上司・パワハラ

怒られやすい人は出世しやすい→そんな会社は3秒で辞めるべき理由

優秀なのに何故怒られるのか?
出世したら怒られなくなるのか?
怒られるのは甘んじて受け入れたほうが良いのか?

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

仕事で怒られると凹みますよね。

シンプルにムカついたり、自分のダメさにウンザリするなど

いいことまるでなしなんですが…

こういった悩みでネットを検索すると、

優秀な人でも怒られるし、逆に怒られやすい人は出世しやすい!

とまで言われています。

僕は、この「怒られるのはむしろご褒美だ!」的な意見について全面的に反対です。

今回は、

怒られやすい人は出世しやすい会社なんて3秒で辞めるべき理由

を語る。

この記事を読むメリット

・理不尽に怒ってくる上司をガン無視できる

・したくもない出世のために怒られなくて済む

・怒号が飛び交うクソみたいな職場からオサラバできる

怒られやすい人は出世しやすい→そんな会社は3秒で辞めるべき理由

たとえば、

・挨拶しない

・時間を守らない

・備品をぶっ壊す

ってんなら怒られても仕方ないかなと思いますが、

本当に怒られるということに正当性があれば、こんなに大勢の人が悩むわけがありません。

怒るという行為は最も幼稚なマネージメントである

令和になった今でも、怒る、詰めるという文化が根強く残っています。

古い体質の企業だけではなく、ベンチャー企業でも怒る・詰めがデフォのところは非常に多いです。

こういった現実に対して、

「これは怒っているんじゃない!叱っているんだ!」

「怒ると叱るは違うんだ!」

と怒ったり詰めたりすることを良しとしようとする風潮があります。

百歩譲って、怒るという行為に正当性があって、怒られた側が反省したり、納得するものであればよいのですが、

怒られた側からすると、

・ムカつく

・やる気が失せる

基本的にこの二択しかありません。

冷静に考えて、怒られた時より褒められた時の方がやる気になりやすいし、

怒る指導より褒める指導の方が恨みを買いにくいです。

人を褒めるのなんてお金がかかるわけでもないのにもかかわらず、上司の指導は怒ることありきなんですよね。

正直、上司という生物は部下を褒めたら死んでしまう病なのか?って思うレベルです。

こういった連中の言い分としては、

「よく人を褒めたら調子に乗ってしまうから良くない」

って言いますが、調子に乗った時だけ怒ればいいだけです。

実際のところ、思い通りにならないと感情任せに怒り、

~すれば怒られる

~しないと怒られる

っていう恐怖心植え付けておいて

「怒られたくないからやる」

って感じで、無理くり相手をコントロールしようとしているだけです。

以前、見たテレビ番組で元不良の人が、

ヤンキーの目的は「怖がられること」と話していました。

というのも、

怖がられれば、道を歩いてもみんなが道を開けてくれるし、誰もが言うことを聞いてくれるので、怖がられることはメリットがかなり大きいと言っていました。

そして、怖がられるために、とにかく大きな声で怒鳴って、はったりカマして相手をビビらせようとしていたそうです。

簡単に楽して良い思いをしようという、いかにもヤンキー的な発想ですw

このやり口って怒る上司と全く一緒なんですね。

良い年齢した社会人が不良みたいな真似をしている時点で相当ダサいし、

怒るという行為はヤンキーレベルの最も幼稚なマネージメント方法なわけです。

こういったクソ文化が古い体質の企業だけではなく、ベンチャー企業でも見られるというのは、

時代がどうこうとかではなく、単純にそこの上司に管理職としての能力がないってだけです。

結局、いくら出世しても怒られる

優秀な人でも怒られるし、逆に怒られやすい人は出世しやすい!

と言われています。

たしかに、怒られても従順に従っていれば人事評価が上がって、出世しやすくなるかもしれません。

だがしかし、

出世したからといって、怒られなくなるというわけではない

というのも、

自分が出世するということはクソ上司も出世することです。

年功序列が崩壊したとはいえ、

平社員から係長へ、係長から課長へ、課長から部長へとステップアップしてくもので、

日本の会社で飛び級というのはほとんどありません。

課長が部長になって、空いた課長のポジションに下の人間の誰かがなります。

つまり、

自分の上司はもっと上の役職になっているわけで、

永遠に上司を追い越すことは出来ないわけです。

となると、力関係は変わらず怒られ続けるわけです。

それに、出世すると仕事の責任が重くなります。

となるとクソ上司からのプレッシャーは増すばかりで、

「間違っているのはお前だ、我部長ゾ!」

「誰のおかげで課長になれたと思っているんだ!」

と、どんどんエスカレートしていだけです。

怒られやすい人が出世するのは害悪でしか無い

そもそも、

「優秀な人でも怒られるし、逆に怒られやすい人は出世しやすい!」

「怒ると叱るは違うんだ!」

って風潮が強い原因は、

実際に怒られて出世した人が言っているからなんでしょうが

怒られやすい人が出世するのは害悪でしか無い

怒られて出世した人は管理職となって初めて部下を持つわけですが、

いきなりマネージメントしろと言われても難しいので、

「俺は怒られて耐えて出世したから、とりあえず、部下にも俺の時と同じように怒ってやればええんや!」

と、俺も苦労したんだから、お前も苦労しろ!と言わんばかりに、怒鳴り散らすようになります。

自分が怒られてしんどい思いをしたにもかかわらず、それを平気で人にしてしまうわけです。

そして、怒られた部下はやがて出世していき、

「俺も怒られて出世…(以下略」

となり、強いものは弱いものを、弱いものはより弱いもの怒鳴り散らす、

怒りの連鎖が生まれるわけです。

だからこそ、

古い体質の大企業では未だにパワハラ体質が抜けないし、

そういった大企業出身のベンチャー企業経営者が大企業のサラリーマン時代の怒りの連鎖を受け継いでいるからこそ、

新進気鋭のベンチャー企業にもかかわらず、

怒鳴る、詰めるといったマネージメントが横行しているんですね。

怒られてまで出世したくない

「怒られやすい人は出世しやすい」

と言われたところで、そもそも、出世ってご褒美じゃないです。

責任と仕事量が増大するのに、大して給料上がらないし、

何なら、管理職になると残業代がつかなくなるので、出世する前より給料が下がることが全然あります。

怒られても耐えれば出世できるぞ!って、

言い換えれば、

「今我慢すれば、将来もっとツライ思いをさせてやるぞ!」

って言っているようなものです。

世の中には、

「言われるうちが華だ!」

「怒られ無くなったら、それこそおしまいだ!」

とパワハラ肯定派の脳筋共が未だに多いです。

だがしかし、

怒られるのを必死で耐え続けても、大した見返りはないし、

うつ病とかになって仕事を続けられなくなってしまったら本末転倒です。

怒鳴られても、仕事を適当にやって、

相手が「こいつに言っても無駄だ」と怒られないようにするという方法もありますが、

こういった鋼のメンタルを持っている人は少数派ですし、その間、怒られ続けることさえもしんどいですよね。

なので、

怒ることでしか人をマネージメントできないダメ会社には

さっさと見切りを付け、転職すべきなんですね。

怒られない会社へ転職したい人はこちら↓

>>隠れ優良企業の探し方?君に探せるレベルなら隠れてないぞw

隠れ優良企業の探し方?君に探せるレベルなら隠れてないぞw 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...

 

月ごとの投稿記事