営業辞めたい

営業に向いている女性は少ないから、営業職がきついのは当然である

事務職で定時上がりの女友達が羨ましい
もう営業やりたくない
営業に向いてないと思う

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

女性であっても営業職や総合職で採用され、

ノルマがある営業職に就かれている方は少なくないでしょう。

売上目標を達成したときや、お客さんから感謝された時はやりがいを感じないこともないけど…

残業が多かったり、休みの日でも取引先から電話が掛かってきたり、

契約取れない日々が続くと数字のプレッシャーで休みの日でも気が休まらないなど、

つらいことの方が多すぎて、営業職がきついと感じる女性は多いのではないでしょうか?

僕はこれまで、個人営業、法人営業、有形商材、無形商材の営業をしてきた経験があり、色んな営業マンを見てきましたが、

その経験から言えることは、

営業に向いている女性は少ないから、営業職がきついのは当然だ!

この記事を読むメリット

・ストレスだらけの日々から抜け出せる

・営業職以外のキャリアが見つかる

・営業職が向いてなくても自己嫌悪にならない

営業に向いている女性は少ないから、営業職がきついのは当然である

女性に営業職は向いていないからキツくなると言うと

女性差別ですか?(威圧

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

僕は女性差別をする気はさらさらありませんし、

このブログのほぼ半分は女性に読まれているので、これからする話もそれなりに説得力はあると思います。

営業職に向いてる男は少ない、女性はもっと少ない

まず大前提として、

営業職は男女ともにつらいもので、向いている人自体がそもそも少ないです。

営業職では、理不尽なクソ客に対して

契約頂きありがとうございます。いつも本当に助かります。

と心にもないおべんちゃらを言わないといけないこともありますし、

お客さんが良い人であっても、売上がショボければ

誠に申し訳ございませんが、これ以上のサポートは見送らせていただきます。

という感じで、切り捨てることもあります。

このように営業マンは自分の心を殺し、契約獲得マシーンとして数字を達成することも必要になります。

俺
義理と人情だけでやっていけないのが営業のつらいところだな…

当然ながら、まともな神経をしていたら営業の仕事なんて勤まりません。

元は人と話すのは好きだし、明るい性格であっても、

こういったストレスによって、人と話すことが大嫌いな人間に変貌していった営業マンを僕は何人も見てきました。

むしろ、心の優しい性格の良い方ほど病んでいき、会社を去っていきました。

特に女性の場合、男性よりも思いやりやホスピタリティが高い傾向にありますから、精神を病みやすかったり苦痛に感じやすいです。

営業職に向いてる男性は少ない、女性はもっと少ない

わけです。

>>営業が向いてないので、辞めて転職したら人生が豊かになった話

男性に比べて昇進・出世がしにくい

成果がわかりやすい営業職は、一般的に出世や昇進がしやすいです。

となると、営業職の女性も出世や昇進がしやすいと思うのですが、ことはそう単純ではありません。

結婚してご主人の転勤についていくために融通の聞く派遣社員や契約社員にならざる負えなかったり、

ご主人の転勤がなくても出産育児に伴う育児休暇で長期間の離脱を余儀なくされると、

どうしてもキャリアに空白ができてしまいます。

みんなでホームラン王を競っている中、自分だけシーズン途中で離脱するとなると

どんなに能力が高くても、ホームラン争いの上位にはいられません。

最近だと、女性タレントとかフリーの女子アナが育児休暇を取得した時、産後復帰が2~3ヶ月と異常に早いなと感じます。

恐らく離脱が長期になればなるほど、自分のポストをライバルに奪われる可能性があるので、多少無理をしてても早期復帰をしているのだと思います。

だがしかし、3ヶ月未満で営業職として職場復帰するというのは現実的ではないですよね。

営業職はただでさえハードワークなのに、小さい子の育児をしながらなんてほぼ無理ゲーです。

芸能人みたいに給料が高い仕事だとベビーシッターを雇い仕事に集中するなんてことが出来ますが、

普通の会社員の給料でそんなことをしたら家計は赤字です。

もちろん、奥さんがガンガン稼いで、ご主人が育児のウエイトを増やすなんてことも考えられますが、

男性の育児休暇取得に消極的なジャパンでは、そんな家庭は少ないですよね。

ちなみに僕が今まで見た女性の管理職は、

・子供を預けられる実家が近くにあった

・子供が居ない

・独身

というパターンでした。

そのため、出世しやすいとされる営業職であっても女性は昇進しにくいというのが現実なんですね。

女性の方が営業以外の職種に転職しやすい

理系の専門職でもない限り、男性は基本的に営業職になったら、部署異動でもしない限りずっと営業です。

ノルマや残業にウンザリして営業職以外の仕事に転職したいと思っても、中々未経験で雇ってくれるところはありません。

というのも、経理、総務、人事、大学職員とか

ノルマがない事務系の仕事は女性の方がなりやすいです。

実際、僕自身も色んな方の転職をサポートしてきましたが、女性の方が内定が出やすかったです。

以前、僕が職務経歴書を添削した女性は紳士服店の接客販売というノルマ地獄の営業から、未経験のWebデザイナーに転職しました。

>>祝内定!紳士服の販売職から未経験のWebデザイナーへの職務経歴書

もちろん未経験の転職は大変なことに変わりはありませんが、少なくとも男性に比べると難易度は低いでしょう。

営業職としてだと男性が比較的有利ですが、

どうしても営業の仕事が大好きとかでない限り、

女性は営業以外だと有利なので、そっちで戦ったほうがどう考えても得ですよね。

営業職は男女かかわらず卒業するもの

僕自身、きつい営業職に嫌気が差して営業職からの脱出を実現しましたが、

そんな僕から言えることは

営業職がきついと感じているのに我慢するくらいなら、さっさと辞めた方が良い

ということです。

もちろん、営業という仕事をすることで色んなスキルが身につけられるということは否定しません。

・モチベーションの有無に関わらず目標達成のために動くこと

・初対面の相手に自分の話を聞いてもらうこと

・将来に向けて色んな仕掛けを行うこと

・逆算して行動計画を立てること

今、僕がやっているブログ運営にも営業スキルは活きてるくらいですからね。

だがしかし、

営業職は男女かかわらず卒業するもので、いつまでも続ける仕事ではない

というのが僕の持論です。

というのも、

営業職というハードワークは気力、体力がある若いうちにしか出来ません。

ノルマや残業、クレーム対応などストレスだらけの日々を無理して続けても、心身を壊すだけです。

僕は銀行の新人営業マンをしていた時、30代40代の先輩のゴミ箱を片付けていると薬の殻が入っていることがよくあって、

気になってググってみると抗うつ剤でした。

彼らのように薬漬けになってからではもう手遅れですので、

一通り営業スキルを身に着けたのなら、次へ進むべきなのです。

たとえ、他の仕事をすることになっても、

顧客折衝や数字に向き合った経験がある人は強いのですから

今の仕事を辞めたら次はないかも…

と悩むくらいならさっさと別の仕事を探した方が良いわけです。

年齢が上がれば上がるほど転職は不利になるだけですからね。

>>【もうやりたくない】営業から転職して人生が好転した話

【もうやりたくない】営業から転職して人生が好転した話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

 

月ごとの投稿記事