面接・自己PR

俺は圧迫面接されたら帰る、更にその会社を圧迫し返すー回避法も解説

第一希望の会社に行ったら圧迫面接だった…
やばい会社の特徴って何?
そもそも圧迫面接に行きたくない

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

「その志望動機だったらウチの会社じゃなくても良いよね?」

「君を採用して弊社に何のメリットがあるのでしょうか?」

「何で他の会社で落ちた君を採用しないといけないの?」

 

などなど

就職活動や転職活動で時たま遭遇する

圧迫面接

僕も就活していた時に、圧迫面接を受けたことがあり、

「てめぇ、ふざけんな!」

と言いたくてもグッと堪えて

家に帰って布団に入っても、

悔しくて眠れない夜もありました。

だがしかし、

僕はこれまでの仕事や国家資格の試験官の仕事で、

これまで現役の人事・採用担当者の受験者を何人も見てきました。

その結果導き出した結論は、

圧迫面接をするヤツは例外なくクソ

ってことです。

今回は

圧迫面接されたら帰るべき理由

圧迫面接をしてきた会社に仕返しする方法

もちろん、

圧迫面接行かなくて済む回避法

について語る!

この記事を読むメリット

・調子に乗った面接官にスカッと反撃が出来る

・圧迫面接するようなレベルの低い会社に入社せずに済む

・そもそも圧迫面接に行かなくて済む

俺は圧迫面接されたら帰って仕返しをする、それが唯一の正解だから

よく就活アドバイザー?たちが

・ストレス耐性を見てるだけ

・予想外の事態に遭遇した時に冷静な対応が出来るか

・面接官はあなたのことが嫌いで圧迫面接をしているわけではない

 

などと

圧迫面接することの妥当性を説明していますが、

って感じですね。

ストレス耐性を見るのであればもっと別の方法があるハズですし、

仕事が違えば発生するストレスの種類が違うにもかかわらず、

ストレス耐性を図る方法が圧迫面接で応募者を詰めるだけというのはどう考えてもおかしい。

正直、面接官が圧迫面接で日ごろのストレス発散をしているとしか思えません。

また、予想外の事態に遭遇した時に冷静な対応が出来るかを見るために圧迫面接をする

ってことは、

ちょいちょいパワハラするけどお前が我慢すればいいだけだ

って言っているようなものです。

たとえ内定をもらったとしても入社してからも嫌な思いをするわけで、そんな会社誰が行くんですかって話です。

一方で、圧迫面接をしている自覚がなく圧迫面接をしてしまっているという面接官もいるそうです。

本人は悪気はないからと言いたいのでしょうが、そんなサイコパスがいる職場で働きたくありません。

圧迫面接されたら、仕返して企業を圧迫しろ!

圧迫面接をされたら、たとえ内定をもらったとしても行かないべき!

しかし、

やられっぱなしじゃ終われねぇ!仕返ししたい

と考える人もいるでしょう!

意外にも僕は圧迫面接された時は、その場で言い返すような真似はしません。

なぜなら、

仕返しとして弱いからです。

むしろ、積極的にネガティブな発言を聞き出すでしょう!

なぜなら、

面接官が絶対に言ってはいけない言葉があるからです。

面接のNGワードを聞き出して労働局に突き出せ!

実は

面接で、面接官が聞いてはいけない質問

というのがあります。

全部は多すぎるので一部だけご紹介します。

面接で聞いてはいけないNG質問

(1)本籍地に関すること

Q あなたの本籍地どこですか?

Q あなたのお父さんやお母さんの出身地どこですか?

(2)住居とその環境に関すること

Q 自宅どの辺ですか?

Q お父さんじめからそこに住んでいるんですか?

(3)家族関係・家庭環境に関すること

Q 家族構成を話してください?

Q お父さん(お母さん)がいないようですが、どうしたのですか?

Q 両親(父親・母親)はどんな人ですか?

(4)家族の職業・家庭の資産に関すること

Q あなたのお父さん(お母さん)は、どこの会社に勤めていますか。役職はなんですか?

Q あなたの家族の収入はどれくらいですか?

(5)思想・信条等に関すること

Q あなたの家庭は、何党を支持していますか?

Q 尊敬する人物を言ってください?

Q あなたは、どんな本を愛読していますか?

(6)一方の性に限定しの質問

Q 今、つきあっいる人いますか?

Q 結婚の予定ありますか?

出典:厚生省熊本労働局/公正な採用

 

たしかにこれ聞いちゃいけないよなと思うこともありますが、

なんでダメなの?と思うものまであります。

もちろん、

圧迫面接官は平気で違反質問をしてきます。

ですので、

それを自分が住んでいる都道府県の労働局に電話して、

「◯△という会社の面接で✕△という質問をされました。」

通報します。

ちなみに違反質問をすると

労働局から改善命令が出たり、

改善されていなければ罰金30万円

という中々のペナルティが課されることがあります。

つまり、

圧迫面接をしてくる会社にこれ以上ない仕返しが出来るわけです。

面接は録音して証拠に残す

圧迫面接で違反質問をされたとして

何を言われたか一言一句正確に覚えている人はいないハズです。

これでは証拠として弱いので、労働局も動いてくれない可能性が高い。

それに、圧迫面接をしてくるような会社は

「ウチはそんなこと言ってません」と平気でシラを切るでしょう。

ですので、

面接を録音しておく必要があります。

僕は面接の時にスーツの内ポケットにボイスレコーダーを入れて、面接官に黙って録音していました。

「こっそり録音してるのがバレたら…訴えられるかも」

と不安に思う人の為に参考のリンクを張っておきます↓

参照:プレジデントオンライン/就活の面接「こっそり録音」は違法なのか

スマホにも録音機能がありますが、マナーモードにしていたら電話が鳴ってしまう可能性があるのでリスクが高い。(面接がある度に、毎回設定し直すのも手間)

僕が使っていたのは

OLYMPUS VP-15

というペン型のボイスレコーダーです。

使ってみて一番良かった点は、

ちゃんと録音しているという安心感でした。

その前は、ビックカメラで売れ筋のペン型のICレコーダーを使っていたのですが、

電源を入れて起動させてからじゃないと録音ができないので、

ちゃんと録音できているか心配でした。

というのも面接官の目の前で、ボイスレコーダーがを取り出して、

ちゃんと作動しているか確認するわけにもいかないですから

しかし、

OLYMPUS VP-15の場合

ワンタッチで録音開始でき、スイッチの感触で録音中かどうか分かるので、

わざわざ取り出して確認する必要は無い

面接中に「録音してなかった!」と気づいてからでも、0.5秒あれば録音開始できるので、

ペンやハンカチを取り出すフリして、録音開始できたりなど、安心感が違います。

そもそも圧迫面接されたくない人へ

そもそも圧迫面接に行きたくない

という人はいるでしょう。

僕もそうですw

とはいえ、求人票やホームページを見ても圧迫面接があるかどうかなんてわからない。

そもそも良さ気だなと思って応募したわけで…

しかし、

万策尽きたわけでは無い!

転職会議で圧迫面接を回避せよ!

転職口コミサイトの転職会議は

口コミサイトの中でトップクラスに

面接体験談が充実している

という所です。

たとえば

こんな感じで、赤裸々な口コミが見られるのも

膨大な情報が掲載されている転職会議だからこそでしょう!

こうして、転職会議の面接体験談を見ておくことで

圧迫面接がある会社かどうかを事前に把握出来るわけです。

【転職会議】への登録はこちら>>

口コミサイトに無い場合は、弁護士保険で自衛せよ

面接する企業の情報が転職口コミサイトに無い場合も考えられます。

中小企業はともかく、そこそこ大手企業であっても面接の情報が無いってのは結構あります。

事前に情報がなければ出たとこ勝負になりますので、必然的に圧迫面接官に遭遇する確率は高くなります。

最近では弁護士保険という便利なサービスもありますので、そちらを使って自衛しておくってのも一つの方法ではないでしょうか。

弁護士保険とは

月額数千円で、パワハラやセクハラ被害に遭った時の弁護士の相談費用、裁判費用をサポートするサービス

圧迫面接を受けたくらいで裁判なんて…

と思うかもしれませんが、

「弁護士保険に入っているから、万が一何かあっても安心」という後ろ盾があるだけで、相当強気に面接に臨めます。

それに、自分が偉いと勘違いして圧迫面接をしてくるような小狡い人間ってのは、

言い返してこなさそうな人を選んでやっているところもありますので、圧迫面接を回避することにも繋がります。

仮に圧迫面接官が舐めた口を聞いてきたとしても「弁護士保険に入っている」ことを伝えたら、間違いなくビビって丁寧な言葉づかいになるでしょうし、

圧迫面接官に対してキレて帰るにしても最後に「弁護士保険に入っている」ということを匂わせれば、

圧迫面接官
圧迫面接官
もしかして録音したデータとか使って訴えられるかも…やばい…

となるでしょう。

実際に訴えを起こさなくても、圧迫面接官に恐怖で眠れない日々をプレゼントすることが出来るので、これ以上ない仕返しになります。

俺
圧迫面接をしてくるような会社には入社しないんだから、好き勝手暴れたらええねん

弁護士保険の中でも「Mikata」は2013年から運営していて実績もあり

・体罰、いじめ、近所トラブル

・浮気、不倫、離婚

・痴漢冤罪、交通事故、医療過誤

と、仕事だけでなくプライベートでも起きる可能性のあるトラブルであっても、24時間365日対応出来るそうで、サポートの幅も広いです。

まぁ、保険に入る入らないは別にして、資料請求をしておくだけでも、

いざとなったらこういう手段も行使することができるとなりますし、

面接も強気に臨めるようになるのではないでしょうか。

>>資料請求(無料)はこちら

 

 

月ごとの投稿記事