仕事の悩み

【検証結果】仕事が終わらないのに帰る…を続けてみたら驚きの結末に!

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

先日、歩いていたら

「あの人カッコよくない?」

「え!?マジで言ってるの?」

と女性2人組にすれ違いざまに言われました

え!?と言った人には
「もうちょっと声のボリューム下げて」

カッコいいと言ってくれた素敵な人には
「他人の意見なんか関係ないよ!自分を信じて!」

と言いたかったALLOUT(Twitter@alllout_com)です

こんなことより、もっと言いたいことがあるんです…

あなたの会社は働き方改革を謳っているが、実態は変わっていないんじゃないですか?

繁忙期とか決算期とかは別として

定時で帰れないことが日常的に続いている…

その原因として挙げられるのが、

そもそも仕事量が多い

お客さんや官公庁など社外への対応

残業している=頑張っているという謎文化

 

僕が以前にいた会社もそうでした。

繁忙期でもないのに夜中の12時までみんな平気で残業をする。

夜9時に帰ったら

「今日は早かったな~」

と言うくらいの麻痺状態

そんな僕にある出来事が起きました。

夜9時頃たまたま家でテレビ見ていたら

お客さんから着信、嫌な予感がしたものの出ないと後日ギャーギャー言われるので出たら

「すいません(汗) 今、会社の重役と飲んでるんですけどクラブとかラウンジとかオススメの店知っていたら教えて貰えませんか?」

なんか困っているみたいだし可哀想だなと思いつつも、そんなところ行ったことないので上司に恐る恐る電話して聞くと

「つーかお前、営業担当なら頭下げて同席させてもらえよ、〇△って店があるから! (ガチャッ!!)・・・」

おい、こいつマジか!いきなり今から30分後に接待しろなんて聞いたことねぇぞ!

けど聞いた手前行かなかったら、今後何かある度に延々と嫌味言われる

クソッ 電話なんか出なきゃよかったぜ…

僕の接待力の甲斐もあってお客さんは喜び、宴は午前4時まで続いたとさ…

さすがに急な接待で午前4時まではしんどかったので

上司に

「かくかくしかじか~の為、11:00に出社します。」とメールを送りました

そして、11:00に出社すると

上司

「おいあのメールなんだ?接待して遅れますって、舐めてんのか?」

「先輩とか同僚で接待したから遅れますって言ってるヤツいるか?ちゃんと9時に来るのが社会人として常識だろ!」

(いや架空の直行で、遅く出社してる先輩なら何人か知ってますが 笑)

(流石に夜にいきなり今から30分後に接待しろっていう上司命令は常識外れだと思います…)

 

上司にこう言われた瞬間、僕の中で、ブチッと何かが弾ける音がしました

上司がこんな認識だったら働き方改革なんて実現するわけがない!

上司?お客さんがどう思う?そんなの関係ない!

嫌われてもかまない!

ひとり働き方改革だ!!

俺は仕事が残っていようが何が何でも定時で帰る!

果たして、

日常的に残業を続ける上司・先輩・同僚を横目に、

「お先します。お疲れ様デシター」

仕事が終わらないのに帰る…を続けてみた俺を待ち受けていたものとは!?

この記事を読むメリット

・これ明日で良いっスよね?と言えるメンタル

・そもそも、これやらなくていいんじゃね?と言えるスルースキル

・上司が小言言いたげだが、バーイ!と颯爽と帰れる日々

そもそも僕たちは何故定時帰れないのか?

① そもそも仕事量が多い

定時で終わらない仕事量が任されている

膨大なノルマ…達成したら、その事務処理だけで半期の業務量超えるレベル

 

あなたが仕事が出来ないから?

違います!!!!!

あなたの上司やあなたの同僚も皆残業しまくっているので、会社の問題です

僕の話で言うと

同僚の異動や退職に伴い当初3人で行っていた仕事を僕1人で担当しなければならなくなりました。

その際に、事務員をサポートに就かせる条件で何とかやってくれと言われました。

それでも毎日終電を超えてました

このままではヤバいと思い、徹底的に無駄を削減し、ワークフローを構築したりしてなんとか定時ちょっと過ぎくらいに帰れるようになりました。

そしたらある日、昇格の内示と共に上司から何の悪びれもなく事務員のサポート無くすと言われました。

おそらく上司には

「こいつ余裕そうやんけ、サポートは無くして、事務員には別の仕事させたらええやんけ、昇格&昇給(月5000円のUP) したから別にええやろ」

という考えがあったと思います。

そこからまた残業続きの日々でした。

そろそろ気付きましたか?

仕事が終わらないのではなく

そもそも、いくら頑張っても【終わらない仕事】をしていることに

② お客さんや官公庁など社外への対応

お客様は神様ですか?

僕にとっては時々、疫病神です

・こちらの都合お構いなしの電話

・本当にそれ使うのかとしか思えない資料の作成依頼 (しかも至急って)

・それ聞いてどうするの?としか思えない問い合わせ

 

金曜日の夕方こんな電話やメールがあなたに来ませんか?

「3日以内(月曜日)に見積もり頂戴!」

え!?今ちょうど帰ろうとしてたのに、遠くからで俺(私)のこと見てるのか?

納期に土日もカウントする人

あなたの周りにも居ませんか?

最早嫌がらせとしか思えない

これに応えるために渋々残業をする羽目に…

③ 残業している=頑張っているという謎文化

「俺が若い頃は寝る間も惜しんで仕事したもんだ、それに比べてお前らは良いな!楽で!」

「俺がこんなに大変そうなのにお前は何も言わずに帰るのか?」

「あいつは毎日夜遅くまで頑張っている。仕事に対して、高いモチベーションがある。」

「仕事残して帰るなんて良いご身分だな~」

 

ウンザリしませんか?

こんなこと言う上司や先輩にはある共通点があることに僕は気が付きました!!!

それは

家庭が不仲、奥さんが怖い、家に帰りたくない

家では奥さんの尻に敷かれているが、

会社では部下や後輩に威張れるから快適ですよね!

でもね

奥さんを説得できない人が部下やお客さんを説得できるとは思えないの…

頼むから

お前の家庭の失敗を俺(私)に押し付けないで欲しい

ここまで書いてきて気付いてるかもしれませんが

仕事が終わらないから定時で帰れないというより

多くの人は

仕事が残っているのに定時で帰る怠け者だと

周りから思われたくないから

明日やれば良いものを無理くり残業しているという

【マインド】の問題!!!!

それでは

あなたにも出来る

仕事が終わらないけど、定時で帰るマインドの作り方、ノウハウとは!?

仕事が終わらないのに定時で帰るために、僕がやったこと

今すぐ取り掛かるを辞める

仕事はスピード命

今すぐに取り掛かって相手の期待に応えるのが社会人として一人前だ

 

あなたはこう教えられたことでしょう

逆にこう考えたことはありますか?

相手も同じスピード感でやってくれているだろうか?

実際に僕は

「3日以内(月曜日)に見積もり頂戴!」

と急ぎで対応した案件のその後の進捗を聞いたら

「あ、まだ見てない」

他にも

ファイル容量が大きい時は宅ふぁいる便で送ってたのですが

「ごめん、宅ふぁいる便の期限過ぎてたから再アップして」

(え! 2週間前に送った時、すぐ必要だからって言ってなかった?)

こんな経験から

【至急】とか【急ぎで】 とか言う割にあんまり急いでないんじゃね?

後回しにされたくないから 取り敢えず【至急】とか【急ぎで】って言ってるだけじゃね?

と確信

【至急】とか【急ぎで】と書いてあっても、

そうだ!とりあえず明日やろう

めちゃくちゃ人を頼る

あなたはこんな経験ありませんか?

独りで1時間考えてたけど、人に聞いたら5分で解決した

逆に

EXCELなんてググればすぐに分かるのに何でこの人は1時間も悪戦苦闘してるんだろう

社会の勉強してて、年号が分からないかったら即効で教科書開くでしょう?

それといっしょ

分からないことをいつまでも考えるのは無駄、さっさと人に聞きまくろう!

人に聞く時は定時内にすること!残業が嫌なのに人に残業を強いるのは間違ってます!

定時を過ぎて、聞く人がいない・・万事休す・・・残業か・・・となった時

聞きたい人にメール&書き置きをして帰る

メールはもちろん、メールだけだと読まれない可能性もあるので

直筆で書置きしておけば取り敢えず見てもらえます

書置きは簡潔にまとめて「詳細は昨日の何時ごろに送ったメールに記載してます」と書けば手間も省ける

あとは翌日、聞きたい人に

「メールと書き置きをしていた件なんですけど、ご都合いかがですか?」

と聞くだけ

考えてみれば

突然今週末空いてる?とか、内容も言われずに予定聞かれたら嫌ですよね

そして何より

メール&書き置きをすることによって、残業せずに帰ることへの不安が無くなる

どういう事かと言うと

友達に愚痴聞いてもらったらスッキリしたことありますよね?

あれって、

脳がこれは外部(友達)にアウトプットしたから記憶の片隅において置けば大丈夫と判断するから

それと同じ要領です

1日3時間は必ずフリーな時間にする

あなたは

仕事のスケジュールをキッチリ決めて毎朝出社し

予想外の仕事が発生して、

時間内に出来ず、結局残業するってパターンが多くないですか?

 

そんな時は発想を変えましょう!

予想外の仕事なんて結構起きるので、

逆に

予想外の仕事が起こることが通常だと考え、1日3時間は必ずフリーな時間にしましょう

3時間の捻出方法で最も効果的なのは

電話に出るのを極限まで少なくすること

電話の時間の減らす詳しい方法は下の記事を参考にしてください⇓

ルート営業なのに、ムカつく客にブチギレたら売上が3倍になった話こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。 会社、いや営業を辞めて思うことは 電話が鳴らないっ...

特に予想外の仕事が無いラッキーDAYに、あなたがすべきこと

何もしないというのも気が引けるので・・・というのは冗談で、

あなたがすべきことについて、

【仕事を振ってる人の仕事を手伝う】

これをやると定時退社ライフに向けて、かなり効いてきます!!!

いつも人に仕事を振っててばかりじゃ、いつかやってくれなくなるのでGIVE&TAKEですね、MUSTです。

あと、

その人の得意分野と苦手分野、スケジュール感が分かる

という

今後効果的に人を頼れるメリット

【自分の仕事を誰でも出来るように マニュアル化する】

目指すのは

女子高生でも、ゴールドマンサックスに居るスーパーエリートでも同じビックマックを作ることが出来る

マクドナルドのようなマニュアル

僕が作ったものは

事務員向けの各製品の設計担当へのホットライン作り(これで僕が居なくても機種選定出来るね!)

顧客ごとの全ての価格表(機種選定も併せたらで見積もり代わりに作れるね!)

お客さん向けの受注窓口ダイヤルのアナウンス

(これで、いちいち僕に掛かってくる在庫確認の電話が無くなるね!)

 

少ないかもと思うかもしれませんが、これだけでも

僕は50社以上担当しており機種も多種多様、作成と社内調整、その導入にはめちゃめちゃ時間掛かりました 笑

仕事が終わらないのに帰る…を続けてみた僕を待ち受けていたものとは!?

「仕事も終わってないのに帰るなんて有り得ない」

そんな暗黙の了解に中指を立てるように

「お先します。お疲れ様デシター」と

仕事が終わらないのに帰る…を続けて、一体どうなってしまったのか?

お客さんから見放されて、営業成績は壊滅的になるでしょうか?

職場のみんなから総スカンを食らうでしょうか?

「仕事が終わらないのに帰る」が営業成績にもたらしたもの

30人中・・・・・ぶっちぎりの3位

ぶっちぎりというのは冗談で

残業を月何十時間もしている人達を差し置いての3位です。

1位~2位の人は僕より役職も上で基本給も高いし、めちゃめちゃ残業しています。

間違いなくコスパ最強なのは僕でしょう!!!

「仕事が終わらないのに帰る」が職場にもたらしたもの

もちろん上司には良い顔をされませんでした!

クレームが起きたことを報告したら

「仕事せずに帰ってるからそんなことになるんだ、早く帰ってる場合じゃねぇぞ!!」

と言ってきましたね!

いや、もう

残業しないやつが気に入らない

ってハッキリ言ってますやん…

(ちなみにクレームの内容が、配送業者のミスで納品が遅れたこと…残業したら防げたんですかね?)

なら、遠慮はいらないな!と更に定時帰りにブーストをかけました!!

ある日

「お先します。お疲れ様デシター」

と言って事務所を出ようとして振り返ると

そこには

僕に便乗して帰ろうとする同僚の姿が!!

便乗して帰ろうとする同僚の数は1~2人と増えていき

中には

「恐ろしく速い帰り支度…俺じゃなきゃ見逃しちゃうね」

と思える猛者まで現れました!

上司からは恨まれたかもしれませんが、

みんな帰りたかったけど怖くて出来なかったんだ!

まさに

赤信号みんなで渡れば怖くない理論




まずは定時に帰る、話はそれからだ

どうでしょう!

あなたはこう思っているはずです!

帰って良いんだ!

仕事が終わらないのに定時で帰るのは、反逆罪だと思う人もいるかもしれません。

しかし、

あなたが定時に帰ることこそが、あなたのプライベートや成果だけでなく、

職場の改善にも繋がるなら、

勇気を出す価値は十分にあります

初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンは、かつてイギリスから反逆者の烙印を押されましたが、

今では誰もが英雄だと認めています。

あなたも、いずれそうなるでしょう!

※どうしても定時で帰れない人は

最終手段!会社を辞めるべき理由

・定時で帰らせない会社は、あなたの健康や将来に興味が無いから

・無理して頑張って出世してしまったら、もっと残業をする羽目になるから

・仕事を辞めてもなんとかなるから

 

定時で帰れない職場を退職代行を使って辞めた話↓

弁護士法人みやび(汐留パートナーズ)退職代行を使った俺の体験談! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@all...
コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

POSTED COMMENT

  1. にしお より:

    こんばんは

    はじめてコメントさせて頂きます。

    仕事が終わらないで仕事中に検索していたらこのページに行き当たり、何か引き込まれるものがありましたのでコメントさせて頂きます。

    私は今、建築関係の設計の仕事をしています。
    仕事から内容としては、家をリフォームやリノベーションしたいお客様との打ち合わせ、図面の作成やイメージ図などの作成です。

    困っていることは純粋に
    仕事が終わらないということです。

    基本、朝9時〜仕事を始めて、早く帰れて、21時。
    24時に帰る事も週の半分はあります。

    また、週休2日なのですが、毎日24時近くまでやるのも精神的に疲れるので、たまには早く(21時ごろ)帰り、休日出勤する日もあります。

    ただ、仕事内容は楽しいと思うこともない訳ではなく、毎日家に帰って少しふっと息を抜くだけで気力はまだ蘇るのが救いです。

    伝えるのが遅くなりましたが、現在社会人3年目の25歳で、まだまだ建築の設計としてはかなり若手。
    今の業務が終わらないのは単純に知識不足で終わって無いのかもしれません。
    あとは、建築の設計という仕事自体が時間がかかる仕事だと、先輩からはよく言われます。

    ただ、今後、この建築の設計という仕事を続けていけば、早く帰りつつも仕事をこなせる様になるのかとても不安です。

    もっと他の仕事なら短時間で仕事をこなせ、より自分らしくあるための時間を取れるのでは?と思います。特に一つの仕事だけじゃなくて、様々な仕事を複数やるという選択肢もあるのでは?とも思います。

    また、追加でお伝えすると、
    特に上司が怖くて帰れない訳ではなく、
    残業代が出るわけでもなく、
    プライベートでやりたいことが無いわけでもありません。

    純粋に仕事が終わらず、業務効率化を考えれば良いのですが、そこまでも頭が回らない状況です。

    正直どうしたら良いかわかりません。

    おそらくここまで読んでもよくわからない内容だと思いますが、今の状況をどうにかして変えたくて、藁にもすがる思いでコメントしました。

    どうぞよろしくお願い致します。

    • ALLOUT より:
      にしおさんへ
      コメントありがとうございます!
      僕が以前にいた会社もそうでした。
      繁忙期でもないのに夜中の24時までみんな平気で残業をする。
      夜21時に帰ったら「今日は早かったな~」と言うくらいの麻痺状態
      「今からあと2時間やるのも、明日土曜出勤して2時間やるのも同じだから、もう帰るか…」
      というのは僕も痛いほど経験があるので、実体験も交えてお答えしますね。
      結論から言いますと、
      にしおさんがすべきことはシンプルに

      「時間外労働 (残業代)の申請を100%キッチリ行う」

      です。

       
      理由① 過労死を避けられる

      一般的な会社では、
      1人の社員の時間外労働が45時間を超える月は【年間6回まで】です。

      この年間6回を超えて残業させると企業は労働基準監督署のペナルティを受けます。

      このペナルティは企業にとって相当重く、何が何でも避けたい代物です。
      会社は、【年間6回】を超えそうな社員は何が何でも定時で帰らせようとします。
      (詳しくは 36協定 特別条項 と検索してみて下さい)
      にしおさんの会社が36協定をどのように結んでいるか分かりませんが、
      にしおさんの働き方だと時間外労働が毎月100時間超えるので、
      「時間外労働 (残業代)の申請を100%キッチリ行う」
      これをちゃんとすれば過労死することはなくなります。

       

      理由② 会社は、労働時間という数字を示さないと何もできない。

      にしおさんは月100時間以上も残業しているので、
      そんな状態で自主的に業務効率化をしようとしても頭が回らないのは当然です。
      とはいえ過労死寸前まで残業しないといけないのかというとそうではありません。
      一番の目的は、日常的に仕事が終わらない状況を会社に訴えることです。
      しかし、
      いくら会社にしんどいと訴えても、会社は数字や根拠がないと何もできないのです。
      もし
      にしおさんが
      月45時間以上など、きっちり時間通り申請した場合には、
      特別条項という書類を書かされます。
      これは何故そんなに長時間残業することになったのか?という理由書みたいなものなのですが、
      その時、
      「~という理由で残業した」
      「~業務負荷が日常的に続き、軽減される見込みはない」
      など、
      正直に記載することによって初めて会社は、にしおさんの状況を把握することが出来るのです。
      会社から、人員的なサポートが得られるか、負荷が減らされるか、定時で帰れるポジションに異動などの措置が取られるかもしれません。

       

      理由③ 長時間労働は、若い時にしかできない

      現在にしおさんは
      「毎日家に帰って少しふっと息を抜くだけで気力はまだ蘇る」
      とのことでしたが、
      あくまで僕の実体験ですが、
      ・30代、早ければ20代後半から
      如実に、長時間労働が体力的にしんどくなります。
      寝ても中々体力が回復しなくなります。
      ・将来結婚して家庭を持った場合、家族サービスがあるため
      独身の時のように残業、休日出勤が出来なくなります。
      また、
      「残業代が出るわけでもなく、」
      とおっしゃっていたので恐らくサービス残業だと思われます。
      確かに、時間外労働をキッチリ申請するのはちょっと気まずくなるかもしれません。
      しかし、
      効率化を図ろうにも頭がいっぱいで、
      転職が頭をよぎる程であれば、遠慮せず時間外労働の申請をきちんと行ってください。
      実際に、僕の先輩も
      時間外労働の申請をきちんと行ったおかげで、
      月100時間以上の状態から月20~30時間まで業務負荷が軽減されました。
      (業務負荷が軽減され、転職活動をする余裕が生まれ転職しちゃいましたけど、)

       

      ですので、

      ・どうやって効率化するのかを考える
       

      ・他の仕事を探す

      は、それからでも十分間に合います。

       

      僕も色々思い出すことがあり、ここまで長々とお伝えしましたが、

      もし疑問や分からないことがあればまたご返信頂けたら幸いです。

  2. ちか より:

    こんばんは。
    初めてコメント致します。

    21時退社で早いと感じていた、というエピソードに激しく共感してしまいました…
    21時で早いって、異常な感覚ですよね。

    現在子会社6社約1000名の給与計算と付随業務、本体の1300名の健康診断手配やその後のフォロー、労災手続き、休職管理、その他システム導入や突発的に発生する雑務を1人でやっており、長時間残業と休日出勤が当たり前のようになってしまっていて、年々酷くなっています。
    明らかに人手不足なため、同僚と人員補充を訴えてはいるのですが、上が全く人を補充する見込みがありません。

    このご時世、早く帰るよう上司からは言われるのですが、この業務量で帰れるわけもなく、最近はサービス残業も増えています。

    上記のような環境のため、転職をするべきだなと考えてこちらのサイトにたどり着きました。

    現在30代半ばということもあって、次を決めてから退職したいなと考えていますが、転職をしたことがないので、こちらでエージェントの使い方など大変参考になっています。

    これからも転職などに役立つ経験談を共有いただけると助かります。

    • ALLOUT より:

      ちかさん

      コメントありがとうございます!

      明らかに人手不足なため、同僚と人員補充を訴えてはいるのですが、上が全く人を補充する見込みがありません。

      以前僕も3人分の仕事を1人でさせられ、毎日12時を超える日々を送っていたので気持ちは非常に良く分かります。

      また30代半ばと、年齢による転職のハンディキャップを気にされていましたが、そこまで負い目に感じる必要は無いです。

      僕は以前、30代後半で離職中、書類選考に通過したことがない人
      の職務経歴書を添削したことがあるのですが、

      その方は添削後、普通に書類選考を通過できるようになり、

      当初は年齢を気にして受けようかどうか悩んでいた企業にも積極的に挑戦するようになりました。

      動き続けていけば何かが変わるということをモットーに

      今後も転職やキャリアについて発信していきますので、よろしくお願いいたします。

      • ちか より:

        ありがとうございます。

        早速ミイダスで相場を調べたところ、今より年収が上がりそうです…w

        もちろん転職するタイミングによっても求人内容や求人数は変わるとは思いますが、年収落とさずに転職できる可能性があるとわかっただけでも、随分気が楽になりました!

        引き続き、活動してみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です