悩める営業マンへ

【もうやりたくない】営業から転職して人生が好転した話

営業の仕事が向いていない
どうしたら営業以外の仕事に転職できるか知りたい
営業だけはやりたくない

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

「営業をもうやりたくない…」

しかし、

「どうやったら営業以外の仕事に転職できるのか分からない…」

と悩んだ人は多いはず!

実際に僕自身もずっと悩んでいましたが。

結局、

キツイ営業の仕事にウンザリして次の仕事決めずに半ば勢いで辞め、

営業経験しかないのにもかかわらず、

倍率30倍以上の壁を越えて大学の事務職に転職しました。

その結果、控え目に言って

営業職から脱出して人生が好転した

わけです。

営業を辞めてよかった 嬉しくて嬉しくて言葉にできない【厳選8】 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

今回は、

・嫌な営業職を続ける無意味さ

・営業職から脱出するための方法

を語る!

この記事を読むメリット

・営業の仕事を続けなくて良い

・あなたが恐れるリスクはリスクでなくなる

・人生が間違いなく好転する

 

営業からの脱出!転職して人生が好転した俺がその方法を語る

今僕はキツイ営業の仕事を辞めて大学では就職支援の仕事をしているのですが、

営業の仕事みたいに

ノルマも無ければ、

顧客対応もクレーム対応もしなくて良い

残業は完全にゼロって訳じゃないですが、

基本的に17~18時に帰るようにしており、

平日にジムに行く余裕が出来るようになりました。

控え目に言って

営業職から脱出して人生が好転した

わけですが、

ここでは

いかにして営業から脱出したのか

その方法について語る!

文系は営業しかない?営業以外の仕事もたくさんあるぞ!

営業を辞めたいと考えたとしても、

営業経験しかない場合、

どんな職種への転職が可能なのか、活かせるスキルは何なのかがわからず、

「何のスキルも無い文系には営業しか仕事が無い」

なかなか転職に踏みきれないって人もいるでしょう!

というのも僕がそうでしたw

しかし、

文系だったとしても

人事・採用

総務

大学職員

公務員

企画

経理

IT系(エンジニア・プログラマー)

Webディレクター

マーケティング

企画

 

などなど、営業以外の職種の選択肢は無数にあります。

ぶっちゃけ

こんなのほんの一部で

全部書いていたら朝までかかります。

そもそも、

日本には営業職(販売従事者)が800万人以上いるという統計があります。

日本の労働人口考えると

営業以外の仕事が大半であるという何よりの証拠である

文系の仕事は営業以外できないって就活や転職で諦めてる人が多すぎる 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

未経験職種は応募条件のハードルを下げれば全然狙える

ハッキリ言って

いきなり未経験からの上場企業の正社員への転職は無理ゲー

です。

なぜなら、

ライバルは間違いなく実務経験者だからです。

上場企業や大手企業の場合、給料や待遇が良く、

大手のバックオフィスの正社員の場合、応募が殺到します。

ですので、未経験者は、書類ではねられます。

実際、僕は未経験で人事に応募したら2時間で不採用の連絡が来ました。(早すぎww

この早さは間違いなくシステムで弾かれるようになっているからでしょう!

ですので、

・年収

・勤務地

・業界

・企業規模

・雇用形態(正社員かどうか

 

など

応募する企業のハードルを上げる必要があります。

営業職から未経験の職種に転職する時点で、年収はダウンする

僕は、大手電機メーカーでの法人ルート営業の仕事をしていました。

年収500万円越えで、同世代と比べても悪くないくらいの収入でした。

というのも、

営業職の給料って、人事とか総務とか管理系の仕事より高いことが多いです。

売上や利益に直結する部門であり、

ノルマという責任とプレッシャーもあるからってことなんですが、

また、

どんな職種であれ、ぺーぺーは給料が一番低い

ですので、

営業職から未経験の職種に転職すると年収は下がる

というのは覚悟していたわけです。

年収を200万下げたのに豊かになるという矛盾↓

【計画通り】転職で年収200万円ダウンさせたけど全く後悔してない ・転職して年収を下げるのは嫌だ ・給料が安い会社を辞めたい! ・転職失敗して、前の会社より酷い所に行きたくない ...

経験の無さはカバーできる

「確かに、何かした方が良いってのは分かるけど…」

「自分のスペックを上げるって、何をやればいいの?」

という疑問が出てくるはずです。

単刀直入にいうと

・行きたい業界、職種でトップクラスの人が書いた本を読む

・実際に働いている人に話を聞く

・関係する仕事の資格を取る

 

あなたが行きたい業界、職種の人が書いた本を読む

最低でも3冊、できれば10冊読んで欲しいです。

そうすれば、

求められるスキル×人間性

が見えてきます。

そして、

実際に働いている人に話を聞きに行って

・どういった所がキツイのか

・今、現場ではどのようなスキルを求められているのか

など、

本ではわからないリアルな話を聞くことが出来るので、

そういったエピソードを職務経歴書や面接に盛り込むことが出来れば、かなり強いです。

それに加えて

・仕事に活かせる資格を取る

が出来れば十分です。

なぜなら、

ライバルでここまでやってるヤツは、いないから

もちろん、

ライバルの中にも、資格を持っている人はいるでしょう。

しかし、

持っていた方が良いと思って資格を取りましたってやつより、

業界のトップの本や実際に現場で働いている方とお話しして、

こういったスキルが必要なんだなって思い、

未経験によるスキル不足を補うために〇△の資格を取りました。

って言えるヤツの方が説得力が違う!!

ちなみに僕の場合

・社外でのネットワークが広いので情報が沢山得られること、

・採用側に立つことで、企業が何を求めているのか、

どうすれば内定が取れるのかというノウハウをブログで提供していきたい

と言った理由から、人事の仕事を目指していました。

しかし、未経験なのでそのままやっても撃沈するだけでした。

そこで、

現役人事で、採用をやっている先輩に相談したら、

「キャリアコンサルタントは持っていた方が良いよ、国家資格になったばっかりで今は簡単だけど、いずれ社会保険労務士みたいに難しくなるよ」

キャリアコンサルタントとは、

2016年より国家資格となった資格で、キャリア悩んでいる人に対し、1人1人の悩み・課題にそったアドバイスを行う資格です。

ハローワークの就職相談員だけではなく、現役の人事・採用担当者の受験も非常に多いです。

 

僕は先輩のアドバイスから、このキャリアコンサルタントという

世間的にはマイナーな資格を取得し、

人事職ではありませんが、

30歳で営業経験しかなかった僕が、倍率30倍以上の大学職員になれました。

結果的に、無理だと言われていた、

営業からの未経験職種へのキャリアチェンジを実現しました。

営業から未経験の職種に転職するため戦略について語った記事↓

未経験の転職は20代まで?営業経験しかない30代が大学職員になれた話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

転職理由は、営業が嫌!から〇〇

営業だけはもう絶対にしたくない

と思ってもそれを退職理由として、そのまま伝えると…落ちます。

そうならないために、僕の退職理由をご紹介しましょう。

俺の転職理由

これまで、

法人のルート営業をしてきたのですが、

2名の人員削減にともなう業務効率化の社内整備や

冷夏でエアコンの売上が伸び悩む支店で、照明器具販売推進のリーダーとしてチームで目標達成を行った経験がありました。

①営業担当として個人で目標を達成することにもやりがいを感じていましたが、

それよりも周囲のメンバーと共に成果を上げたということの方に、強いやりがいを感じました。

こういった経験を通じ、人をサポートする、成長に携わる仕事がしたいと感じ、

企業の転換点に重要な役割を担っている人事職としてキャリアを形成しようと決意しました。

しかしながら、

②現職にジョブローテーションの仕組みが無かったこと、部署異動の希望が通らなかったことから、

今回、転職を決意しました。

 

人事って書いていたのは、募集していた仕事が人事ってだけで、

募集の職種によって、総務とか法務とか変えていました。(笑)

①営業担当として個人で目標を達成することにもやりがいを感じていましたが、

それよりも周囲のメンバーと共に成果を上げたということの方に、強いやりがいを感じました。

これは、要するに

営業が嫌になったわけじゃない!もっと好きなことを見つけたんだ!

僕の場合、業務効率化やチームマネジメントの経験だったわけですが、

・たまたま対応したイレギュラーな仕事が楽しかった

・基本的に外回りは嫌いだが、社内への折衝は何故かそんなに苦じゃない

っていうくらいの経験は誰にでもあるはずです。

そういった経験を活かして見事、念願の大学の事務職で内定を勝ち取ることが出来たわけです。

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

【転職理由】は営業が嫌!から〇〇、こうして俺は事務職になれた。 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

向いていない営業職を続けてもキャリアの足しにはならない

営業を続けていればビジネススキルが磨かれるから~

という意見もあります。

たしかに営業の仕事をしていると

・交渉力やコミュニケーション能力

・プレゼンテーション力・提案力

・トラブル対応能力

・目標・数値達成能力

 

といったスキルは身に付けることが出来ます。

僕自身も営業をやっていた経験があったからこそ、

こうして人様に読んで貰えるようなブログ記事が書けるようになったとも言えます。

しかし、

確かに対人コミュニケーション能力などビジネスに求められる要素を得ることは出来るかもしれませんが、

しかし、

これは営業以外の仕事でも、ある程度のキャリアを積んでいれば「身につけて当たり前」な能力です。

つまり、

みんなが言うほど営業の仕事はつぶしが効かない

スポーツにおいて、体力が大事だ!と思って、

ずーーっとランニングだけしても一生、試合で勝てないのと一緒です!

営業に向いていない人の特徴?向いているヤツなんて10人中1人だから気にするな↓

【甘えではない】営業に向いてない?向いてるヤツなんて10人に1人こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 いやー 営業の仕事ってホントに辛いですよね!!! ...

早く動かないと「営業職」から脱出が出来なくなる

みんなが言うほど営業の仕事はつぶしが効かない

むしろ、

営業を続けてしまったばっかりに未経験の職種へ転職できる可能性を狭めてしまう可能性

もあります。

僕は20代の時に個人営業から法人営業、30代になって営業から大学の事務職員へと計2回転職をしました。

20代の時は転職なんて楽勝と感じていましたが(営業から営業だしねw)

30代で想像以上に苦戦を強いられました。

転職に年齢は関係ない?30代で転職した俺が現実を教えてやる! ・もう30超えちゃったけど、この年齢でも転職できるかな… ・人生自分次第!年齢なんて気にしなくて大丈夫!…だよね? ...

その時の僕は、自信喪失して、何のモチベーションもわかず、

1ヶ月以上転職活動を休んだこともあります。

それほどまでに、

年齢が上がれば上がるほど

確実に転職の難易度は上がっていく

ということを思い知らされたわけです。




営業職は辞めてしまって良い!話はそれからだ!

僕が営業の仕事を辞めて転職したいと考えた時、まずは在職しながら次を探したのですが、

仕事しながら次の仕事を探すというのは想像以上に労力や負担がかかります

転職活動でやることと言えば、

・自己分析

・キャリアプランの構築

・企業研究

・自己PR

・履歴書(手書き?)

・職務経歴書の作成

・面接対策

・面接に臨むための時間と交通費の確保

 

など膨大な労力がかかります。

そもそも転職を考えるような職場というのは、

残業が多かったり、休みが少なかったり、しんどいからこそ転職がしたくなるのに、

仕事の疲れやストレスを回復するための貴重な自由時間を転職活動に回すのだから、

疲労やストレスを上乗せしてしまうだけで、長続きしない

「最近忙しいから、仕事が落ち着いてから転職活動を再開しよう

「良さ気な求人あったけど志望動機…考えるのだるい…明日にしよう

 

こんな感じで、

僕の在職しながらの転職活動が終了し、いつもの日常へと戻っていきました。

しかし、

このまままだと何も変わらない

と感じた僕は、

なんと

次の仕事が決まる前に営業の仕事を辞めました。

【実体験】次の仕事決まってないけど辞めると転職が有利になった話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

人によってはそんな僕を

リスクをリスクと思わない危ないヤツ

と思うかもしれませんが結果的に、

リフレッシュできたり転職活動に集中できたので、

営業経験しかないのにもかかわらず、

倍率30倍以上の壁を越えて大学の事務職に転職できました。

その結果、

営業の仕事みたいに

ノルマも無ければ、

顧客対応もクレーム対応もしなくて良い

残業は完全にゼロって訳じゃないですが、

基本的に17~18時に帰るようにしており、

平日にジムに行く余裕が出来るようになりました。

控え目に言って

営業職から脱出して人生が好転した

僕はこのブログで、

営業から別の職種に転職する秘訣を教えてくれ!

という相談をよく受けます。

そういった方々の本音としては、

次の仕事を決めずに辞めるリスクを取りたくない

っていうのがありました。

そんな感じで、

いきなり会社を辞めるのはハードルが高すぎるって人は、

マイナビエージェントがおすすめです。

おすすめの利用としては

・20代など若い世代の転職に強い(30代も利用可)

・営業職からノルマのない仕事への転職ニーズも答えてくれる

・求人を厳選して紹介してくれるので他の転職エージェントより手間が少ない

 

営業は肉体的・精神的に消耗が激しい仕事なので、

転職活動を自力でやろうとしても

疲労やストレスを上乗せしてしまうだけで、長続きしない

それに向いてないのに無理して続けても

体を壊したり精神疾患になってしまう可能性も十分にあります。

こんな取り返しのつかない状態になってからでは遅いです。

マイナビエージェントを登録してみることから始めて、

極力リスクを取りたくない人は、相談してみることから始めてみると良いでしょう。

マイナビエージェントへの登録はこちら>>

 

 

 

 

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です