応募書類

転職の職務経歴書に志望動機を書かない方がいい…書いたら落ちるぞ…

転職の職務経歴書に志望動機はいらない?
逆に書かないとアピール不足になる?
職務経歴書の志望動機が履歴書のと同じでいい?

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

僕このブログを通して、職務経歴書の添削を行っています。

>>俺が添削した職務経歴書

職務経歴書に志望動機を書く、書かない論争について

志望度が高いアピールになるから必要
せ、せめて志望動機書を別に添えるとか…

と色んな意見がありますが、

職務経歴の添削によって色んな方の内定をサポートしてきた立場から言えることは、

転職の職務経歴書に志望動機を書かない方が良い…むしろ絶対書くな!

志望動機書すら必要ない!

今回は、この理由について解説していくッ!

この記事を読むメリット

・転職エージェント、企業側にウザがられなくなる

・転職活動の労力が軽減できる

・たくさん応募出来て、持ち駒が増える

転職の職務経歴書に志望動機を書かない方が良い…むしろ絶対書くな!

添削にて、志望動機が記載している職務経歴書を見ると

俺
これ必要ないやろ…

と問答無用で削除します。

彼らの話を聞くと

どうやら、職務経歴書にも志望動機を書くと志望度高いアピールになると思って、いらっしゃるようです。

僕が、そういった依頼人にいつもお話ししていることをお伝えします。

① 間違って前の会社の職務経歴書を提出!&誤字脱字のリスク

転職活動では、職種、業界、仕事内容などある程度希望は決まっているので、

職務経歴書は基本的に使い回しが出来ます。

だがしかし、志望動機ってのはその会社ごとに代わります。

当然、志望動機を職務経歴書に記載するのであれば会社ごとに書き換える必要があります。

応募する度に、職務経歴書を書き換えていたら面倒くさいし、誤字脱字発生のリスクもありますし、前に応募した会社の職務経歴書を間違って提出してしまうリスクがあります。

それに自分の手元のファイルを書き換えたとしても、

・転職サイトや転職エージェントにアップロードしていた職務経歴書が前に受けた会社のままだった

・転職エージェントが間違えて前の会社の職務経歴書を送ってしまった

っという事もゼロではありません。非常に危険です。

② 職務経歴書を書き換える手間で、応募のペースが落ちる

誤字脱字や誤送信のリスクをお伝えしましたが、

応募書類間違える間抜けな転職エージェントなんていないでしょw

私、失敗しないんで!

と自信満々な方もいらっしゃるでしょう。

通常、転職サイトや転職エージェントでは、ボタン一つで応募できます。

そして、書類選考を通過してから、面接や提出する履歴書に記載する志望動機を考えるわけですが、

職務経歴書に志望動機を記載する人の場合、

書類選考を通過するかどうかもわからない中で、応募先の志望動機を考えて職務経歴書を書き換えて、既存のものと差し替えて誤りが無いかチェックする工数が発生するわけです。

どう考えたって、応募のペースが落ちるに決まっています。

俺
君が1社応募している間に、俺は10社応募し終えている

求人が集中する時期ってのは10月入社に向けた7,8,9月と4月入社に向けた1,2,3月と限られていて、

こういった求人が集中する時期にいかにたくさんの持ち駒を確保するかってのが大事なのですが、

俺
このビッグウェーブに乗るしかねぇ

ちんたら応募していると、こういった時期に転職を決めきれず、また次の波が来るまで待たないといけません。

そして、次の波が来たとしても、応募のペースは変えられないのでまた次へ…となります。

正直、誤字脱字や誤送信のリスクより、こういった機会損失の方がリスクと言えます。

当然ですが、転職活動が長期化すると、

離職中の人であればブランク期間も伸びて採用されにくくなりますし、在職中の人でも年齢を重ねて転職が不利になります。

>>転職に年齢は関係ない?30代で転職した俺が現実を教えてやる!

③ 君だけでなく周りも面倒くさい、志望動機書は悪い意味でアピールになる

職務経歴書に志望動機を記載していて、仮に転職エージェントを利用していたら、担当するエージェント側も応募する度に差し替える手間が発生します。

普通の応募者だと一度に複数社応募できるところを、一回一回確認しないといけません。

当然ですが、転職エージェントあなただけを担当しているわけではありませんし、慈善事業でもありませんから、

エージェント
エージェント
手間ばかりかかるから他の人に時間を割こう

このように十分なサポートを受けにくくなる可能性があります。

そのため人によっては

職務経歴書で志望動機を記載するのではなく、別途志望動機書を添付した方が良い

と言いますが、

そもそも、履歴書に志望動機を書けるのに、わざわざに志望動機書を添付する意味が分かりません。

そして、志望動機書を別に受け取る応募先企業からすると管理する用紙、ファイルが増え手間が増えます。

先方から指定されているわけでもないのに、提出物を増やすというのは相手からしたらただの迷惑です。

④ そもそも、職務経歴書に志望動機を書いても大したアピールにならない

たくさん応募しても書類選考を突破出来なければ意味なくない?
志望動機を記載してアピールすれば書類選考の通過率が上がるのならやる価値があるのでは?

このように考える方がいらっしゃるかもしれません。

たしかに、他の応募者ととがい書類選考の時点で志望動機があると差別化が図れそうですが、実際はあんまり意味がありません。

何故ならば、志望動機を書くことで他の部分を削ることになるからです。

基本的に、職務経歴書の枚数は2枚です。

理由は1枚だと情報不足、3枚以上だと見づらい・管理が非面倒などいろいろあります。

参考記事>職務経歴書の2枚目が中途半端になる?内定者の公開するから比べてみろ

そして、職務経歴書には

① 経歴要約
自分はどういう人間で、何が出来るのか?なんで転職したいのか?という自己紹介文

② 職務内容
具体的にどういう経験をしてきたのか、実績や工夫した点は何か?

③ 自己PR
自分が一番頑張ったことや実績や工夫したことについて、具体的なエピソードで語れているか?

という項目を書いていくのですが、これらを2枚内で収めないといけないため、

本来、志望動機を入れる余裕など無いはずなんですね。

にもかかわらず、

志望動機を書いてしまっているということは、職務経歴書に本来書くべきことを書いていない

ということになります。

当然ですが、そうなると書類選考の通過率は低くなります。

職務経歴書に志望動機を書いてスペース稼ぎしてんじゃねぇ!

職務経歴書に志望動機を書く必要はないし、志望動機書もいらないとお伝えしましたが、

僕は添削の際、なぜ志望動機を書いてるのか?を聞いたことがあります。

すると

ハローワークの職務経歴書の書き方みたいなものにも職務経歴書に志望動機欄があったので書くようにしています。
参考にしたテンプレに志望動機が書いてあったから…

と言う感じで、特にこだわりがあるわけではなく、何となくそういうものだと思って書いている人ばかりでした。

実際、職務経歴書に志望動機を書いている人の多くは、そこまでこだわりがあるわけではないのではないでしょうか。

そうであれば、本来やらなくていいことに労力やリスクを書ける必要はないわけです。

もちろん、転職活動を繰り返していく中で知見が増え、それをもとに職務経歴書をブラッシュアップしてくのはアリです(むしろそうするべき)

だがしかし、

アピールポイントに困っているから志望動機も加えていたんだが?
具体的にどうしたらいいの?

そういった方であれば、これまで僕が添削した職務経歴書を参考にして頂いても構いませんし、

>>職務経歴書の添削事例

俺
流石に丸パクリは勘弁な

また、これまでの職務経歴書の添削のノウハウをまとめたものをnoteにしたものもありますので、

そちらも使って頂ければ、効率は間違いなく良くなるはずです。

詳しい内容は下のリンクから↓

 

月ごとの投稿記事