仕事の悩み

正月休み明けに仕事を辞めた俺が伝えたいこと【嫌なら辞めよう】

・とうとう連休が終わってしまう

・休み明けの仕事が憂鬱

・このまま会社に行きたくない

 

今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。

こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout_com)です。

年末年始はどのように過ごされましたか?

地元の友達と遊んだり、親戚に会ったり、

もしくは家でゆっくり過ごしたりと

楽しければ楽しい程、連休の残り日数が少なくなればなるほど

休み明けの仕事に行きたくない…

その気持ちはわかる。

スゲーよくわかる。

僕なんて、

正月明けに仕事に行きたくなさすぎて

正月明けで、会社に退職届を出した。

ことがあるくらいです。

正月休み明けに仕事に行きたくないと思って、

リアルに辞めるヤツってのは中々いないハズです。

そんな僕からすると

休み明けの仕事が嫌な気分は、我慢では解決しない

と断言する。

この記事を読むメリット

・休み明けの仕事が怖くなくなる

・現実逃避しても全然OKという逆転的発想

・嫌な仕事をすんなり辞められる

正月休み明けに仕事を辞めた俺が伝えたいこと

正月休み明けに会社に行きたくないって、

みんなそう思っているから、

正月休み明けは、頑張って会社に出勤しましょう!

というアドバイスがありますが、

いやいやいや

それが出来たら苦労しねーよという感じです。

ここでは、

正月休み明けの憂鬱な気分への対処

をお伝えします。

正月休み明けは全力で手を抜け

Todoリストを作って準備しておけば、長期休暇明けの憂鬱な気持ちが軽くなると言われますが…

そんな生易しい方法ではいけません。

僕が提唱するのは

難しい、面倒くさい仕事を休み明けのスケジュールに入れないこと

そして、ルーティーンワークなど、

頭を使わなくて良い簡単な仕事のみやること。

端的に言えば、

正月休み明けの仕事は全力で手を抜くべき

ってことです。

具体的には

・会議

・打合せ

・取引先との商談のアポ

 

など難しい、面倒くさい仕事をスケジュールに入れてはいけません。

なんなら、年始のスケジュールは白紙でもかまわない

それから、

仕事が残っていようが、終わっていなかろうが定時で帰ってください

残念ながら

正月休み明けのあなたの仕事力は、MAXの50%以下まで低下しています。

無理して残業しても結局終わらない。マイナスでしかない。

ブランク(休み)明けの復帰(初日)は、

準備運動(流す)に留めておくことは何も悪くない。

ストレッチもせずに、いきなり運動をしてケガをする人間は馬鹿だというのと同じです。

全力で現実逃避する

現実逃避しても何も変わらない!仕事とちゃんと向き合いましょう!

なんてアドバイスあるけど、

いや仕事のことを考えるから憂鬱になるのであって、

もっと憂鬱になるだけっすよw

休み明けのどうしても嫌なら、

無理してその気持ちにフタをする必要はありませんね。

というか

現実逃避しないのはもったい無さすぎる

現実逃避するってエネルギーはすごいです。

そんなに面白いわけでもないのにYouTubeを何時間も見続けたり、

AmazonPrimeで海外ドラマを見まくったり、

普段、仕事してる時に、そんなことする元気ないですよね?

いわば活動的になっているわけです。

これを使わない手は無い!

というのも

僕自身が、

全力で現実逃避をしていたから今がある

と実感しているからです。

僕は、休み明けの仕事に行きたくなさすぎて、

・稼げる副業について、ひたすらググる

・やりたいこと見つけるために人生初の情報商材の購入

・興味がある業界の本を読んだり、転職サイトに登録して、自己PRひたすら考える

 

とか、

有給が気軽に取得できる職場ではないので在職しながらの転職活動は難しいので、

・辞めてから転職活動が出来るように100万円貯める必要がある

逆算して、

・何月までに会社を辞めるかを決める

 

と時間を掛けて計画をしていました。

一年の計は元旦にありとはよくいったモノです。

普段仕事をしている時に、これをやれと言われたら絶対に出来ませんが、

休み明けの仕事のことを考えたくない!

という高いモチベーションがあるので

何時間もYouTubeやスマホゲームする感覚で出来ますよ。

正月休み明けに仕事を辞めても後悔しない

正月休み明けの仕事が憂鬱なのはみんな一緒!

みんなそういうのを乗り越えているんだから、頑張って会社に出勤しましょう!

たしかにね

部活の朝練怠いなーくらいの感覚なら、気合入れて仕事に行ってください

って感じですけど、

誰にでもあるからと片付けてしまっていいものなのだろうか?

多分その程度の人は

休み明け 仕事 辞めたい 🔍

とか検索しないでしょう!

中には

正月休み明けに辞めると後悔するよ

と脅してくる人います。

僕は新卒で銀行に入ったのですが、

正月明けに仕事に行きたくなさすぎて

正月明けに退職届を出しました。

しかも次の仕事を決めずに!

一見するとリスクを考えないかなり危ないヤツと思います。

しかし、全く後悔していません。

休み明けの憂鬱な気分は、むしろまともな証拠

過酷な環境を生き抜いてきたサバイバルの専門家は

重大な決断は思考力が鈍っていないうちに決める

ということを必ず徹底してます。

なぜなら、

 

栄養失調や睡眠不足になると行動が出来なくなるし、

思考力も低下して、そもそも判断することすらできない

といった理由からです。

これは会社員にも言えることで、

普段、仕事で精いっぱいの状態では落ち着いて考えることは難しいです。

だから、

正月休みの長期休暇で、日々の仕事から一時的にも解放されることで、

自分のことを冷静に考えられるようになります。

その結果、

仕事に行きたくない、辞めたい

という自分の気持ちに気が付くことが出来るわけです。

もし明日から仕事が無くなったら、あなたはどう思いますか?

とはいえ、

正月休み明けに仕事に行きたくないと思って、

リアルに辞めようと決心する人は中々いないハズです。

なぜなら

休み明けの憂鬱な気分が一時的なものか、危険なサインかがわからない

っていう人がほとんどでしょう!

僕は一見すると、リスクを考えないかなり危ないヤツと思われるかもしれません。

しかし、

休み明けの憂鬱な気分が一時的なものか、危険なサインか明確な基準があります。

それはたった一つ質問です。

それは、

もし明日から仕事が無くなったら、あなたはどう思いますか?

もし、

・生活どうするんだ?

・他に何の仕事をすればいいんだ…

と困るとか、残念な気持ちが強いのなら、

ここまで紹介した方法で何とか憂鬱な気分を乗り越えて、

潔く仕事に行った方が良いのかもしれません。

ただ、

やった!会社に行かなくて良い!

これで自由だ!

という嬉く感じてしまうレベルなら

転職するか、たとえ次の仕事が決まってなくても辞めることをお勧めします。

なぜなら、

この先何十年も嫌な仕事我慢して、休みの度に憂鬱な気分になる人生になってしまう。

そんなことしてたらいつかは体と心が壊れてしまう。

僕なんて、北の国からミサイル飛んできて会社が無くなんねーかなと思っていましたw

一見すると、僕はリスクを考えないかなり危ないヤツですが、

冷静になった結果、辞めるという考えに至ったというわけです。

中には

正月休み明けに辞めると後悔するよ

と脅してくる人います。

たしかに、新卒で入った会社を辞めるのは怖かったですが、

会社に長く勤めるというのは正義であるという先入観を無くすことが出来たからこそ、

今もこうしてブログを書いて生きていけているのです。

後悔しているどころか、僕の人生の大きな財産です。

正月休み明けが仕事を辞める一番のチャンス

僕は新卒で銀行に入ったのですが、

正月明けに退職届を出しました。

正月明けに仕事に行きたくなさすぎたというのが大きな理由なんですが、

正月休み明けが仕事を辞める一番のチャンス

という理由もあります。

というのも

正月休み明けは1年で一番、ボーっとしている時期だから

普段は雰囲気がピリついている職場でも、正月明けはゆるゆるです。

そんな時に退職届を出されたら

支店長や上司からすれば完全にノーガードの状態で、パンチを食らったようなものです。

もちろん、

「お前なんかどこに行っても通用しない!」

「お前を将来の幹部候補にと考えているんだ」

 

とお約束の引き止めはされました。(どこかでハウツー本が売っているのかw)

上司の引き止めの言葉が全部嘘な理由↓

転職を引き止める上司の言葉は全部嘘!退職願の撤回は後悔しかない! 今回の記事ではこのような悩みを解決していきます。 こんにちは!ALLOUT(Twitter@alllout...

しかし、

思ってた以上にスムーズに退職ができたのです。

こうして、2014年4月、僕は晴れて無職になりました。

最後の出勤日の帰り道、いつも通っていた道が輝いて見えたのは今でも鮮明に覚えています。

勢いで会社を退職するなんてリスクがデカすぎる

と思う人もいるでしょう!

たしかに、1年間ニートになりましたが、

今みたいに

・ブログという資産を構築

・副業のキャリアコンサルティングで1回2万円の報酬

・仕事帰りにスポーツジムに通って健康的な毎日

 

という人生を送ることは出来なかったでしょう。

仕事を辞めたら人生が終わると本気で信じている人へ

ここまで長々と書いてきましたが、

そりゃ、あんたは運よくニートから再就職できたからいいけど、

もし会社を辞めて、再就職できなくなったらどうしよう…

 

と、どうしても不安で仕方のない人は、

転職エージェントを使うという手段を考えてみた方が良いかもしれません。

理由としては

・日々の仕事で忙殺されて、落ち着いて考える余裕が無い

・俺はいつでも会社を辞められるという謎の自信が手に入る

・今のうちから準備をしていれば、万が一辞めても安心してニート生活を満喫出来る

と言った感じです。

ちなみに僕がオススメする転職エージェントをご紹介します。

転職サイトはdoda

僕は次を決めずに会社を辞めて、ニート期間が1年以上続いたにもかかわらず、

変わらずにサポートし続けてくれた転職エージェントがdodaでした。

dodaの転職エージェントに理由を尋ねると

転職する意思がある人に対しては、サポートを続ける

という会社のポリシーがあります。

転職に1年以上かかる人なんていっぱいいますよ!

 

とのことでした。

もちろん、doda以外の転職エージェントでも良いと思いますが、

転職エージェントを使うのはハードルが高いなと感じてしまう人には、

dodaをおすすめします。

DODAを勧める理由

・業界トップクラスなので、様々な業界に対応可能

・在職中はもちろん、ニートになってからでも安心して利用可能

・そもそも利用者で転職をするか決めてない人が8割くらいなので気軽に始められる

 

転職サイトはdoda

dodaへの登録はこちら>>>

コメント求む!!

おかげさまで、読者さんから色んなコメントを頂くようになってきました。

コメントや相談を頂く中で、

「これって僕/私だけなのでしょうか?」

と読者さんに尋ねられることでも、

結構みんな共通する悩みがあるな~

と感じます。詳しくは↓

>>過去の相談はこちら!

仕事から直接関係のないことでも、

一行でも良いので、

コメントをお待ちしてます。

※お名前はペンネームOK

※ペンネームでもキツい時は、その旨を記載して頂いたら、

48時間以内に100%返信

>>プライベートのメール相談はこちら

POSTED COMMENT

  1. ちきな より:

    初めまして。
    正月休み最終日にこの記事を拝見してコメントさせて頂きました。
    因みに対応して頂いた場合料金とかかかりますでしょうか、、、?

    私は19年新卒です。
    内定を頂いて、4月前に辞退して7月に再就職しました。
    今働いているところはエージェントを使ったのですが、募集内容と全く違い、働き始めて半年が経ちました。
    心が休まる日々が全くなく、毎日が怖いです。

    私は受発注から請求書など様々な内容のあるカスタマーセンターという部署で働いています。
    休みの日がいつも憂鬱で何も楽しくありません。

    転職をしたいのですが、変にブランクがあり良い転職先につけるのか不安で行動できずにいます。

    どうしたらいいのでしょうか、、、

    • ALLOUT より:

       

      ちきなさん

      コメントありがとうございます!

      ちなみに僕の返信に料金とかかかりませんのでご安心ください。

      僕も連休明けに仕事を行くのが憂鬱な気分になっていました。

      次の日の仕事のことで悩んでなかなか眠れず、寝不足のまま出社するという日々を送っていました。

      しかし、今思い返してみると、マジで無駄な時間だったと本当に思います。

      会社のことを考えるのは会社にいる時だけで良いですね。

      ちきなさんのコメントで気になるのが

      募集内容と全く違う仕事をさせられている

      という点で、

      入社する時に、書面で労働条件の明示を受けましたか?

      労働基準法では、法定の事項について、労働契約の締結時に、書面の交付により労働条件を明示すべきことと定めています。

      もし、口頭の説明だけだったということならば法に触れる可能性があります。

      まずは

      今の会社に入社する時に担当していた転職エージェントに

      「働き始めて半年が経つのに募集内容と全く違う仕事をさせられている」と相談してみる

      と良いかもしれません。

      フォローしてくれたり、会社に働きかけてくれる可能性が高いです。

      というのも

      下手すれば、転職エージェントも行政から処分される可能性があるからです。

      それに転職エージェントは、

      求職者が入社して年収の10~30%程度を報酬として採用した企業からもらうわけですが、

      その際に、半年~1年以内に辞めた場合、返金をする等といった契約を結んでいます。

      つまり、

      転職エージェントはちきなさんにすぐ辞められたら困るので協力してもらいやすいっていうのもあります。

       

      もし転職エージェントが協力的でない、協力してくれたけど状況が改善されないのであれば、

      求人票と違う仕事をさせられているとハローワークに相談に行く

      といいでしょう。

      参考にリンクを張っておきます↓

      茨城労働局/求人票の内容と実際の仕事が違う

       

      憂鬱な気分な原因が、仕事内容か、客層の良し悪しか、職場の人間関係なのかわかりませんが、

      休みの日がいつも憂鬱で何も楽しくないのならいっそのこと辞めるのもアリですね。

      休みの度に憂鬱な気分になるくらいの状態で、在職中の転職活動をしても

      とにかく逃げたいという考えで、

      余裕がなくなり安易に内定に飛びついてしまい転職が失敗する可能性が高いです。

      これは僕自身が

      在職中に転職活動をしているときに、なかなかうまくいかず

      だんだんと

      普通だったら応募すらしないようなブラック企業でも、

      入社してみたくなるほど良く見えてしまい、応募してしまうことがあったからです。

       

      転職をしたいけど、短期離職になると転職が出来なくなると懸念されてましたが、

      募集内容と全く違うというのは、ちきなさんに原因はないので、

      ○◯という仕事がしたいという理由で入社しましたが、

      募集内容と全く違いました。

      最初のうちはと思い働き続けて半年が経ち、会社やハローワークにも相談しましたが、

      依然として変わらなかったです。

      ですので、

      今回の転職では、落ち着いて納得のいく会社を選びたいと思っているので

      退職いたしました。

      と言えば、立派な退職理由になります。

      それで不採用にするようなところは、

      募集内容と全く違うことをさせる会社ですので、転職する価値は無いです。

      それに、

      19年新卒ということはまだ20代前半ですよね。いくらでも挽回できます。

      正社員にこだわらず、契約社員とか派遣社員とかで興味がある仕事をやってキャリアを積んで正社員へ転職するってのもアリだし、

      実家に帰ってアルバイトしながら、ゆっくり転職活動をするってのもアリです。

      これからやり直すことはいくらでもできます。

       

      僕も色々思い出すことがあり、ここまで長々とお伝えしましたが、

      もし疑問や分からないことがあればまたご返信頂けたら幸いです。

       

      最後に、僕が1年のブランクを覆した方法ご紹介しておきます⇓

      【実話】空白期間(ブランク)の1年間ニートだった男が転職出来た話

  2. ちきな より:

    ALLOUTさん

    ご返信ありがとうございます。
    早速、言われた通りエージェントに連絡してみました。
    内容は、募集内容と違うことや研修を経たら部署異動出来ると言われていたのにそんな事は無いうことです。

    1回目は辞めずに続けるが吉というような内容で、それに対して返信したら返事が返ってこなくなりました。
    文面的には協力的な感じではなかったです…。

    正直このまま続けた方が社会的にはいいのかもしれないと、自分に自信が無いのでダラダラと続けそうで怖いです。

    ちなみに仕事が嫌な理由ですが、
    私と同時期に入ってきた社員さんがいるにも関わらず私だけ3人分の引き継ぎを受けているのでとてもじゃありませんが業務時間内に終わりません。
    22時まで残業は当たり前です。
    客質もいいとは言えません。
    会社にも不信感があるのでそもそもその会社が合わないのだと思います。
    また、とても神経質でもあるので誤出荷がないか不安で不安で休日も休むことができません。

    私の経験値が低く、未熟なあまりこのような状況になっているのかもしれませんが行動したいと思うのですが思うだけで終わってしまいます。

    ダラダラと駄文失礼しました。

    • ALLOUT より:

      ちきなさん

      再び、コメントありがとうございます!

      転職エージェントに相談したところ、

      1回目は辞めずに続けるように言ってきたとのことでしたが、

      転職エージェントから、はたらきかけてくれるような話はなかったということでしょうか?

      ただ今日は仕事始めのため、通常通り稼働ではないハズなので、

      もし2~3日たっても納得がいくような回答が来なければ、問答無用で辞めてしまった方が良いですね。

      ちきなさんは、その転職エージェントのために働いているわけではないし、

      お話を聞く限り、今の仕事が合っていないと強く感じるからです。

      そして、

      在職しながらの転職活動が出来れば理想ですが、

      毎日22時まで働いて、休みの日も不安な気持ちでいっぱいであるなら、

      無理して在職しながらの転職活動をしても、

      焦ってブラック企業に入社してしまうリスクが高いです。

      ちきなさんは

      一人暮らしでしょうか?実家暮らしでしょうか?

      実家暮らしならそこまで心配する必要は無いですし、

      一人暮らしなら、辞めて実家に帰ってからゆっくり転職活動するってのも手です

      たしかに、

      地元には仕事が無いから都会から離れると転職出来なくなる

      と不安に思う人もいるかもしれません。

      しかし、

      毎週、転職の面接があるわけじゃないし、

      最近では、Skypeやfacetimeを使って遠隔地にいても面接してくれる企業もあります。

      どうしても最終面接とかで、東京や大阪などの本社に行かないといけない時は

      新幹線とかLCCの早割とか使っていけば、毎月家賃を払うことに比べたら負担は少ないし、

      LCCでありがちな飛行機が遅れたとしても、離職中は時間があるので特に問題ないでしょう。

      ただ、どうしても辞めるという決心がつかないのであれば、

      求人票と労働条件の明示した書面を持って、

      労働条件相談ほっとラインに、電話で相談することをおすすめします。

      (ハローワークは平日しかやってない場合が多く、行くのが難しいと思いますので)

      0120-811-610 月~金:17:00~22:00 土・日・祝日:9:00~21:00

      厚生労働省のURLを載せておきます↓

      厚生労働省:労働条件相談ほっとライン

      もしかしたら、思うような対応をしてくれないかもしれません。

      しかしそれでも、

      打てるべき手は全て打った!次へ進もうと思えます。

       

      前のコメントで、転職エージェントに相談してみる、とアドバイスをしましたが、

      アドバイスを受けて、実際に行動できる人は少ないです。しかも次の日にというスピード感で。

      たとえ短期離職であっても、その気持ちを忘れず動き続けていれば何とかなります。

      それは、

      つらい営業の仕事を辞めて1年以上無職なのにもかかわらず、転職が出来た僕の経験則です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です