営業辞めたい

口下手・人見知りの方が実は営業に向いてる→無理がありすぎる件w

口下手なのに営業職になってしまった
内向的な人が営業できるって本当?
人見知りだけど営業の仕事頑張ったほうがいいのかな?

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

ノルマや残業で大変なイメージが有る営業職は、敬遠されがちです。

人見知りで、内向的な人は営業職なんて候補にすら思わないでしょう。

だがしかし、

文系のほとんどが営業職に配属されるし、

理系であっても、ある日突然営業職に異動させられることもあります。

それなら転職しようと思っても、

就職サイト、転職サイトは営業職の求人ばかりです。

そんな中

・人見知りでも大丈夫!

・実はの口下手な人の方が営業マンに向いている!

なんて話を聞いて

自分にもできるのなら…

と思って営業の仕事に応募してしまう人は結構いると思います。

僕はこれまで、有形商材、無形商材、法人営業、個人営業をしてきましたが、

そんな俺から言わせてもらうと、

口下手・人見知りの方が実は営業に向いてる→無理がありすぎる件w

今回は、この現実を突きつけていくッ!

この記事を読むメリット

・向いてない営業で地獄を見ずに済む

・履歴書に傷がつかなくなる

・嫌な営業の仕事を続けなくていい

口下手・人見知りの方が実は営業に向いてる→無理がありすぎる件w

「実はの口下手な人の方が営業マンに向いている!」

「人見知りの人こそ営業にチャレンジしてほしい!」

なんて言ってくる人もいます。

たしかに、百聞は一見にしかずとも言えるので、

営業職へ転職して地獄を体感してもらうのが一番手っ取り早いんですが、

実際に営業職に転職して、ツラすぎて数ヶ月で退職してしまうと転職しにくくなりますし、

無理して続けてしまうと心身を壊して働けなくなるかもしれません。

ですので、

チャレンジと呼ぶにはあまりに代償がデカすぎるわけであります…

人見知りだから~が許されるほど営業の世界は甘くない

「実はの口下手な人の方が営業マンに向いている!」

「内向的な人こそ営業にチャレンジしてほしい!」

と、さぞ人見知りウェルカム!な感じですが、

こんなのを鵜呑みにして営業職に転職してはいけません。

そもそも、ノルマがあって人に頭を下げないといけない営業職なんてのは、

誰もやりたがらないから求人が多いわけで、

採用面接官もそういった中で人材を確保しないといけないからこそ、

「営業はトモダチ!怖くないよ!」

など、実際のキツイ現実を濁すようなことをいいます。

だがしかし、

実際に入社して営業マンになったら人見知りであることを受け入れてくれる…

なんてことはありません。

実際は、

クソ上司
クソ上司
泣き言いってねぇで、ノルマを達成しろ!
同僚
同僚
営業なんだから人見知りくらい治してこいよw

という感じで、現実は非情です。

営業の世界では結局の所、内向的だからといってノルマが緩くなるほど甘い世界ではありません。

というのも、

もしノルマが達成できない人がいれば、足りない分を周りのメンバーがカバーしないといけないわけです。

周りの人だって自分のノルマをこなすのに必死なのに、

そこから更にノルマを上乗せされてしまえば、

「人見知りとかヌルいこと言ってねぇで、契約とってこいよ!」

と、どんなに真面目で良い人であっても迷惑な足手まといと見なされます。

逆に、ノルマを人一倍達成できれば人格破綻者のサイコ野郎でも

「あいつがノルマを多くこなしていくれるから今月も楽ができる」

「営業0点人間100点より営業100点人間0点の方がマシ」

と、肯定的に捉えられます。

上司からしても、全体の数字が上がればそれでいいですからね。

>>【見てる人は見てる?】あなたの頑張りは必ず誰かが見てるって嘘ですw

人見知り・口下手は聞き上手ではない

営業の世界では結局の所、内向的だろうが外交的だろうが数字が全てであるのなら、

ノルマを達成すればいいだけだろ?

と言いたくなる人もいるでしょう!

これを裏付けるかのように、

営業は話し上手ではなく、相手の言葉を引き出す聞き上手になることが大切!

だから、人見知り・口下手な人の方がむしろ向いてるんです!

という論調がありますが、

そもそも、人見知り・口下手は聞き上手ではない!

というのも

ただ相槌を打って頷いたり、オウム返しをしているだけでは、

相手は話す気力が失せていき、とてもじゃないが会話は広がっていきませんので、聞き上手とは言えません。

もちろん、一方的に自分の話したいことを話すのはダメで、

相手が話しやすくなるように適切な問いかけをして行く必要があります。

基本的に、人見知り・口下手な人にそんな芸当はできません。

同世代の人とすら特定の人としか絡めないのに、オッサン世代と絡めるわけ無いからです。

しかも、

クソ客
クソ客
俺はお客様だぞ!

というおっさんばっかりなので、普通の他人と会話をするより難易度は上がるわけです。

正直人見知りの人だけじゃなく、

もともと人と話すのは好きだし、明るい性格であっても、

こういった対人関係のストレスによって、

人と話すことが大嫌いな人間に変貌していった陽キャたちを僕は何人も見てきました。

また、内向的な人は普通の飲み会すら苦痛のはずです。

それなのに、接待とかマジ地獄ですよ。

相手の趣味趣向をリサーチした上で店を選び、二次会まで準備して、気の利いた手土産を用意する。

気が緩んだ相手から、競合他社の動向など、

今後の取引に役立ちそうな情報を引き出すために

酒を飲んでも自分の思考はクリアにして、常に相手の反応を見て会話を振る

という007のスパイのようなことをしないといけません。

人見知りや口下手の人にスパイが務まると思いますか?

1人の人見知りトップ営業マンの下には、
99人の人見知りの屍がある!

中には、

人付き合いが得意じゃなくても、トップ営業マンになることはできる
って言ってたし…(震声

と思う方もいるかも知れません。

だがしかし、

これは生存者バイアスってヤツで、

1人の人見知りトップ営業マンの下には、
99人の人見知り営業マンの屍がある!

と考えたほうがいいです。

というのも、

人見知りの人が営業で上手くいかない現実があるからこそ、

「内向的な人でもトップ営業マンになれる!」

という書籍や記事が作られるわけで、

もし、口下手人がトップ営業マンのマネをして、皆がトップ営業マンになれるのなら、こんな書籍や記事を誰も見ないでしょって話です。

もちろん。人見知りで構わないと割り切って営業をしていたら、

中には

「こんな不器用で苦労してるんだろうから、俺が客になってやるか」

と思って契約が取れることもあるでしょうが、

仮に頑張っている姿を買ってもらって契約が取れたとしても、それはドーピングや麻薬のようなもので

後に

もっと安くしろ!
あの時の恩を忘れたのか!

こういった要求されるなど、大きな代償を払う羽目になります。

そういった時に、屈するのではなく

初契約の時に
「この御恩は一生忘れません」と言ったな?
あれは嘘だ!
今はもっと良い客さんがいるから、君との契約はもう要らない

という感じで、逆にお客さんを泣かせることすら厭わない非情さがないと厳しいところがあります。

例えていうなら

ドラクエ5を初見プレイで、

幼馴染で苦楽をともにしてきたビアンカではなく、

富豪の娘で貴重なアイテムが手に入るフローラを嫁にためらいなく選ぶような感じでしょうか?

まぁ、内向的じゃなくてもそんな非情な人は少ないですし、

営業マンになってそういったストレスや疲労に晒されて、人見知りじゃなくても人嫌いになる人は多いです。

ですので、

人見知りでも営業はできる!なんて言葉に惑わされずに、

さっさと別の仕事を探したほうがいいわけです。

>>【もうやりたくない】営業から転職して人生が好転した話

【もうやりたくない】営業から転職して人生が好転した話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...
月ごとの投稿記事