仕事の悩み

めんどくさい?上司を怒らせてでも、残業代の申請を強行すべき理由

・サービス残業なんてしたくない

・残業代なんていらないから定時で帰りたい

・残業代を100%申請すると上司や先輩に嫌味を言われそう

・めんどくさいから残業代は申請しない…

 

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

あなたは残業好きですか?僕は嫌いです!

というのも、

僕が前に居た会社では、

繁忙期でもないのに夜中の12時までみんな平気で残業をする。

たまに夜9時に帰ったら

「今日は早く終わったな…この時間は何したら良いんだ?」

と言うくらいの麻痺状態

金曜の夜には、

「今からあと2時間やるのも、明日休日出勤して2時間やるのも同じだし…」

「たまには早く帰りたいな、明日やろう!」

ひどい時では月100時間は軽く超えていました。

なのに、

上司からの謎の圧力により、

時間外労働、すなわち残業代の申請の際には

実際は23:30に帰ってるのに、

19:30に帰ったことにして調整しておく

という日々を過ごしていました。

しかし!上司にビビってはいけない!

今回は、

【めんどくさいけど、残業代は100%申請一択】

この理由について語る!

この記事を読むメリット

・定時で帰ることが出来る

・お金が貯まる

・上司が怖くなくなる

理由① 過労死を避けられる

出典:厚生労働省/時間外労働の上限規制

一般的な会社では、

1人の社員の時間外労働が45時間を超える月は【年間6回まで】です。

この年間6回を超えて残業させると企業は国から罰則を受けます。

罰則を受けた場合、懲役や罰金が科されるだけでなく、

場合によっては、厚生労働省から企業名を公表されます。

つまり、

ブラック企業だと公表されてしまう

わけです。

そうなってしまうと取引や採用活動に影響しかねない。

なので、企業はこの罰則をを何が何でも避けたい!

だから、

会社は、【年間6回】を超えそうな社員は何が何でも定時で帰らせようとします。

あなたの会社が36協定をどのように結んでいるか分かりませんが、

時間外労働(残業代)の申請を

100%キッチリ行えば、

過労死することはなくなります。

むしろ、定時で帰れるようになります。

理由② 会社は、残業時間という数字を示さないと何もしれくれない

とはいえ

【めんどくさいけど、残業代の申請100%する】

して、月45時間の残業を5~6回もするくらいまで残業しないといけないのかというと、

そうではありません。

一番の目的は、日常的に仕事が終わらない状況を会社に訴えることです。

そもそも月何十時間も残業しているので、

自主的に業務効率化をしようとしても、そんな状態では頭が回らないのが現実です。

それくらい長時間労働で疲弊しているのに、なのに会社は何もしてくれない。

なぜなら、会社は何にも知らないから

だからこそ、

残業時間という数字で、会社にしんどいと訴えないといけないのです。

きっちり時間通り申請した場合には、月45時間以上を超えてた場合、

特別条項という書類を書かされます。

先ほどお話しした通り、

月45時間以上を超えてこの書類を書くのが6回を超えると、企業は国から罰則を受けます。

こんな感じ⇓

出典:http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55667654.html

具体的な中身としては

何故そんなに長時間残業することになったのか?

という理由書みたいなものなのですが、

その時、

「~という理由で残業した」

「~業務負荷が日常的に続き、軽減される見込みはない」

など、正直に記載することによって

会社の人事部は初めて長時間労働の実態を把握することが出来るのです。

そうなると、

会社は、国から罰を受けたくないので、

・人員的なサポートをする

・負荷が減らされる

・定時で帰れるポジションに異動させる

などの措置が取られるでしょう。

実際に、僕も僕の先輩も残業代の申請をきちんと行ったおかげで、

月100時間以上の状態から月20~30時間まで業務負荷が軽減されました。

結局、業務負荷が軽減されて、

僕は余裕が出来てブログを始め、会社を辞めて別の仕事をしています。

その先輩は、転職活動をする余裕が生まれ転職しちゃいました。

理由③ 長時間労働は、若い時にしかできない

僕が前に居た会社では、

繁忙期でもないのに夜中の12時までみんな平気で残業をしていたし、

休日出勤している社員もかなりいました。

僕も、ひどい時では残業時間は月100時間は軽く超えていました。

たまに夜9時に帰ったら

「今日は早く終わったな…この時間は何したら良いんだ?」

と言うくらいの麻痺状態でした。

ある意味、

長時間労働できるくらい体力があった

って見方も出来ますが…

残念ながら、

30代、早ければ20代後半から、

長時間労働が体力的にしんどくなります。

僕の実体験ですが、

28歳になってから、夜8時以降残業していると急に疲れを感じるようになりました。

いつもより寝る時間を早めて、睡眠時間を増やしても体力が回復しにくくなりました。

これはヤバい!こんな働き方をしていたらいつか俺は壊れる!」

めんどくさいとか言ってる場合じゃない

残業代は100%申請一択だ!

となったわけです。

また、将来結婚して家庭を持った場合、家族サービスがあるため

独身の時のように自分の気分やペースで残業、休日出勤が出来なくなります。

みなし残業(固定残業代制)でも必ず全て申請せよ

みなし残業(固定残業代制)という制度をご存知でしょうか?

例えば「月20時間の固定残業代を含む」などと求人票に記載されている場合には、

月20時間までの残業代は、あらかじめ手当として設定されており、

仮に月の残業時間が1時間であったとしても、20時間分の残業代が支給される賃⾦形態のことです。

営業職の方だったら営業手当として、みなし残業代が支給されている人が多いです。

通常、残業代の計算って

・Aさんは今月5.7時間

・Bさんは今月19.3時間

…を全社員分やる

…しかも給料なのでミスは許されない。

会社にとっては決められた一定時間内で残業が済めば、

こんな面倒な残業代の計算をしなくて済むメリットがあります。

労働者にとっても、残業時間が少なくても、まとまった残業代が受け取れるメリットがあります。

しかし、

あらかじめ、みなし残業代を支払っているからといって、

みなし残業代を超えた分の残業代を支払わなくても良いと考えている上司や会社が多く、

サービス残業の温床になっています。

皮肉って定額残業代なんて言われてますが、だからといって残業代を申請しない理由にはならない。

スマホだって、定額とはいえ使い過ぎれば速度制限が掛かり、解除するには追加料金が必要です。

ですので、

みなし残業(固定残業代制)でも必ず全て申請するべき

僕が以前いた会社では、

20時間分のみなし残業代が営業手当として支払われていましたが、

20時間と言えば、1ヶ月で1日1時間くらいで

余裕で越えていましたから、

 

また、

みなし残業(固定残業代制)は、

会社にとっては決められた一定時間内で残業が済めば、

面倒な残業代の計算をしなくて済むメリットがあるとお話ししましたが、

基本的に

みなし残業(固定残業代制)があるってことはそれだけ残業させられるってことです。

みなし残業が20時間なら、月20時間が残業があるのが普通ってことです。

ひどい所だと月50時間とかありました。(法律知ってるのか?w)

そんなに残業が多いなら人増やせよwって思いますが、

それをしないのは人を雇うより、みなし残業代にしたほうが安く済むからで、

社員を使い捨てる気満々です。

残業が嫌なら、みなし残業(固定残業代制)の会社には入ってはいけない

これが鉄則です。

残業時間調整という名の強制サービス残業

僕は、真面目に残業時間の申請をキッチリやっていました。

そしたら、上司から

「お前、残業多いぞ!」

注意されてしまいました。

ぶっちゃけ帰る時間、あんま変わってない、

ていうか、

「定時で帰ろうとすると明らかに嫌な顔する癖に何言ってるんだ?コイツ」

と思ってましたが、

上司は部下が残業しまくると、人事部に目を付けられるので、

残業時間の申告を少なくしたい、けど早く帰るのは気に入らない

要するに、

遠回しにサービス残業しろってこと

今までの僕でしたら

正直に申請してめんどくさいことにならないように、

実際は23:30に帰ってるのに、

19:30に帰ったことにして調整しておく

みたいに、残業時間の調整ををすることが日課となってました。

しかし!

もし俺が壊れたとしても、この上司は何の責任も取らない

とガン無視して、真面目に残業時間の申請を続けました。

調整しろとあまりにしつこい時には

「じゃあ、その旨、書面にして頂けますか?」

って突っぱねていました。

一瞬、上司に歯向かう僕は完全にヤバいやつと思うかもしれませんが、

僕が会社を辞めるちょっと前になってから、

本社で長時間労働を原因とした労災が多発し、

パソコンのログ時間で、残業時間が計算されるようになり、

残業時間の調整が出来なくなりました。

つまり、

会社や上司のルールなんてある日突然、変わる。その程度のものなんですよ。





残業があるのは、あなたのせいじゃなくて経営者の責任

そもそも、みんなが残業してるのなら人を増やせよってなりますが、

それをしないのは、人を増やすと、人件費が増えるからです。

だったら、

限られた人数でも回るような仕組みを作るべきなのに、

社員に残業させる前提なのが、おかしいんですよ。

しかも、

その残業代すら支払いたくないって、

救いようのねぇヤツだな!

ですので、

残業があるのは、あなたのせいじゃなくて経営者の責任

だから、

めんどくさいけど、残業代は100%申請!遠慮はいらない!

なんですよ

確かに、残業時間をキッチリ申請するのはちょっと気まずくなるかもしれません。

しかし、

効率化を図ろうにも毎日を過ごすことで精一杯で、転職が頭をよぎる程であれば、

まずは遠慮せず残業時間の申請をきちんと行ってください。

まずは、

精神的、肉体的に回復する。余裕をもつことが大切です。

・仕事の効率化の方法を考える

・転職活動をして、他の仕事を探す

は、それからでも十分間に合います。

残業がない仕事は実在するッ↓

精神的に楽な仕事なんてない!は嘘である理由【探し方も解説】 ・定時で帰れる仕事が羨ましい ・楽な仕事なんてあるんだろうか ・ぶっちゃけ底辺職と呼ばれるキツイ仕事はしたくない ...
コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※メールアドレスは必須ですが、公開されません。

POSTED COMMENT

  1. ぺい より:

    コメント失礼します。
    いつも楽しく拝見しております。

    残業に関する事で、どうしても気になる点があり、相談に乗って頂けると幸いです。
    長文失礼します。

    私は関東在住の29歳です。
    食品メーカーのルート営業をしており現職は2社目で1年3ヶ月程勤務しております。
    ※約7年務めた前職もルート営業、月残業50時間、残業代なし

    現職の採用面接時に、「みなし残業20時間を超えた場合は残業代を別途お支払いします」と言われ入社したものの、実際には残業代申請が出来る雰囲気・習慣がありません。(月40時間残業)
    私の他に2~3年の間に入社した社員も、残業代が支払われると聞いていながら、サビ残をしている状況です。
    この時点で「やられた…」と思ってますが、オールアウトさんように残業申請できるメンタルも無く泣き寝入りの状況です。
    この時点で働く意欲はかなり低下しました。
    しかし、転職するにも、またグレーな会社に当たったらどうしようという恐怖から1歩を踏み出せずにいます。

    今年の4月から働き方改革で残業代が支払われる事になりましたが、ケチ課長への申請はハードルが高いですし、この我慢した1年間の悔しさは拭えません。
    また、私の部署の客先は関東圏の農協(ド田舎)のため、片道1.5時間~場所によっては2.5時間かかるのですが、直帰する場合、定時の17時を超えても帰り道は仕事とは見なされず、「通勤時間」扱いをされています。社用車は企業カラーのラッピング&社名がバッチリ入っており、そんな車を運転し、眠気と戦いながらの帰り道が仕事と見なされないのは納得がいきません。

    これは、営業職の定めなのでしょうか?私自身、入社して1年以上経過し仕事も慣れましたが、頭が麻痺っており、オールアウトさんの率直なご意見を伺いたくコメントさせて頂きました。お忙しいところ恐れ入りますが、ご意見お願いします!

    • ALLOUT より:

      ぺいさん

      コメントありがとうございます。
      そして、
      いつも記事を見て下さりありがとうございます。

      僕もいきなり残業代申請を強行できるメンタルを身に付けられていたわけではありません
      ので、気持ちは分かりますよ。

      どういう理由で今の会社に転職したのか分かりませんが、
      会社選びは運ゲー要素がかなり大きいので、次の会社がどうかなんて入って見なければ分かりません。
      お話しを聞く限り、遅かれ早かれいずれ辞めて転職していると思います。
      営業職だったら腐るほど求人がありますので、次の会社がクソだったとしても転職するのはイージーです。

      ・いずれ辞める会社に遠慮をする必要は無い

      ・いずれ辞めるのに、上司の評価を気にしてもしょうがない

      こう思えば、残業代の申請をしないのは損だ!ってなりますよ。

      それに、ぺいさんの給料を払っているのはケチ課長ではなく、会社です。
      とやかくいわれる必要は無いんですよ。

      たしかに、残業代の申請をしたら言われるかもしれません。
      その度にボイスレコーダーに録音するというのも、かなりメンタル的に助けになります。

      上司が残業代を申請して激高するようであれば、その録音データを会社の人事部持って行って相談しましょう。

      現職の採用面接時に、「みなし残業20時間を超えた場合は残業代を別途お支払いします」って言っていたじゃないですか!と
      (もちろんその相談の時も録音することを忘れずに)

      ちなみに、6/1からパワハラ防止法が施行されましたので、会社の人事部はその対応に追われているはずです。
      今までみたいに「気のせいだよ、もうちょっと頑張ってみて」なんて言えなくなってしまうのです。
      まぁ、それでも会社が何もしてくれない時は労働局に相談するってのも手です。
      >>東京労働局:2020年(令和2年)6月1日より、職場における ハラスメント防止対策が強化されます!

      移動時間に残業が出ない件について、
      出張の時も同様に、営業職だとどうしてもそういうことがあります。
      ですのであらかじめ
      みなし残業20時間が支給されているのです。

      とはいえ

      僕は出張の日は敢えてアポを調整して、
      帰りの日は15時くらいに家に直帰していましたw
      これが出来るのが営業職の強みです。

      たとえば、

      定時以前に家に直帰できるようにのはアポを調整するのはどうでしょう?

      みなし残業だからと言って残業しなければならないわけではないので

      もしまた気になることがあれば、お気軽にコメント下さい

      • ぺい より:

        返信ありがとうございます!

        会社選びは本当、運ゲー要素だと私も思います。
        正直、もうノルマに追われる仕事は嫌なので別の職種で検討してます。
        前職で土木系のメーカーに居た事もあり、フォーク・トラックは乗れるのでブルーカラーの仕事も悪く無いなと思ってます。
        (他の記事で拝見しましたが、スーツはもう嫌、作業着が恋しい…)
        ただ、営業職と比べると休日が少ない求人ばっかりなので二の足を踏んでいます。。。

        残業代の件について
        どうせいずれ辞めるので強い気持ちを持って立ち向かおうと思います。

        移動時間の件については、
        15時直帰は笑いました!w
        ただ、営業職の強みを活かして予定を調整して上手く立ち回ろうと思います。参考になりました。

        オールアウトさんの記事は最近見つけて色々と拝見させて頂いてますが、
        どの記事も共感しまくり、刺さりまくりです。
        仕事の悩みから自己啓発本やYouTubeの仕事系チャンネルを見てますが、
        間違いなく1番です、いや、マジです。

        悩んだら筋トレして、リフレッシュして頑張っていきたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です