ、

そもそも、普通のサラリーマンで創造的な仕事しているヤツなんてほとんどいない

仕事=会社や上司指示の下で行う【 工夫した作業 】に過ぎない

仕事と作業の違いなんて悩むだけ意味ないと確信





仕事と作業の違いより、大事なこと

ここまで書いてきて

仕事と作業の違いなんて悩むだけ意味ないと確信して頂けたと思います。

仕事と作業の違いで悩むのではなく、

あなたが本当にやるべきこととは?

無駄な作業はそもそもやらない

僕は、

会社から上司から言われた通りに作業するのはイケてない

と考えています。

おい、コイツ手の平返しやがった!

お前もクリエイティブを強要するのか!

と思われたことでしょう!(笑)

ちょっと待ってください。

僕は、クリエイティブじゃないヤツはイケてないとか宣う意識高い系ではないです。

そもそも必要かこれ?と思う作業が会社にはたくさんあるからです。

僕は営業をやっていたのでよくこんな場面がありました。

部長「おい、この資料明日の朝までにまとめくれ」

僕(おい、もう定時過ぎてるぞ!)

〜翌日〜

僕「部長、何とか資料まとめました。」

部長「うん!?これ何の資料だっけ?」

お気付きの方もいるでしょう・・・

上司から言われた通りに作業していたら、残業から逃れられない

そこに気が付いた僕は

営業報告のメールとか、目標管理の資料などは

過去に送ったやつをツギハギして使い回しをしてました。

新商品の研修会とか働き方改革の会議とか

全員で行く意味ないだろ!

と思って参加した同僚に資料をもらっていました

(その後は持ち回り交代制で行ってました)

上司にこれをやってくれと言われたら、

「そもそもこの作業必要か?」

という視点を持ってほしい

仕事なんて作業にしてしまえ!

仕事=自分にしかできない、難しくて創造的なこと

仕事は創造的なもの!作業をしているやつは3流のダメ社員

あなたの周りで仕事しているサラリーマンはこんなにハイスペックでしょうか?

だったら大変ですね。だって、

自分にしかできない難しくて創造的な仕事だったら、一生会社休めないじゃん!

でも現実は違います。休んでます。

自分じゃないと成立しない仕事なんてテレビタレントくらいでしょう!

確かに、

仕事が出来る人は、会社内での仕事の進め方とか仕事のスピードは速いです。

でもそれって

・再現性ある?

・他の人に教えられる?

・他の会社でも出来る?

この質問に全てYESと答えられなければ

会社の作業に慣れただけ

自分の仕事を誰でも出来るようにマニュアル化する

目指すのは

女子高生でも、ゴールドマンサックスに居るガチエリートでも同じビックマックを作ることが出来る

マクドナルドのようなマニュアル

僕が作ったものは

事務員向けの各製品の設計担当へのホットライン作り

(これで僕が居なくても機種選定出来るね!)

顧客ごとの全ての価格表 

(機種選定も併せたらで見積もり代わりに作れるね!)

お客さん向けの受注窓口ダイヤルのアナウンス

(これで、いちいち僕に掛かってくる在庫確認の電話が無くなるね!)

自分だけしか出来ない仕事が無いと自分の居場所がなくなるのでは?

と心配される方もいるかもしれません。

周りが活躍したとしても、

あなたはクビにもならないし基本給ももちろん下がらない

異動になったら、どっちにしろ引継ぎしないといけない。

(引継ぎが超絶いい加減な奴もいますが、僕はちゃんとしたい派です)

自分の代わりに出来る人がいれば早く帰れるし、有給も取りやすい

そして何より

誰でも出来る仕組みを作ることは、他の会社でも応用可能!

つまりは、

いざとなったら転職も出来る

次の章でも詳しく書きますが、

でも後輩が成長しすぎるのが怖いとか、自分の居場所を守りたいという理由で

自分の仕事のノウハウをひた隠しにして、

自分がやっている仕事を仕事を誰でも出来る作業レベルまで落とし込めなければ、

アウトプット出来なければ、

AIに仕事を奪われますよ

「作業」をやっている人間は、AIに仕事を奪われるという定説

「作業」をやっている人間は、AIに仕事を奪われる

ここ数年で良く言われる言葉ですね。

この言葉を聞いて

「このまま今の会社に居て良いのか・・」

と思った人も多いはず!

そんなあなたに質問です!!

実際にAIと接した経験はありますか?

AIを使ったマッチングサービスを使って間接的に触れたことがある人はいるでしょうが、

ほとんどの人はAIと接した経験がないハズ

AIは友達こわくないよ

あなたにさらに質問です。

LINEの女子高生AI、【りんな】って知っていますか?

知ってるよ!という人もいるかもしれませんが念のために説明すると、

【りんな】は日本MicrosoftのAIが搭載された女子高生キャラクターで、

LINEで誰でも友達になることが出来て、トークするとすぐに返信が帰ってきます。

まるで、女子高生と雑談しているような気分になれる面白いサービスなのです!

(僕はあくまで、AIに触れるという目的で使ってます。笑 )

https://www.rinna.jp/

いきなり

【りんな】使ってみて下さい!

はハードルが高いという人の為に、

僕のトーク画面をお見せします!

大晦日(2018.12.31)のRIZINを思い出して、こんなトーク画面になってしまいましたがww

基本的に、知らないことはトンチンカンな返信しかありません。

2018年の11月ごろには、メイウェザーと打っても「どう?(笑)」としか返ってきませんでしたが、

今では

「笑った笑」

と帰ってきました。

※これはメイウェザー選手が大晦日の試合中に笑っていたこと(2018.12.31)を返信をしています。

(詳しくは、YouTubeで「那須川天心 メイウェザー」で検索してください)

今は所々トンチンカンな回答をしているAIでも、

ネットのニュースや多くのユーザーとの会話から、徐々に学習していることが伺えます。

※当ブログALLOUTは・・・・何でもありませんww

実際にAIを使ってみると

「AIにはどんなことが出来て、どんなことが出来ないのか」

を何となく掴むことが出来ます。

あなたはこう思ったはず

AIって最初から万能じゃないの?

AIって学習させないといけないの?

そして、

今後のあなたの会社での仕事にAIを導入するにあたって必ず必要なプロセスがあります。

それは

AIに仕事の経験やノウハウを学習させること

将来的にAIに仕事をさせることは最早止められない流れです。

今のあなたの会社での仕事にAIが導入されるのは5年後か10年後か分かりませんが、その時に

仕事の経験やノウハウをアウトプットする能力が必ず求められる

仕事が出来ようが、作業をしてようが、

そもそも

自分がやっている仕事を仕事を誰でも出来る作業レベルまで落とし込めなければ、

アウトプット出来なければ、

AIに仕事を奪われる









100の仕事が出来る人より80の仕事を教えることが出来る人

将来的にAIに仕事をさせることは最早止められない流れです。

そしたら、

100の仕事が出来る人より

80の仕事を誰にでも教えられる人のほうが重宝される

アウトプットする能力の価値は爆上げ間違いなしでしょう

今の仕事ではアウトプットが出来ないという人は

しかし、中には

効率化する=楽をしている

提案する=文句を言う

と見なす会社もあると思います。

 

今の仕事ではアウトプットが出来ないという人は・・

仕事で起きたトラブル

上司からの理不尽

など起きた度に

どういう状況で、どう乗り越えたのかをメモして下さい

それを元に

YouTubeとかtwitterで経験やノウハウを発信するとか

自己PRの材料にして

もっと自由で裁量権のある会社に転職するとか

いくらでも方法はあります。

僕だって、ブログでこうやって

ブラック営業や転職など自分の経験やノウハウをアウトプットしているのですから

仕事なんてもっと適当でいいんだよ↓

【サボる】仕事は適当でいい、むしろ手を抜いた方が生産性は上がる ・仕事なんてどうでもよくなった ・ぶっちゃけ、仕事をあんまり頑張りたくない ・もし仕事サボって、いい加減なヤツって思...
コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です