転職とキャリアと

コミュ力お化けを目指すべきではない理由【コミュ障を救いたい】

どんな人ともすぐに打ち解けれるコミュ力お化けが羨ましい
「沈黙は金なり」なんて嘘だ!
会話が絶望的に下手

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

仕事のみならずプライベートの領域でもコミュニケーション能力というのは非常に重要視されています。

企業が就活生に一番求めるのは「コミュニケーション能力」と呼ばれるくらいです。

そして、世の中には極稀に「コミュ力お化け」という生き物が存在します。

コミュ力お化けとは

常人と比べてコミュニケーション能力が異常に高い人間

のことですが。

コミュ力お化けは自分が長い時間を掛けて仲良くなった相手に対し

初対面なのに、一瞬で打ち解けて仲良くなるということを平気でやってのけます。

なんなら「付き合い長い俺より意気投合してね?」ってこともあり、

まるで高速道路を100km/hで走っていた俺をヤツは300km/hで楽々追い抜いていった…
そんな感じさ…

コレまでの俺の努力はヤツにしてみれば何もしていなかったも同然だったってわけだ…

って思い知らされたことは何回もあります。

僕みたいに悔しい思いをした人もいれば、

「俺たちにできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」

とコミュ力お化けに憧れる人もいるでしょう。

僕自身、コミュ力お化けでもなんでも無いですし、
むしろ会話とか面倒くさいと思うタイプですが、一応「会話」でお金を得ています。

俺の1時間を売ることにした→「LINE通話相談」こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 このALLOUTというブログでは 仕事とか転職とか...

そんな立場から言わせてもらうと、

コミュ力お化けを目指すべきではない

その理由について語る!

この記事を読むメリット

・コミュ力お化けになろうとして、痛いヤツにならなくて済む

・コミュ力お化けの意外な弱点に気づける

・コミュ力至上主義から解放される

コミュ力お化けを目指すべきではない理由【コミュ障を救いたい】

・人とすぐ打ち解けられるようになりたい

・異性にモテたい

・上司に気に入られたい

 

など、

コミュ力お化けに憧れる理由は人それぞれです。

コミュ力お化けは何の苦労もせず、オイシイところを全部持っていくイメージが強く、

以前の僕もそう思っていました。

しかし、今となってはなりたいとすら思わないですし、

むしろ、大変そうだなとしか思いません。

① 今からなろうと思ってなれるものではないから

僕が以前働いていた職場にナンパが異常に得意な後輩がいて

2人で飯食っていたら近くの席にきれいな女性二人組がいて

「あの感じだと一緒にカラオケくらいは行けるでしょうね」

「ちょっと行ってきます」

といきなり席を立ち、女性二人組に声をかけに行って、

結局、一緒に飲むことになり、そのままカラオケまで行くことになりました。

ちなみに、

見た目は爽やか系男子って感じ超絶イケメンというわけではないんですが、

コミュニケーション能力で押していくタイプで、まさにコミュ力お化けです。

目の前で圧倒的なコミュ力の差を見せつけられた僕は唖然とするしかありませんでした。

正直、こんなコミュ力お化けは突然変異的な天性の才能のようなものだと思われがちです。

もちろん生まれ持った本人の気質というのは当然あるでしょうが、

実際は、家庭環境とか小さい頃から今までの人生の積み重ねでコミュニケーション能力を培ってきたわけで、

例えて言うなら

小さい頃から野球をやり続けて甲子園出場やプロ野球選手になる人たちと根本的には変わらないわけなんですね。

つまり、コミュ力お化けを目指すということは、

今から野球をはじめて甲子園やプロ野球選手を目指すようなものです。

人生遅すぎることはないとは言いますが、正直、無理ゲーです。

小学生や中学生からコミュ力お化けを目指すというならともかく、

成人した大人がほんの数ヶ月努力したくらいでコミュ力お化けを目指したところで、同じ水準になれるわけないんですね。

それに成人して何年も経つ人間の性格というのは、基本的に変わりません。

僕は新卒の時にクソだと思った上司や先輩は今でもクソだと思いますし、ミュージカルは相変わらず苦手です。

そもそも、そんなに簡単に性格変えられるなら、

世の中でコミュニケーション能力で悩む大人なんていなくなるでしょうから。

もちろん

挨拶が出来ないとか、女性とまともに会話できないとかなら

コミュニケーション能力を鍛える必要はありますが、

正直60点、70点くらいまで伸ばせれば御の字です。

それなのに背伸びをしてコミュ力お化けになろうとして、

空回りして痛いヤツになってしまうんですね。

② コミュ力は万能ではない

コミュ力お化けに憧れる人って根底に

コミュニケーション能力さえあれば万事解決

というな考え方があるんですが、それがそもそも違うんですね。

たしかに、

「コミュニケーション能力が高くて損はない」

ってのは事実なんですが、

他の能力を無視してコミュケーション能力にステータスを全振りするのは危険です。

というのも、

先程、ご紹介したコミュ力お化けの後輩は、

ミスが多く職場では、毎日のようにめちゃめちゃ怒られていました。

正直、僕は

「あれだけのコミュ力あるんだからもっと上手いことやれよ」

って内心思っていました。

だがしかし、冷静に考えると、

ナンパした女性とか一見のお客など初対面の相手なら第一印象とかコミュケーション能力は絶大な威力を誇りますが、

毎日一緒にいるのであれば、コミュケーション能力だけじゃなくて、仕事の能力をそのものを見られます。

つまり、コミュニケーション能力で、ごまかしが効かないわけです。

結局、その後輩はある日突然会社に来なくなり、

その後に軽いうつ病と診断され、人事部と相談し部署異動となりました。

結局、コミュニケーション能力だけが高くても、

仕事の能力が低いと根本的な解決にならず、

能力が低いせいで周りの負担が多くなると、周りの人はムカつきます。

中にはミスしても許される憎めない人というのもいますが、それは周りの人たちに余裕がある時だけで、

人手不足だったり、残業続きが続くと間違いなくギスギスします。

ここまで話すと、

上司に気に入られるコミュ力さえあれば、いいんじゃないかって思う人もいるかも知れません。

いわゆる「ゴマすり野郎」になれば周りを踏み台にして、能力無くてもコミュ力で出世する事はできます。

以前の記事でも解説したんですが、

ごますり野郎は秒速で出世する!上司は正当な評価なんて永遠にしない会社で、一緒に仕事をしているあなたから見たら 実績らしい実績は何にもない・・というか、はっきり言って仕事が出来ない! それな...

ゴマすりで出世をしても、能力を伴っていないので毎日地獄だし、

部下も振り回してしまい、結果嫌われてしまうので、おすすめしません。

また、踏み台にされた人たちからの報復も考えられます。

この時点で、コミュニケーション能力は無いに等しいんですね。

③ コミュ力お化けになると他人に時間を奪われる

とはいえ、

人とすぐに打ち解けられる人を端から見ていると羨ましい

と思う気持ちはわかる。スゲーよくわかる。

だがしかし、

コミュ力お化けになると他人に時間を奪われます。

当然といえば当然なんですが、

コミュ力が高いということは友人や知り合いがたくさんいるってことです。

端から見れば、仕事終わりや休日に予定が埋まってて羨ましいと思うかもしれませんが、

自分は家でゆっくりしたいと思っても、誘いの連絡が来るし、断るにしても気を使わないといけない。

仮に僕みたいに副業を始めて一人で黙々と仕事をしたい人の場合、

集中して作業したい時に、LINEの連絡とか来まくったら鬱陶しいし、

シカトしたらしかとしたで、

「最近、遊んでくれないよね?どうして?」

「そんなの上手くわけがない」

「都合のいい時だけ、利用しやがって!」

と、今まで仲良くしていた反面、一気にヘイトが集まります。

気にしなければいいという意見がありますが、

副業や勉強ものそうですが何事も最初のうちは結果が出ないもので、

そんな時にネガティブなことを言われまくると凹みます。

つまり、成功する可能性は下がるわけです。

興味がない相手とは会話しなくていい

人付き合いの苦手意識を克服するためには人に興味を持て

 

とよく言われますが、それは無理ゲーです。

というのも、興味が持てないからこそ困っているからです。

僕は逆に、興味がない相手に時間を割く必要はないと考えます。

僕は、大して興味がない相手には

「そうですね~」と相づちを打って会話を終わらせるようにしています。

ある日、勘のいい相手が

「君、いつも【そうですね~】しか言わないよね?」

って言ってきた時も、

「そうですね~」

と言ってしまうレベルです。

こんなこというと、

・自分で決めつけてしまうと食わず嫌いになる

・色んな人とコミュケーションを取らないと視野が狭くなる

ってよく言われるんですが、

そもそも、興味がない相手といくら会話をしても学びは無いです。

実際多くの人が、色んな人の話を聞くのが大切だと盲目的に信じているけど、

結局、気を使ったりストレス溜めて消耗した割に視野が広まったかと言われれば、

そうでもないってのが現状ですよね。

むしろ、

興味がない人とのコミュニケーションなどさっさと辞めてしまった方がストレスも減るし、

その分、興味がある相手とのコミュニケーションを深堀りするほうが遥かに有益でしょう。

そんな僕でも、「会話」でお金を得るくらいにはなれていますので、

無理してコミュ力お化けになる必要はありません。

そもそもコミュケーション能力をアピールするヤツにロクなやつはいない↓

面接の自己PRが出来ないヤツにコミュニケーション能力は無い! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...

 

 

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

詳しくは→
>>過去の相談アーカイブ

仕事から直接関係のないことでも、一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※メールアドレスは必須ですが、公開されません。

※スパム対策のため、捨てアドでの投稿は反映されない仕様となっています。

POSTED COMMENT

  1. 19卒の社畜 より:

    「コミュ力」
    個人的にこの言葉は嫌いです。
    何が嫌かって、コミュ力という言葉が蔓延することによって、コミュ力のある人が完全な善で、コミュ力のない人は完全な悪とみなされてしまう。
    その為、コミュ力のない人は常に叩かれる存在になってしまう。

    さらに嫌なのが、コミュ力が高い人物がコミュ力の低い人間に対して、人格否定をしたうえで、押し付けがましく他人を変えようとすること。

    「君コミュ障だと苦労するよ」と否定。

    「君も少しはコミュ力身に着けて、大勢の友達を作ってみようよ。そうした方が楽しいだろ」
    と、他人に変わることを要求する。

    個人的にこうやって他人を変えようとする人が嫌いですが、「コミュ力」をやたらと連呼する人間がこの部類に入るので、嫌でたまりません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です