転職とキャリアと

キャリアコンサルタントの資格は役に立たないと現役の俺が断言する訳

キャリアコンサルタントって最近話題だよね
国家資格だから取得したら独立できるかも
キャリアコンサルタントって意味あるの?

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

最近、読者さんからこういう相談を受けました。

はじめまして。ブログ楽しく拝見しています。

私は今年30歳になる会社員ですが今まで1つの会社でしか勤務してしておらず、(工場職)

今の会社の業績悪化とこれからのキャリアを考えて営業職に転職しようかと思っていたとき、こちらのサイトを見つけてキャリアコンサルタントの仕事に興味を持ちました。

今の自分の立場からキャリアコンサルタントを目指すには何からはじめればいいのか、

営業経験、転職経験があった方がいいのか。よろしければアドバイスをお願いします。

 

そもそもキャリアコンサルタントって何?って人の為に改めて説明すると

キャリアコンサルタントとは、

学生、求職者、在職者等を対象に職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門職である。

2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となる。

出典:厚生労働省/キャリアコンサルタントWebサイト

略してキャリコンとも呼ばれています。

コンサルタントって何かカッコイイ感じがするし、

キャリアの専門家になれるってイメージもある。

何より国家資格という安心感から

この資格を取得して、

キャリアアップしたい、独立できるかも、

と夢見る人も多く、

キャリアコンサルタントは今、非常に人気の資格です。

僕も資格キャリアコンサルタントを保有しています。

しかし、

現役のキャリアコンサルタントの俺から言わせると

キャリアコンサルタントの資格は、

みんなが思っているほど役に立たない

そして、

なぜ俺はそんな意味ない資格を取得したのか?

その理由について語る!

この記事を読むメリット

・キャリアコンサルタントの資格を取らなくても困らない

・時間とお金を無駄にせずに済む

・資格を取らなくてもキャリアの専門家になる方法

 

キャリアコンサルタントは役に立たないと現役の俺が断言する理由!

この記事を見ている人は少なくともキャリアコンサルタントという資格に興味がある人でしょう。

キャリアコンサルタントに関するWebサイトを見ると

人生100年時代、様々な働き方が求められるこの時代

国家資格を取得して一生もののスキルを!

 

たしかにそういったポジティブな情報を見ると

「僕/私もキャリアコンサルタントを取得すればこれからの人生が豊かになる!」

と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、

あえて現実をお伝えします。

キャリアコンサルタントの資格は、彼らが言うほど役に立たない

① キャリアコンサルタントの資格が無くてもキャリアの相談は出来るから

僕も所有している「国家資格 キャリアコンサルタント」はあくまで名称独占資格です。

名称独占資格とは業務独占資格(弁護士や医師)と違って、

その資格を持っていないと出来ない仕事があるわけではない資格のことです。

つまり、

「国家資格 キャリアコンサルタント」を持ってなくてもキャリアの相談は出来る

ということです。

考えてみれば、

転職相談の仕事をする転職エージェントはキャリアコンサルタント持っていなくても出来るし、

転職系のYouTuberでもキャリアコンサルタントは殆どいません。

キャリアの専門家ですら、キャリアコンサルタントの資格を持っている人は殆どいないってわけです。

僕はキャリアコンサルタントの資格を活かして、1回2万円の副業をしていますが、

ぶっちゃけ副業レベルの仕事にすらありつけないって人が多いです。

② とりあえず保有してた方が…にしてはコスパが悪い

たしかに

キャリアコンサルタントの資格を持っているか持っていないか

どっちが良いかと言われれば持っている方が良いですが

キャリアコンサルタントの受験資格を得るためには

養成講座(スクーリング)を受講しなければなりません

その養成講座を受けるには30万円以上のお金が必要です。

更に養成講座は合計10日間通わないといけないのですが、

指定された土日に必ず出席しないといけない、

しかも朝から晩まで、

たとえどんな事情があっても

3日以上欠席するとまた次回からやり直し(お金も)

実際、僕は台風で交通機関が使えなかったとしても振替の講座が無かったので欠席扱いになったことがあります。

無事に講座(スクーリング)が修了しても終わりではありません。

キャリアコンサルタントの受験料も高い

学科試験  8,900円

実技試験(論述と面談のロールプレイ試験) 29,900円

 

こんなに高い検定料って無いぞ!って感じですねw

それに、

面談のロールプレイ試験の練習のために何度も集まらないといけないので時間と交通費が掛かる

それに、公共の場で練習するわけにもいかないのでレンタルスペースを借りる費用も掛かる。

無事に合格しても、

5年後に資格の更新講習を受けないといけない。

それにも時間と更に10万円ものお金が必要になる。

こんな感じで、費用や時間というコストがかなり発生します。

僕はなんやかんやで50万くらい使いました。

ですので、

とりあえず受けておこうという資格ではないです。

③ キャリアコンサルタントの資格持ってるから、あの人に相談しよう!って思う人は皆無

Twitterとか見れば

・現役人事

・キャリアコンサルタントとして独立開業した女社長

などプロフィールがキラキラしてる人が

「キャリアコンサルタントは素晴らしい!」

と発信しているの多く見かけます。

「僕/私もキャリアコンサルタントを取得すればあんな風になれるかも」

キャリアコンサルタントには物凄く価値があると錯覚

してしまうのも無理はありません。

しかし、

夢をぶち壊すようで申し訳ありませんが、

キャリアコンサルタントの人たちが言うほど、

キャリアコンサルタントの資格に価値は無いです。

だって、

あなたがこれまでの人生で

キャリアコンサルタントに相談しようと思ったことはありますか?

ないですよね?

そう!

ニーズが致命的にないのですw

それにキャリアコンサルタントの人って、

40代以上の人が多く、

今の20代や30代の就職活動や転職活動のやり方を知らない人が多いです。

さらに、

僕は、以前キャリアコンサルタントの合格者の集まりに参加した時に、

「ALLOUTさんはキャリアコンサルタントの資格を取ってからどうやって仕事を見つけたんですか?転職サイトの使いかが良く分からなくて…」

「私、将来独立したいんですけど、何か実績になる仕事教えて下さい」

というクレクレ君ばかりで、

中には講師の人に仕事を紹介してくれと群がる人までいました。

詳しい内容はこちらで↓

【異業種交流会】意味がない出会いにするかはあなた次第最近は、 飲み会とか会社の付き合いとか、 得られるものが無い会社の集まりなんて行くだけ無駄! 視野を広げるために、社外...

資格を取ったものの…という人がかなり多いのが現実です。

そんな人たちに人生や転職の相談したいと思いますか?

思わないですよね?

だって、

相談しても何とかなりそうにないから

逆に

弁護士があなたの仕事や人生の相談に乗ります。

と言ったら話は変わってくるでしょう

だって、

相談したら何とかなりそうだから

キャリアコンタントに問題解決能力は無い↓

【内部告発】キャリアコンサルタントは相当使えないから相談するな! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@all...





なぜ俺はそんな意味ない資格を取得したのか?

ここまでキャリアコンサルタントという国家資格の生々しい現実をお伝えしてきましたが、

じゃあ、何であんたはそんな役に立たない資格を取得したんだ?

という疑問が湧いてきたはずです。

たしかに僕はキャリアコンサルタントの資格を活かして大学の就職支援の仕事に転職しました。

未経験の転職は20代まで?営業経験しかない30代が大学職員になれた話 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@a...

しかし、

実は、キャリアコンサルタントの資格を取る当初から、

一生使える資格ではないなと考えていました。

というのも僕はキャリアコンサルタントの資格を

営業の仕事から職種を変えるためのきっかけのツールとして利用しただけです。

スペースシャトルを打ち上げた時、ある程度の高さまで上がったら途中でブースターを切り離しますよね?あんなイメージです。

もちろん、

キャリアコンサルタントの資格に合格するためのアドバイスならいくらでも出来る自信はあります。

ただ、

あなたの目指す方向にキャリアコンサルタントの資格が本当に必要なのか考えてから挑戦しても遅くはないです。

たとえば

人材会社に転職してそのノウハウをブログやYouTubeで発信していくなんて方法もあります。

というのも僕自身がこうして色んな人から転職の相談を頂けるようになったのは、

ブログで自分の転職の経験やノウハウを発信し続けたからであって、

キャリアコンサルタントを持っていたからではありません。

もし今後ブログで情報発信する上でキャリアコンサルタントの肩書が

足枷になると思えば資格の更新はしませんし、

なんなら剥奪されても構わないと思ってます。

それくらいの気持ちで発信をしてるつもりです。

だからこそ、

キャリアコンサルタントの資格に過剰な期待を寄せるのは禁物です。

それよりも先に、

これまでの実績や経験を魅力的に語れるように

時間と労力を使った方が、はるかに良い転職が出来ますよ。

そうは言っても自慢できる実績や経験なんて無いよと感じる人へ↓

ハローワークの職務経歴書の添削サービスに絶望した君を救いたい このような悩みを抱えている人へ こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 ...
コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

POSTED COMMENT

  1. Mercury より:

    はじめまして。ブログ楽しく拝見しています。
    キャリアコンサルタントという資格,私も持っているのですが,使えないだけならまだしも制度的な酷さ感じています。

    制度設計時点の需給ギャップは仕方ないとしても,需要の掘り起こしの先頭に立って欲しい厚労省,要請者たちが積極的に動いているようにも見えません。
    官公庁や地方公共団体の出す事業の体の良い孫請け(奴隷)を育成して,肥え太るのは養成スクールや講座に呼ばれる一部の「先生」方のみ,という官製の資格ビジネスであるようにも見えます。

    有資格者一人一人が有用性を示せばいずれ需要は高まる,というのは間違ってはいないでしょうし,個人としてはそういう意識で働いてもいますが,国家資格でこれはどうなの?という釈然としないものも残ります。

    とりとめのない感想になってしまいました。Alloutさんのお考えなどお聞かせ頂けると嬉しいです。

    • ALLOUT より:

      Mercuryさん

      コメントありがとうございます。

      僕はもともと、
      20代で、キャリアコンサルタントを持っている人は少ないので、
      営業から未経験の人事・キャリア系の仕事に転職するためのアピールポイント
      の一つ程度でしか考えていませんでした、

      ぶっちゃけ、
      キャリアコンサルタントの資格より人事、採用担当や転職エージェントの実務経験の方が価値があるでしょう。

      政府はキャリアコンサルタントを10万人まで増やすつもりのようですが、
      そもそも10万人もいらないっていうのが僕の持論です。

      キャリアコンサルタントという資格を持たれているのでご存知かとは思いますが、
      検定試験の15分をいかに乗り切るかにフォーカスされていて、
      基本的に、解決スキルは各自合格してから、自己研鑽をして身に付けましょう
      というのが業界のスタンスで、
      キャリアコンサルタントだからといって解決スキル・ノウハウが身につくわけではないんですね。

      キャリアコンサルタントの養成講座で出てくる理論というのは古いです。
      もちろん価値を否定しているわけではありませんが、
      僕がこれまで色んな方の相談に乗ってきましたが、
      キャリアコンサルタントの資格で学んだ理論を一度も使ったことがありません。

      スーパーはパワハラ上司への対処法を教えてくれませんし、
      シャインやクルンボルツが入社してはいけない職場の特徴を教えてくれるわけでもありません。

      また厚労省は役人なので、
      ビジネス的な視点をもって需要の掘り起こしをするというのは無理な注文っていうのもあるし、

      検定試験では相談者に寄り添うことが大事だ!アドバイスを押し付けてはいけない!
      って教えられますが、
      検定試験を通っただけで、解決スキル・ノウハウを持っていないキャリアコンサルタントの需要なんて
      永遠に来ないです。

      僕が仕事や転職で悩んでいても、キャリアコンサルタントです!って言われても相談なんてしません。

      大事なのは、その人はどのようなバックボーンで、どういう解決策や情報を持っているかです。
      これ無しで、寄り添われても困ります。

      なので、キャリアコンサルタントというわけのわからんラベルの価値に期待するより、
      自分のノウハウや情報をどんどん発信し続けて、
      この人に相談してみようと思ってもらえるようにするしかないんですね。

      ぶっちゃけそれが出来ているキャリアコンサルタントは1000人もいないです。

      もし、
      業界の偉い人がこのブログを見て、けしからん!ってなって
      このブログを続けるか、キャリアコンサルタントの資格を剥奪される迫られたら、
      迷わずキャリアコンサルタントの剥奪を選びます。

      キャリアコンサルタントの資格がなくなっても、このサイトの運営にほとんど影響はしませんし、

      記事のネタになるので、さらに読者さんを楽しませることが出来るでしょう。

      偉そうなことを言いましたが、

      僕はキャリアコンサルタントの資格をとったにもかかわらず結局人事への転職を諦めましたし、

      せっかく転職した大学の就職支援の仕事もたった半年で辞めています。

      しかし、このブログで発信を続けて、

      人事採用の方から職務経歴書を有料で添削してください。と言われるまでになりました。

      それに、

      こうして、Mercuryさんからコメントをもらえたのも僕が発信をし続けてきたからです。

  2. Mercury より:

    管理人様

    ご丁寧に返信頂き有り難うございます。
    仰る通り,私もAlloutさんが発信されていた(それに共感した)からこそコメントさせて貰いました笑。

    私は財務経理からキャリア畑に転身した口なんですが,
    元いた世界では簿記とかTOEICの点数といった資格が
    実務経験の欠如を多少はカバーするだけの力があったんですよね。

    ところが,キャリアコンサルタントってコメントにも書かれているように
    「わけのわからんラベル」としか見られていない
    (実際そうなんですけど)んだなと。

    なので,私自身,異業種に転身した時のアピールは最終的に
    「新卒で会計知識ほぼゼロで経理に配属されましたけど,
    これだけの短期間で簿記○級取って実務もこなせるようになりました。
    海外関係会社とのやり取りが必要だったので英語勉強して
    TOEIC××点上げて実際読み書きは不自由しなくなりました。
    だから,こちらでもなるべく早く必要なスキルを身に付けられるよう
    骨惜しみはしないつもりです。」
    という切り口からおこないました。

    転職活動当初は「キャリアコンサルタントって腐っても国家資格だし
    希少性を考慮しても民間資格の日商簿記よりこんなに訴求力低いってあるか?」
    ってのが正直なところだったんですが,
    一顧だにされない,は言い過ぎとしても,無いよりマシ
    程度のものでしかありませんでした。

    こんな資格持った人を万単位で量産してどうするつもりなんだろ?
    と今でもしょっちゅう思います(更新講習で結構カネ取られますし笑)。

    記事やコメントを読ませて頂いて,改めて,スキルや情報を
    しっかり蓄積して発信し続けることの大切さを感じています。

    これからもブログ楽しみにしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です