会社辞めたい

優秀な人は見切りが早い!辞めて欲しくない人が辞める会社は即退職だ!

あの人がいなくなったらこれからどうなるんだ?
辞めて欲しくない人が辞める
逆に辞めて欲しい人が辞めない

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

辞めて欲しくない優秀な人が辞める…

これは、もはや会社員あるあるですね。

こういったことが起こるたびに、

また仕事が増えてしんどくなる…
1人減ったのに人員の補充が無い…

と会社に嫌気が差す人は多いものの、自分も転職活動しようと踏み切る人は多くはありません。

だがしかし、

優秀な人は見切った会社に未来は無い!

辞めて欲しくない人が辞める会社は即退職だ!

今回はその理由について語る

この記事を読むメリット

・コスパの悪い労働をしなくて済む

・辞めて欲しい人ばかりの会社に見切りをつけられる

・自分自身が辞めて欲しい人にならなくて済む

優秀な人は見切りが早い!辞めて欲しくない人が辞める会社は即退職だ!

辞めて欲しくない人が辞めるのは会社員あるあるだとは言っても

どんな人材にも代わりはいるものだ
なんだかんだ会社は回るよね

という意見があるくらいで、結局惰性で続けてしまうという人は多いです。

① 優秀な人が潰される会社だから

仕事ができる人に仕事が集中してしまうってのは良くある話ですが、

こうなってしまうのは、

できない人に仕事を任せたら失敗してしまうリスクが高い

そのため、仕事ができる人に任せたい

という考えが周りの人間の根底にあるからなんですね。

優秀な人からすれば、どんなに頑張って成果を出したところで

更に仕事が増えるだけそれに見合った給料は貰えない

何なら、大して仕事をしない人と給料が一緒ってんなら

そりゃ…馬鹿馬鹿しくて辞めていくよねって話です。

そんな会社でいくら頑張っても、いや、頑張れば頑張るほど潰されていきます。

僕が以前勤めていたブラック企業で

優しい人が強く出れないことを良いことに仕事を押し付けられしまい、

やがて、うつ病になっていくという現実を何度も見てきました。

そういった環境では、頑張らない方が得だと思うのは自然ですし、

向上心なんてものはとっくの昔に消えてなくなり、自身がゆっくり腐っていきます。

② 優秀な人は転職先がすぐに見つかるから見切りが早い

・仕事を押し付けられてしまう

・給料が全然増えない

・人間関係も最悪

こういった状況であっても、転職活動に踏み切れなかったり、踏み切っても中々転職先が見つからず我慢して続けてしまう人は少なくありません。

だがしかし、

優秀な人であれば転職先を見つけることはそんなに難しいことではありません。

そのため、優秀な人は見切りをつけるのが早いです。

そして、

見切りを付けた後の動きが本当に早い!

僕はこれまで転職相談や応募書類の添削などをして色んな方の内定獲得をサポートしてきましたが、

優秀な人はこちらからの質問に対して、速攻で回答が来ます。

俺
早すぎて引くレベル

当然ですが、このようなスピード感で転職活動を進めていくので、転職先もすぐに決まっていました。

優秀マン
優秀マン
君が1枚履歴書を書いている間に、俺はもう10社の応募を終えている

③ 優秀な人が辞めると労働環境がどんどん悪くなる

退職者が出るとその穴を埋めるために業務負担が増えます。

辞めて欲しくないくらい優秀な人であれば抱えていたタスクが多いです。

それがそのまま各自に振り分けられ、増員は無し!

まさに地獄絵図です…

僕は電機メーカーで営業の仕事をしていた時、

同僚の異動や退職に伴い当初3人で行っていた仕事を僕1人でやることになりました。

もちろん、増員無しです。

ヒーヒー言いながら3人分の仕事をこなしていたのですが、

効率化をしたらしたで更に仕事を増やされてしまい

どうしても納得が行かず、割に合わないと思い退職したのです。

その後、3人分プラスαの僕の仕事を割り当てられた職場の同僚たちにも増員はありませんでしたw

そして、辞めて欲しくない人には

特別に優秀というわけではないが、優しい人や仲が良い人もいるでしょう!

むしろ、このパターンが最悪です。

気軽に相談できる相手がいなくなるってことは致命的です。

仕事が遅くなったり、ミスが発生するからです。

仕事は仲良しクラブじゃないんだぞ!って怒る人もいるかもしれませんが、仕事なんて結局は人間関係次第です。

情報の共有が出来ない職場になってしまうと、今まで回っていた仕事が回らなくなるので、能力もスキルが下がります。

③ 優秀な人がどんどん辞めていくと、あなたが辞めにくくなる

退職者が出ると業務負担が増える、

ましてや辞めて欲しくない人が辞めてしまった場合、

職場の負担は計り知れないというのは前の章でお話ししましたが、

当然ながら、職場では誰が引き継ぐのかという話になります。

そして、仕事の負担は優秀な人に集中します。

ただでさえ仕事が集中してるのにさらに上乗せされてしまうってんだから、やってられません。

優秀な人は転職先がすぐに見つかるので、優秀な人から辞めていきます。

そして、別の優秀な人に集中→また1人辞めるとなり、まさしく負の連鎖になります。

こうなってしまうと、もうこれ以上退職者がでるのはマズイ!と会社や上司が考えるのも無理はありません。

こんな感じで、

あの手この手で引止めしてきます、

ですので、

あなたが我慢すればするほど、

辞めて欲しくない人が辞めていき、どんどん辞めにくくなります。

刑務所で脱獄が起きたら警備が厳重になりますよね。それと一緒です。

>>転職を引き止める上司の言葉は全部嘘!退職願の撤回は後悔しかない!

辞めないで我慢していると、君が辞めて欲しい人になってしまうよ

仕事が出来る優秀な人、優しい人や仲が良い人がいて

辞めて欲しくない、置いて行かないでほしい

って不安に思う気持ちはわかる。スゲーよくわかる。

しかし、その人にはその人の人生があるのです。

むしろ、

1人いなくなるだけでとあなたが辛くなる環境に問題があるんですよ。

そんな会社でいくら頑張っても、

いや、頑張れば頑張るほど仕事が増えていき、いずれ潰れていきます。

それは、ヒーヒー言いながら効率化をして、3人分の仕事をこなせるようになった途端、

もっと出来るだろ!自分さえよければいいのか?
出来ない人のことも考えて!

と言われながら、仕事を増やされていった僕が味わった真実です。

もちろん、潰れずに会社に居続ける方法もあります。

それは、自分が仕事を押し付ける側に回ることです。

しかし、それをやってしまうと

あなたは間違いなく辞めて欲しい人になってしまいます。

あなたが辞めて欲しくないと思う人にとって働きにくい環境ってことは、

あなたにとっても働きにくい環境であるわけです。

そもそも転職すべきか焦るくらいなら、さっさと転職活動を始めるべきです。

それで気に入らなかったら、転職しなければいいし、良い会社に内定を貰えれば転職すればいい。

少なくとも今のうちから応募書類を作っておくことをお勧めします。

そうはいっても優秀な人と違って転職先なんて見つかんない
結局今の会社にすがるしかないんだよ…

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やり方次第で十分逆転は出来ます。

というのも、僕がいろんな方の転職相談や応募書類の添削をしてきた中で、

それなりのキャリア、経歴の方でもテキトーな応募書類の人が結構多かったです。

僕は以前に人事(採用担当)の人の職務経歴書を添削したことがありますが、

面接官をやっていた人ですらこんなものか?と驚愕した経験があります。

>>無職から内定へ!同志社大卒・第二新卒の人事女性の職務経歴書を添削

そのため、きちんとした応募書類を作れば優秀な人が相手であっても、十分勝ち筋はあるんですね。

ちなみに応募書類を作る際に、これまで僕が添削した職務経歴書を参考にしていただいても構いませんし、

>>職務経歴書の添削事例

これまでの職務経歴書の添削のノウハウをまとめたものをnoteにしたものもありますので、そちらも使って頂ければ、よりよい応募書類が作れるはずです。

詳しくはこちらから↓

月ごとの投稿記事