人間関係

会社の同期に4,000円カツアゲされて、人生が豊かになった話

最近、読者さんと話すと

「意外と優しいんですね!」

とよく言われます。

というのも

ブログ記事ではズバズバと物申してる感があるので、オラオラ系の人ってイメージがあるみたいです。(笑)

実は…

それくらいオラオラな僕でも、

成すすべもなく、4000円をカツアゲされた過去があります…

同期の飲み会が何よりも面倒くさかった

僕は新卒で地方銀行に入社しました。

銀行に入社して3ヶ月は同期と共に、研修所の泊まり込みの研修を受け、

3ヶ月たって晴れて、各自配属されたのですが、

配属された後に、毎週のように同期の集まり(飲み会)がありました。

最初のうちは、何にも思わず参加していたのですが、だんだん面倒くさいなと感じるようになってきました。

というのも

飲み会での話題が他所の支店の人間関係がどうだとか、誰々がやらかしたとか、建設的な話がほとんどなく、全く刺激がない。

ハッキリ言って、つまんない!

しかし、

あの頃はまだ、

ホントは地元の友達と遊びに行きたいけど、

みんな行っているから行かないと付き合いが悪いヤツと思われそうでマズいよな…

と渋々参加していました。

金だけじゃなくて、時間も奪われてたまるか!

ある土曜日、

夜からまた同期の飲み会があるということで、

僕と同じくアンチ同期会の同期と午前中2人で遊んでいたんですが、

やっぱり行きたくねぇな!同期の飲み会断ろうぜ!

会費の4000円もったいねぇし!

というテンションになり、

幹事の女性の同期に当日キャンセルの電話をしました。

したら僕らにこんなメールが届きました。

お店にさっき電話したら

当日のキャンセルできなかったので、

4000円ずつ払って下さい(。-_-。)

お願いします!

振り込んでくださいー!

口座番号 30866022です!

 

いやいや、

当日キャンセルしたら、コース料理の分は払うつもりだけど、

全額払うなんて聞いたことないと思って、お店に電話すると、

まだ料理の仕込みしてないので、そもそもキャンセル料は発生しません

とのこと

あの女やりやがった!汚ねぇ真似しやがる!

飲み食いしてないのに4000円払うなんて嫌だと言う同期を横に

なぜか…

僕は4000円払うと言いました。

4000円払ってしまえば、

次から「なんで来ないんだ?」と嫌味を言われたとしても、

幹事の女に嘘つかれて、4000円巻き上げられたという事実を突きつけて断ればいい!

つまり、

もう二度とこのくだらない飲み会に行かずに済む

だから、4000円払ってでも俺は行かない!

金を奪われた挙句、せっかくの休日の時間も奪われてたまるか!

 

とあまりにも僕が熱く語るので、

その同期も4000円振り込んで、

飲み会には参加せず僕ら二人は焼肉に行きました。

この日食べた焼き肉の味は、

今でも忘れられないほど美味しかったです。
[the_ad id=”5201″]

何かを変えるには痛みを伴う

もしかたら、

「いやいや、4000円なんて払うだけ無駄だろ、普通に断れよ」

と思う方もいるでしょう。

しかし、

一見無駄とも思えるこの4000円を払う行為が無ければ、

ホントは行きたくないけど周りの目を気にして渋々参加してしまう

というマインドは変えられなかった。

この経験だけでなく、

たとえば、

・ダイエットのために運動して、筋肉痛になる

・ブラック企業を辞めて、転職活動に専念する

・1円も稼げなくても、1年以上ブログを更新し続ける

・YouTuberとして顔出して発言する

というように

何かを変えるには痛みを伴う

ってのが僕の持論です。

最後に、

2人とも4000円振り込んだ後、

いつかこの経験は絶対に何かのネタになる

そうなれば4000円なんて安いものだ

と話をしていたのですが、

数年後にまさかこうして、

ブログで記事にすることになるとは思いもよりませんでした。

痛みを伴うとしても、

何かを変えることが出来れば、

それ以上のリターンが待っている

と改めて感じます。

次が決まっていなのに退職するとはいえ、

あなたが思ってるほどの痛みは無いよって話⇓

【実体験】次の仕事決まってないけど辞めると転職が有利になった話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

 

月ごとの投稿記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です