メンタル

有名になりたい病の君!何者かになりたいなら金を稼ぐしかないぞ!

有名になってお金持ちになりたい
今とは違う何者かになりたい
なんでもいいから有名になりたい

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

このブログを運営してまる3年たち、

お陰様で、月間PV10万超えを達成することが出来ました。

10万PVくらいになってくると

・ALLOUT ブログ

・ALLOUT 転職

といったブログ名で検索してもらうことも増え、

このブログも有名になったもんだと感じる今日このごろです。

一昔前だと有名人と言うと

芸能人やアスリートといったいわゆる手が届かない違う世界の人ってイメージでしたが、

インターネットやSNSの発達により、無名の一般人がYouTuberやインフルエンサーとなり、有名人になったり、お金を稼ぐようになってきました。

また、終身雇用制度も崩壊し、大企業でも平気でぶっ潰れるようになりました。

「いくら出世してもリストラや倒産で会社の外を出たらただの人!」

「このご時世、会社の看板に頼るな!ブランド人になれ!」

なんて風潮も強く、

こんな不安定な時代だからこそ多くの人が有名になることで成功や幸せを手にできると考えてしまいがちです。

だがしかし、実際にブログが有名になって思うことは、

有名になりたい病を治すためには、金を稼ぐしかない!

これに尽きる。

この記事を読むメリット

・フォロワー集めがバカバカしくなる

・SNSで時間を浪費しなくて済む

・クソリプ、誹謗中傷に怒ったり悩まずに済む

有名になりたい病の諸君!何者かになりたいなら金を稼ぐしかないぞ!

「安定などない時代だからこそ、個人で有名になって影響力を持たなければいかない!」

こういったインフルエンサーたちの言葉を真に受け有名になりたい病になってしまい、

やたらと有名人と繋がりたがる人やSNS映えに必死な人を冷ややかな目で見る人も多いのも事実です。

だがしかし、

有名になりたい病のヤツは痛いと片付けるだけでは何の解決にもならない

有名になりたいって人は、まず有名になることの功罪を知ってほしい

① 有名になった後にどうするの?

ブログが10万PVくらい行くようになると

クローズドの案件依頼がきたり、公開案件でも特別単価を出すので取り扱って欲しいという依頼が来るようになります。

また集客にも困らないので、

逆に自分が良いと思わない案件や嫌な取引先を華麗にスルーする事ができます。

そして、結果的にもっと気持ちよく取引できるようになり、仕事のクオリティをどんどん上げることが出来ます。

なのでもっとブログも伸ばしたいし、SNSのフォロワーが増えたら良いなとも思っています。

反対に、実績がない人や仕事がない人はたとえ単価が低くても引き受けざる得ませんよね。

なので、有名になって集客や取引先を充実させていきたいってのはわかる。すげーよく分かる。

だがしかし、

有名になりたいって人は多いけど、自分の商品やサービスを持っている人は少ないです。

頑張ってSNSのフォロワーを増やしたとしても、彼らにとって有益な商品やサービスが無ければなんの意味もありません。

ラーメン屋を始めようと思ってCMやチラシをガンガンばら撒いてお客さんを集めても、

肝心のラーメンが無いと全て無駄金なわけです。

ただ、こんな事を言うと、

「女性タレントはコスメとかプロデュースしてるじゃん!」

「だから有名になればお金が稼げるの!」

と言いたくなる人もいるでしょう。

そもそも、

有名になったところで、ファンはお客さんになってくれるとは限りません。

僕は最近、釣りを始めたんですが、

「今日の釣果!」

「このルアーが釣れる!」

といくらこのブログやSNSのアカウントで紹介したところで、

このブログの読者さんはそんな発信なんて求めていないですよね。

とはいえ

「お前みたいな弱小ブロガーに何がわかるんだよ!」

と思う人も多いでしょうw

たとえば、フォロワー数が多いから集客には困らないだろうと

ネイルサロンを開くためにクラファンで資金を募ったとしても、

フォロワーがおっさんばっかりだったら共感してくれないので、お金が集まらないでしょう。

仮にお金を工面して満を持してネイルサロンを開いてSNSで告知したとしても、

おっさんはネイルサロンには来ないので、意味がないわけです。

それに、有名になってからいきなり商品を売り出そうと思っても、

「何気ない日常の感じが好きだったのに…」

「アイツ、金儲けに走りやがった!」

とファンがアンチに変わります。

実際それで炎上する有名人はたくさんいますよね。

最初から商品を持ってれば、そうはなりません。

お気に入りの穴場カフェが人気店になったところで、

「金儲けに走りやがった!裏切られた!」

って思わないですよね。

なので、

有名になる=お金が稼げるではない

正直、仕事に繋がらないのであればSNSなんてとっくの昔に辞めてますよw

② 有名になるということは、馬鹿に見つかるということ

有名になっていくと

発信の中身に共感するわけでもなく、本人のキャラクターに共感するわけでもなく、

みんながフォローしているからという理由でフォロワーが増えてきます。

一見すると、さらに知名度が高まるからいいのでは?となりますが、手放しでは喜べません。

というのも

有名になるということは、馬鹿に見つかるということ

だからです。

ブログを始めた当初は、仕事や転職についての真面目な相談や記事についての質問など、

まとも人な人からのメッセージしか来なかったのですが、

月間PV10万いくかいかないかあたりから、

このようなクソリプ、クソコメという誹謗中傷の類が増えてきました。

他の読者さんをイラつかせるクソコメは基本的に表示させませんが、

今回のは、いつかネタにしてやろうと思ってわざと残していました。

まぁ、僕のSNSを見てわざわざこのブログに飛んで、数記事見たようで、

相当悩んでいるみたいですが、僕はこんな人を救わないです。

誹謗中傷が原因で、自ら命を絶ってしまう人に対して、

「そんなクズ共の言葉なんか無価値なんだから、死なんでええやん?」

と思っていたんですが、

いざ自分がされると気分が良いものではありません。

とはいえこのブログは有名ブログといえる代物ではないし、

僕は顔出しもしていないのでこの程度で済んでいますが、

芸能人やインフルエンサーといった有名人は、

僕のように汚い言葉を使わない好感度が高い人であったとしても、

僕なんかの何千倍、何万倍ものクソリプにさらされるわけです。

百歩譲って、クソリプを垂れ流してくる馬鹿ならシカトすればまだいいですが、

有名人の人気にあやかろうとしたり、嫉妬から陥れてやろうという悪意のある人間からも標的にされるようになります。

売れない時は見向きもしなかったくせに有名になると急に親戚が増えるし、

金の無心をされ、断ったら非情な人間扱いされることも多いです。

同級生に有名人の卒アルや実家の住所などを勝手に晒され自分だけじゃなくて家族に被害が及ぶこともあるし、

一緒に写真を取ってくださいと言ってきた相手が犯罪者でそれが週刊誌に売られることなんてよくある話です。

後輩から紹介された仕事相手が反社だったことが明らかになり、芸能界から追放された人もいますよね。

こうなると自分に近づいてくる人間が、

善人の皮被った悪人ではないかと疑心暗鬼になってしまい、

誰も信じられなくなった結果、怪しいスピリチュアルに傾倒してしまう有名人も少なくありません。

SNSでバズって有名になって一攫千金を手にしたいって人は多いでしょうが、

正直、急に有名になってしまった人は、

いきなりこんなストレスにさらされるわけですから、まず耐えられないと思います。

関連記事→まさに疫病神!クレクレ君(テイカー)を見分けて撃退する方法を語る

有名人ではなく、無名の金持ちを目指そう

正直、

有名になることはドーピングのようなもの

だと思います。

周りがチヤホヤしてくれるし、承認欲求が満たされるでしょう。

だがしかし、

・想像を絶するストレスを抱えてまで有名になりたいか?

・有名になるリスクに見合うリターンは本当にあるのか?

を考えた時に、

プライベートを犠牲にする価値があるとはどうしても思えない。

正直、有名にならなくても、

そこそこ豊かに暮らせるのであれば有名になりたいなんて思う人は、ほとんどいないはずです。

だったら、

有名人になろうとするのではなく、価値提供をしてお金を稼ぐことに拘ればいい。

自分のこれまでの経験やノウハウをブログや有料noteにするのもいいし、

経験や実績がないのであれば、

クラウドワークスをやってみたり、転職してみるのもいいでしょう。

その過程も合わせて発信できれば、立派なコンテンツになります。

このブログを始めたときだって、

「ブログで会社員を辞めることなんて本当に可能なのか?」

と思いながら、記事を書いてましたからね。

僕は3歩進んで2歩下がるような地道に零細運営で、

今の状態に来るまでに3年以上かかっているわけですが、

同時期に始めたブロガーは殆どいなくなりました。

顔出し無しで無名の人間でもここまで生き残ってこれたのは、

価値提供をし続けたからである。

これが真実じゃないかと思います。

 

月ごとの投稿記事