転職とキャリアと

未経験の転職は20代まで?営業経験しかない30代が大学職員になれた話

もう絶対営業だけはやりたくない!
実務経験がないからどうしようもない
30歳を超えたら、キャリアチェンジは出来ない

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

転職において、

管理部門 ⇒ 営業

はイージーだけど

営業   ⇒ 管理部門

はベリーハード

 

という現実を目の当たりにした方が多いでしょう。

なぜなら前者は求人自体が多く、競争相手が少ない。

後者は求人が少なく、競争相手が多く、

しかも、実務経験を求められるから

もう2度と営業だけはやりたくない!

キャリアチェンジしたい!

と思っても、

営業経験しかない…

管理部門の実務経験が無い…

自分よりもやる気がなくて

ただ新卒で入った会社で運よく管理部門に配属されて

実務経験を積んだやつが難なく転職出来て、

俺の方がやる気あるのにと思っても、書類すら通らねぇ…

しかも、

未経験の転職は20代までが限界で、

20代までにキャリアチェンジ出来ないと

30代で未経験には行けない!

 

これって

もの凄く悔しくないですか?

僕は、

日本国民には職業選択の自由があるのでは?

とリアルに思っていました。

しかし!

そんな逆風が吹く中

営業経験しかない30代の俺が、

倍率30倍以上の大学職員になれた話

をしよう!

この記事を読むメリット

・面接官を能力を認めさせるテクニック

・営業経験しかなくてもライバルを蹴散らす方法

・未経験の転職は20代までが限界説を超える方法

未経験の転職は20代までが限界説は、本当か?

出典:doda 転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

転職支援サービスを展開するdodaは、利用者20万人の【転職年齢】を調査したところ、

2019年上半期の6カ月間に転職した人たちの

平均年齢は31.7歳で、

男性の平均年齢は32.6歳で、女性は29.8歳であったとのこと

転職する平均年齢が31歳なんだから、

未経験の転職は20代までが限界説なんか嘘だろ!

と言えるでしょう!

ただ…

可能性は【ゼロではないが、かなり低い】

という言い方が適切でしょう!

実務経験の壁は、あなたの想像以上に高い

一言で未経験といっても、未経験の業界への転職は職種が同じならそんなに難しくはありません。

しかし、

業界は同じであっても、

未経験の職種への転職はキツイです。

それはよく言われるように

転職においては、何よりも経験が重視されるから

です。

面接官のところに、何枚か履歴書が送られてきて、

経験がある人と未経験の人、両方いたら

経験がある人を選んだ方が無難だから

たったそれだけの理由です。

管理系の求人は特に人気なので、大量に応募があった場合、

未経験と分かった瞬間に履歴書はシュレッダー行きです。

しかも、

面接を通過させた理由を上司に報告する時

なんか良いなと思う人が居たとしても

「なんとなくフィーリングで!」

と言おうものなら怒られてしまいます。

しかし、

「経験が豊富なので通過させました。」

と言えば簡単です。

なので、

実務経験者より10歳以上若いとかじゃない限り、

実務経験がある人は圧倒的に有利なわけです。

じゃあ、面接の意味って何?って思うかもしれませんが、

面接官もサラリーマンに過ぎません。

残念ながら、

そこまで自分のパフォーマンスと決断に責任を感じている面接官なんて、

この国にはほとんどいません。

詳しくはこちらの記事で解説しています⇓

【キャリコンが語る人事の化けの皮】感じの悪い面接官なら秒で辞退だ! ・良さ気な条件だけど、面接官の態度が悪さが引っかかる ・面接官ってだけで、そんなに偉いのか? ・第一希望の会社か...

まさに、

実務経験という壁は

ネズミ1匹入り込めない鉄壁です。

未経験職種への転職の戦略は基本的に2つ

未経験の職種への転職、

特に営業から、

事務系・管理系(人事・総務・経理・法務・企画・マーケティング・大学事務)って

めちゃめちゃ倍率が高い 20倍・30倍なんて当たり前

もうこんな感じです。

そんな中

何の戦略ももたないのは、

武器も持たずに戦場に行くようなものです。

ここでは、

営業経験しかない30代の俺が、無事にキャリアチェンジした戦略についてお伝えしよう!

1.応募先のハードルを下げること

いきなり未経験からの上場企業への正社員での転職は無理ゲー

です。

なぜなら、

ライバルは間違いなく実務経験者です。

上場企業や大手企業の場合、給料や待遇が良く、

大手の事務管理業務の正社員の場合、応募が殺到します。

ですので、

未経験者は、書類ではねられます。

実際、僕は未経験で人事に応募したら2時間で不採用の連絡が来ました。(早すぎww

この早さは間違いなくシステムで弾かれるようになっているからでしょう!

ですので、

・年収

・勤務地

・業界

・企業規模

・雇用形態(正社員かどうか

 

など

応募する企業のハードルを下げる必要があります。

もしかしたら、

「妥協するなんて嫌だ!」

「上場企業の正社員になれるかもしれないだろ!」

っていう意見もあるかもしれませんが、

「良い求人無いかな~」

と、1年以上とか長期間、企業を探し続けるのは、

見つかる可能性はゼロじゃないけど…無謀です。

正直に言うと時間の無駄です。

それよりも、

条件のハードルを下げて、さっさと実務経験を積んだ方が、

可能性がめちゃくちゃ上がるので、

結果的に近道です。

しかも、

少なくとも今よりやりたい仕事をするわけなので、

プラスしかないですよ。

2.自分のスペックを上げること

「確かに、自分のスペックを上げるのは大切ってのは分かるけど…」

「スペックを上げるって、何をやればいいの?」

という疑問が出てくるはずです。

単刀直入にいうと

・行きたい業界、職種でトップクラスの人が書いた本を読む

・実際に働いている人に話を聞く

・関係する仕事の資格を取る

 

・あなたが行きたい業界、職種の人が書いた本を読む

最低でも3冊、できれば10冊読んで欲しいです。

そうすれば、

求められるスキル×人間性

が見えてきます。

そして、

・実際に働いている人に話を聞きに行きましょう!

・どういった所がキツイのか

・今、現場ではどのようなスキルを求められているのか

など、

本ではわからないリアルな話を聞くことが出来るので、

そういったエピソードを職務経歴書や面接に盛り込むことが出来れば、かなり強いです。

それに加えて

・関係する仕事の資格を取る

が出来れば十分です。

なぜなら、

ライバルでここまでやってるヤツは、いないから

もちろん、

ライバルの中にも、資格を持っている人はいるでしょう。

しかし、

持っていた方が良いと思って資格を取りましたってやつより、

業界のトップの本や実際に現場で働いている方とお話しして、

こういったスキルが必要なんだなって思い、

未経験によるスキル不足を補うために〇△の資格を取りました。

って言えるヤツの方が説得力が違う!!

 

ちなみに僕の場合

・社外でのネットワークが広いので情報が沢山得られること、

・採用側に立つことで、企業が何を求めているのか、どうすれば内定が取れるのかというノウハウをブログで提供していきたい

と言った理由から、人事の仕事を目指していました。

しかし、未経験なのでそのままやっても撃沈するだけでした。

そこで、

現役人事で、採用をやっている先輩に相談したら、

「キャリアコンサルタントは持っていた方が良いよ、国家資格になったばっかりで今は簡単だけど、いずれ社労士みたいに難しくなるよ」

キャリアコンサルタントとは、

2016年より国家資格となった資格で、キャリア悩んでいる人に対し、1人1人の悩み・課題にそったアドバイスを行う資格です。

ハローワークの就職相談員だけではなく、現役の人事・採用担当者の受験も非常に多いです。

 

僕は先輩のアドバイスから、このキャリアコンサルタントという

世間的にはマイナーな資格を取得し、

人事職ではありませんが、

30歳で営業経験しかなかった僕が、倍率30倍以上の大学職員になれました。

結果的に、無理だと言われていた、

営業からの事務管理業務へのキャリアチェンジを実現しました。

実務経験を倒すハッタリのやり方

転職を経験したことある人ならこんな思いをしたことあるハズです。

結局、

実務経験資格 だろ?

未経験可といっても経験者がやってきたらそっちを採用するんだろ?

それに、

経験者しか採用する気ないのに

「未経験歓迎で間口広げて、まず応募数を確保しよう」

「応募者が全然にいなかったら俺が怒られるし、気に入らなかったら良い人材がいなかったと言えば良いし」

と考える企業もいますし、

「未経験可だけど経験者の俺が行ったら内定貰えるんちゃうん?」

と未経験可の求人に申し込む人もいます。

まるで、公務員試験とかで、大卒なのに受かりやすい高卒対象の試験を受けるヤツみたいで、

ちょっとズルいなーと思うけど、

ぶっちゃけそういった実務経験者はザコです。

この記事ではそこまでカバーしてますので安心してください。

舐めるな!内定など取ろうと思えばいつでもとれる!

未経験の転職活動は、書類選考の時点で弾かれるし、中々決まらないです。

しかもいざ面接に行くと、

「いろんな所受けていたけれど、どこの会社にも採用されなかったのではないか」

という直球の質問を面接官からされたことがります。

これに対し僕はこう答えました。

実を言うと、

僕自身も、内定を取ることに囚われて希望と異なる会社を受けたことがあります。

幸い内定を頂いたのですが、

「どこでもいいから働こう」というのは違うと改めて思い、内定を頂いた企業には大変申し訳なかったのですが辞退いたしました。

私には、

たとえ時間が掛かっても自分のやりたい仕事ができる会社を見つけたい

という思いがあります。

ですので、今回、御社の面接に来ました。

 

つまり、

俺は、内定を取ろうと思えばいつでもとれる。

と伝えたわけです。

面接官に

「コイツ…やるのか?」

と思わせることが出来ますし、

こう答えて突破できなかった面接はありません。

経験のドーナツ化

先に言っておきますと、

僕はこの力を使って、

営業経験しかない30歳超えの僕が、

倍率30倍以上の大学職員になれたと言っても過言ではありません。

 

経験のドーナツ化とは

経験のドーナツ化とは、

みんなが知っているような一般論を捨てて、

普通の人は知らない、マニアックな深い話をするってこと

例えば、

今どきExcelが使えますよって言っても大したアピールにはなりません。

逆に、多くの人がExcelで普通の表計算しかできない中で、

「Excelでマクロ組めます」と言えば、ちょっと凄いってなりますよね。

それに

マクロ組める人が、VLOOKUPとかSUM関数が使えないなんて夢にも思わないし、

むしろ、

そこまでできるなら、WordやPowerPointとか大概のことは出来て、

PCスキル全体が高いだろうって思います。

つまり、

普通の人は知らない、マニアックな深い話をする

ことによって、

コイツは全て知っている、出来るのは当たり前

と見なしてくれます。

 

俺流!経験のドーナツ化

たしかに言いたいことが分かったが、実際どうやれば良いの?

って感じたはずなので。

僕の実例をお話ししましょう。

 

先ほどお話しした通り、

もともとは、人事を志して「国家資格 キャリアコンサルタント」を取得したわけですが、

キャリアコンサルタントとは、

2016年より国家資格となった資格で、キャリア悩んでいる人に対し、1人1人の悩み・課題にそったアドバイスを行う資格です。

ハローワークの人や人事・採用担当者だけではなく、

大学の就職相談員の人も多く受験しています。

 

大学職員になるための面接で、

「離職期間はどのように過ごしていたのか?」

と聞かれた時に

離職期間にキャリアコンサルタントの資格を取り、

ボランティアのキャリア相談をやったりしてて、

人の紹介で、国家資格の試験官をやっていました。

ですので、

学生の就職相談業務において大きく貢献できますし、

就職相談業務に付いている同僚がキャリアコンサルタントを取るとなった場合、経験を活かして支援やアドバイスが来ます。

つまり、

自分自身で成果を上げるだけでなく、チーム全体のレベルアップに貢献できます。

 

とアピールしました。

どの国家資格の試験でもそうですけど、

資格保有者の中でも実績がある人が試験管をやるのが普通です。

実は、

試験に参加する20代~30代のキャリアコンサルタントが全然いないため、

たとえば20代の人が相談に来たって設定なのに、相談者役を40代50代以上の方が担当しているケースがほとんどです。

そして、

管轄している厚労省から「そりゃ国家資格としてアカンやろ!」って試験団体に指導が入り、

急遽、20~30代の男性で試験管が出来る人が必要になって、

そこで、無職で時間に余裕があった僕に話が来ました。

大学教授とか、ハローワークとか企業の人事とかを何十年以上も活動している40代50代以上の人がいる中、

異例の抜擢をされたという背景があったわけですが、

実績がある人が試験管をやるという一般認識があるので、

キャリアコンサルティングとしての実績が、10年以上ある人と同じくらい十分にある

と採用面接官に思われて、

営業経験しかない30歳超えの僕が、

倍率30倍以上の大学職員に内定を取りました。





問われているの実務経験ではない覚悟だ!

新卒で、管理部門に配属されて実務経験を積めば、

転職なんてすぐに出来ます。

しかし!

そんなの運が良い一握りの者だけ、

そもそもジョブローテーションなんてない場合もある…

異動願いを出しても通らない

それだけ重いんだ…ファーストキャリアを営業職にしてしまうことは!

自分よりもやる気がなくて

ただ新卒で入った会社で運よく管理部門に配属されて

実務経験を積んだやつが難なく転職出来て、

しかも、

未経験の転職は20代までが限界で、

20代までにキャリアチェンジ出来ないと

30代で未経験には行けない!

 

俺の方がやる気あるのにと思っても、書類すら通らねぇ…

これって

もの凄く悔しくないですか?

だったら、そのやる気を示せばいい

ハッタリって聞くと、嘘をつくみたいで良くないって思うかもしれません。

もちろん嘘をつくことではありません。

俺に任せろ!っていう覚悟なんですよ。

あなたも管理部門の人間から

口の利き方知らないのか?と思うような、融通の利かない言動をされた経験があるハズです。

一方、あなたは営業や販売を経験してきてますから

相手を不快にさせる言動や上から目線の態度なんてしないですし、

というより、お客様は神様とか本気で信じてる無茶苦茶な客に比べたら、

自社の人間とのやり取りなんて可愛いものです。

社内の人間を味方にすれば仕事はしやすくなるし、

自然と結果は出ますよ。

だから、もっと自信をもって伝えて良いんですよ!

未経験の転職を実現するために、転職エージェントを道具として使った!⇓

転職エージェントがむかつく?俺がヤツらの本当の使い方を語る! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...

 

 

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

POSTED COMMENT

  1. 佐藤(仮名) より:

    はじめまして。
    自分の性格に嫌気がさして、「営業 打たれ弱い」と検索して、こちらのブログにたどり着きました。

    軽く私の自己紹介を。
    現在社会人1年目で、新卒入社した会社を3ヶ月で辞め、9月から転職しました。
    1社目は、高収入と独自の営業手法で有名な会社のグループで、営業でした。
    現在の会社は、IT系のソフト・ハードを開発・販売するベンチャー企業の営業です。

    今回メールをお送りしした理由は、「自分はやはり営業に向いていないのかな」という感情が湧き上がってきたからです。
    新卒で入社した会社が、新規開拓とテレアポメインで長時間労働であることは重々承知の上でしたが、毎日のように100件近く電話で断られ続けることが、この上なくストレスに感じていました。一月半ほど続け、最終的には毎朝の吐き気と帰宅後の号泣が止まらない状態に陥り、退職に至りました。
    逃げるようにして今の会社に就職しましたが、こちらでも今週からテレアポをやりはじめました。前職から時間を開けたから大丈夫だろうとたかをくくっていましたが、電話をかけて断られることを想像するだけで、吐き気と胃の痛みに襲われる状態です。
    まともに半年も働いていないのに、自分には向いていないなどと甘えたことを申しますが、営業を続けるにしろ諦めるにしろ、現状をどうにかしたいと思いメールをしました。

    余談ですが、学生時代には「悩みを抱えている人に、相談に乗ることで直接、役に立てる仕事をしたい」という思いから、営業を選びました。過程では、心理カウンセラーやキャリアコンサルタントにも強く興味を持ちましたが、結果的には営業を選んだ次第です。

    冗長で拙い内容の文章で恐縮ですが、何かしらのヒントや気づきをいただきたく、ご連絡差し上げました。少しでも管理者様のブログのネタになればと思っております。

    お手すきの際にご返信を頂けますと幸いでございます。

    • ALLOUT より:

      佐藤さんへ

      コメントありがとうございます!

      新規開拓とテレアポで断られまくるとマジで心が折れますよね…

      僕は新卒で地方銀行に入社したのですが、

      顧客を開拓するためにひたすら

      電話電話電話…

      ピンポンピンポン…

      やっと話ができそうだと思っても

      「そういうことなら結構です」と言われて即終了…

      また最初からやり直し…終わりの見えない地獄…

      というのを僕も痛いほど気持ちはわかりますよ。

      佐藤さんは、

      学生時代には「悩みを抱えている人に、相談に乗ることで直接、役に立てる仕事をしたい」という思いから、営業を選ばれたとのことでしたが、

      どちらかというと、相手とじっくりと関係を築いていきたいタイプなのかなと感じます。

      とはいえ

      営業を続けるにしろ諦めるにしろ、現状をどうにかしたいとのことでしたので、

      僕が佐藤さんの立場で取るだろうと考えた、行動を何パターンか提案します。

      ※僕自身もめちゃめちゃ悩んだ経験があって、全部話すと長くなっちゃいそうなので所々、参考記事をいれてます。

       

      ①徹底的に自分を甘やかす

      まず最初に考えて欲しいのはこちらですね。

      アポや契約を取れって言われてる中、断られまくると

      終わりの見えない感じがして、つらいですよね。

       

      バスケットボールのゴールは適当な高さにあるからみんなシュートの練習をします。

      あれが百メートル上空にあったら、誰もボールを投げようとすらしないでしょう

      いわば、

      アポとか契約を取れ!は、100m上空にあるゴールなのです。

      テレアポでも「適当な高さ」のゴールを自分で作る必要があるのですよ。

      僕が実際にやっていたのは、

      今日の目標は、合計180秒会話する。

      達成出来たらラーメン食べて帰る

      酒を買って帰る

      とか

      小さな目標を設定して、達成出来たら過剰なまでの自分へのご褒美を用意する

      ってことで、

      「結構です!」ってガチャ切りされても

      (お!今回は3秒も話が出来たぞ!w)

      (次は、なんと10秒も稼げたぞ!あと40秒で今日はアガリだ!)

      これにより

      とりあえず秒数さえ稼げればOKなので、断られたとしてもダメージが少なくなった経験があります。

      (よし、今週トータル1時間話ができたら新作のゲームを買おう!)

      みたいに、達成するごとに目標をちょっとずづ上げていく方法があります。

       

      それに電話の相手は、佐藤さんのことを嫌いになったわけではありません。

      たまたまタイミングが合わなかっただけです。

      YouTube観てて広告動画が流れたらスキップするでしょ?

      相手は、あんな感覚です。

       

      ②新規ではなくルート営業をやる

      ただ、

      どうしても吐き気と胃の痛みにが治まらない。

      テレアポは克服したが、上司からのノルマの詰めがエグい。

      ってのが依然として続いてしまった場合は、

      【新規開拓の営業が合っていない可能性が高い】

      別に佐藤さんが悪いわけではありません。

      僕も新規開拓の営業が合っていなかったので転職しましたから。

       

      それに、佐藤さんは

      テレアポでつらい思いをしたけど、また営業の仕事に転職したってことは、

      営業の仕事自体に何か惹かれるものがあったのではないからでしょうか、

       

      新規開拓の営業って

      売ってしまったら、また次のお客を探していく

      という焼き畑農業的な側面があります。

      一方、ルート営業の場合、新規開拓とは違い

      既存の取引先とじっくりと関係を深くしていきます。

      もちろん、

      ルート営業は新規開拓やテレアポは無いってのは確かに本当です。

      僕は実際にやっていましたから、

      ですが、

      ・合わないと感じる顧客にも会いに行かないといけない

      ・前任者の上司や先輩が口出ししてきて、自分の自由に出来ない

      とか、新規開拓営業には無いしんどさもあります。

       

      恐らく、このブログに来るまでに

      営業が嫌だと思うあなたこそ♪ルート営業に転職したら安心♪

      という記事を見たことでしょう!

      ですが、

       

      参考に、ルート営業にはルート営業の辛さもあるってのは、経験者として伝えておきます。

      僕が法人ルート営業をしていた時の記事で、

      >>俺は【大嫌いな奴】に「ルート営業は楽すぎワロタw」とおすすめする

      転職するかは別にして、少なくとも読んでおいて損はないです。

       

      ③営業以外の仕事を探す

      色々考えたがやっぱり、もう営業はしたくないなとなった場合、

      まぁ、僕はこれでしたね。

       

      もともと佐藤さんは

      「悩みを抱えている人に、相談に乗ることで直接、役に立てる仕事をしたい」という思いがあって、営業を選びました。過程では、心理カウンセラーやキャリアコンサルタントにも強く興味を持ちましたが、結果的には営業を選んだ次第です。

      とおっしゃっていましたね。

      確かに、

      営業は相手の課題解決のために商品・サービスを提供する仕事です。

      ですが、

      人とかかわって、役に立てる仕事は営業職だけではありません。

      ・採用人事として、優秀な人材を採用する

      ・大学で学生の就職支援をする

      ・総務として、一緒に働く社員が働きやすい環境を作る

      っていのも

      人とかかわって、役に立てる仕事です

       

      例え短期離職だとしても、

      正社員に拘らず、契約社員や派遣社員であれば、未経験職種、転職は容易です。

      契約社員や派遣社員で実務経験経験を積んで、正社員として転職するっていう方法もあります。

      詳しく解説した記事はこちら⇓

      >>【計画通り】転職で年収200万円ダウンさせたけど全く後悔してない

       

      確かに僕は、30歳で営業経験しかなく、

      キャリアコンサルタントの資格と活動を活かして、

      営業職から大学職員へキャリアチェンジ出来ました。

      しかし、

      人事や総務職で、

      資格あるなし関係なく、あと3歳若ければ採用していた…

      と言われたこともあります。

       

      まともに半年も働いていないのに、自分には向いていないなどと甘えてるかもっておっしゃっていましたが、

      佐藤さんには、絶対的な武器、【若さ】があります。

       

      営業はつらい仕事です。

      続けて実績を叩き出し、自信をつけるのも良いですし、

      どうしても我慢できなければ、別の方法もある

      ってのが僕からのメッセージです。

       

      僕も色々思い出すことがあり、ここまで長々とお伝えしましたが、

      もし疑問や分からないことがあればまたご返信頂けたら幸いです。

       

      最後に、僕が編み出した我慢の限界を図る方法をご紹介しておきます⇓

      >>タイミングが大事?会社を辞める決断が出来ない人に欠けているもの!

       

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です