転職エージェント

転職エージェントが職務経歴書を添削してくれないのは金にならんから

転職エージェントが添削をしてくれない
フォントサイズとかレイアウトを工夫しろって…
とにかく応募しろとしか言われない

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

転職エージェントに登録すると、

履歴書や職務経歴書の添削も致しますので、安心してお任せください。

ってセールストークがありますが、

ネットを検索すると、

添削して貰ったけどフォントとか句読点の付け方しかアドバイスが無かったとか、

そもそも添削してくれない…

など、不満の声が多いです。

僕は職務経歴書の添削をしているのですが、

ハローワークが添削した職務経歴書はクソだ!代わりに俺が添削する! このような悩みを抱えている人へ こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 ...

僕に相談する前に、

実際に転職エージェントに見てもらったという人もいて、

転職エージェントはこの職務経歴書について何も言わなかったのか?

ということが多々ありました。

しかし、

自分で職務経歴書を添削したからわかったことですが、

転職エージェントが職務経歴書を添削してくれないのは金にならないからだ

この記事を読むメリット

・転職失敗して爆死せずに済む

・転職エージェントを都合よく使える

・文句があるなら余所へ行くぞ?言える

転職エージェントが職務経歴書を添削してくれないのは金にならないからだ!

履歴書や職務経歴書についてアドバイスをもらいたいけど、

ハロワークに相談してもいまいちピンと来ないけど、

転職エージェントに登録すると、転職のプロがアドバイスしてくれる。

だからこそ、

転職エージェントに登録するって人が多いです。

しかし、

転職エージェントに登録すると

3日以内に職務経歴書を提出してくださいっていきなり言ってきますし、

それを見て、添削してくれるのかと思いきや

希望業界とか年収とか30分くらい電話面談して、求人を送ってくる。

聞いていた話と違うぞ!と憤る人は少なくありません。

これには、

担当したエージェントがクソであるという以前に、構造的な問題があるのだ!

物理的に一人一人添削している時間は無い

僕自身、職務経歴書を添削しているのですが、

メールで都度ヒアリングしながら作成していくので、完成させるまでに1週間くらい掛けています。

もちろんそれより質を落とそうとしても、小一時間の面談しただけでは絶対に無理です。

そして、転職エージェントの仕事は

・案件を探して紹介する

・利用者のフォローの電話を入れる

・企業へのアプローチ

・日程調整

・面接対策をする

 

ちょっと考えただけでもこんなにあります。

さらに、

転職エージェント1人当たりの担当人数は、100人~200人くらいです。

つまり、

物理的に一人一人添削している時間が無い

やるとしても、

・ここの部分を太字で協調して

・もうちょっとココ工夫して(どう工夫するかは自分で考えて)

とかで精一杯でしょう。

僕みたいな暇人じゃないと無理なんですよ。

添削しなくてもとりあえず転職させてしまえば金になる

とはいえ

1週間もかかるのはALLOUTさんの能力が低いからでは?
転職エージェントは転職のプロなんだからもっと早く作れるでしょ!

と言いたくなる人もいるでしょう。

自分で書いていてちょっと泣けてきましたがw

職務経歴書ってA4用紙1~2枚で作成することが多く、

1つの職務経歴書で3000文字~4000文字あります。

これはブログ1記事分に相当します。

仮に、

1日2人分作成できる超人がいたとしましょう。(ブログ記事書いた方が稼げるぞ!)

超人が1人当たり1万円を別料金で取った場合、

月20営業日×1万円×2人=月間売上40万円

となります。

転職エージェントのビジネスモデルは、

転職エージェントの紹介を通して、入社した場合、

その人の年収の30%程度を採用した企業から貰うというものです。

仮に、年収300万円の求人であっても

月に1人転職すれば

300万円×30%×1人=月間売上90万円

になります。

転職エージェントは100人~200人も担当しているので、

超人じゃなくてもこの数字は達成できます。

つまり、

職務経歴書の添削に時間を掛けるより、

求人を紹介しまくって、とりあえず転職させてしまった方が金になる

なら有料で添削を…でも転職エージェントは法律上できない

とにかく応募させられるくらいだったら、

有料で、転職エージェントが採算が取れる価格帯でいいから、

きちんと時間を掛けて職務経歴書の添削してくれよ!せっかくノウハウがあるんだから!

と言いたい人もいるでしょう。

しかし、

転職エージェントが求職者から手数料を受け取ることは、

法律で原則として禁止されています

リクルートエージェント:転職エージェントの利用に費用はかかる?

 

儲かる儲からない以前に、出来ないんですね。

もしかしたら、

担当の転職エージェントの人に袖の下渡して個人的に添削をお願いしようぜ!

って考える人もいるかもしれませんが、

普通にコンプラに引っ掛かって懲戒処分を食らいますから、引き受けてくれませんよ。

自分の人生を他人に丸投げするな!

転職エージェントが履歴書や職務経歴書の添削を満足にしてくれない原因は

面倒くさがってやらないというより

ビジネスモデルや法律の問題で、ノウハウはあるけど出来ないということです。

こんな感じで、転職エージェントと求職者って、利害が一致しない場合があるんですよね。

そうは言っても、このブログでは転職エージェントを紹介することもありますが、

転職エージェントがむかつく?俺がヤツらの本当の使い方を語る! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...

僕が転職エージェント利用する目的って

・求人の情報を入手する

・面接のフィードバックを受けて面接対策を強固にする

など、あくまで彼らをツールとして使うってことです。

転職の履歴書や職務経歴書を誰かに相談したくても、

身近に中々相談できる相手もいないので、

孤独感があって結構ツライってのはわかる。スゲーよくわかる。

だからと言って、転職のプロに任せたら安心と丸投げしてしまうのはよくない。

そんなことをしても、ショボい職務経歴書だと雑魚と認定されてしまいます。

そして、転職エージェントのペースで進められて、

気乗りしない求人に渋々応募してしまう羽目になります。

こうなると

転職の本来の目的を見失い、

仮に内定を貰えたとしても、不本意な転職になってしまいます。

とはいえ、いくら考えても、

・自己PR出来るような実績が無い…

・このアピール流石に盛り過ぎじゃないか…

・やっぱり書類選考が通らない…

みたいな感じで。どうしても筆が進まない方に向けて、

僕は職務経歴書の添削サービスを行っています。

転職エージェントみたいなしがらみは何もないし、

会社勤めしていないので、一人一人添削している時間もある

月間5万人以上に読まれるブログのライティング技術を活せるので、

希望業界の特性を調べ、求める人物像と依頼者をマッチングさせ

本人も気づいていない強みを探し出し

本音の退職理由を聞いた上で、職務経歴書でカバーする

 

実際に、1つの職務経歴書を作るまでにメールで何回もヒアリングしていますが、

正直、1万文字を超える記事を書くよりしんどいです。

だからこそ、ここまでやっている人は他にはいないと言い切れる自身があります。

詳しい内容はこちら↓

ハローワークが添削した職務経歴書はクソだ!代わりに俺が添削する! このような悩みを抱えている人へ こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 ...

 

月ごとの投稿記事